女性は30歳代後半から女性ホルモンの量が減少してきます。そして、平均して50歳前後で閉経を迎える前後45~55歳までを更年期と呼びます。
女性ホルモンが減少するため、体がその変化についていけず、様々な不調を感じるようになります。

自律神経失調症に似た症状が多く、医療機関を受診しても原因が判らない不定愁訴が現れます。個人差がありますが日常生活にさしさわる症状が出た場合を更年期障害と呼びます。

日本人女性の平均的な閉経年齢は、50.5歳と言われていますが、40代前半から症状が出る人もいます。自律神経のバランスが乱れて、30代から更年期障害によく似た症状を訴える女性も増えています。

30~40代の女性で、なんとなく体の調子が悪いと感じている人の感じている不調が一体何が原因なのか、初期の更年期障害なら、どんな処置をしたらいいか、症状をチェックして、症状に合わせた対処方法について解説していきます。

40代前半の女性に起こる更年期障害の初期症状ってどんなもの? 症状を把握したい方のセルフチェック

チェックシートを差し出す医師

40代後半から50代にかけて発症する更年期障害の様々な症状。そんな症状が40代前半の女性にも起こることがあります。
なんとなく体調が良くない、特に思い当たるふしがないのに怠いといった症状がある場合には、まずは、セルフチェックをしてみましょう。
以下の20項目のうち、5つ以上Yesがあれば、更年期障害かもしれません。
  1. 月経不順や月経痛が時々ある  ( Yes / No )
  2. 頭痛やめまいがある  ( Yes / No )
  3. 肩こりや腰痛が治らない  ( Yes / No )
  4. 疲れがなかなかとれない  ( Yes / No )
  5. のぼせやほてり感がある  ( Yes / No )
  6. 耳鳴りがする  ( Yes / No )
  7. 肌が乾燥しやすくなった  ( Yes / No )
  8. 抜け毛や白髪が増えた  ( Yes / No )
  9. 便秘や下痢になりやすい  ( Yes / No )
  10. ドライアイ、ドライマウスになる ( Yes / No )
  11. 寝付きが悪い  ( Yes / No )
  12. トイレに行く回数が増えた  ( Yes / No )
  13. 著しい体重の変化がある  ( Yes / No )
  14. 食欲がない  ( Yes / No )
  15. イライラする  ( Yes / No )
  16. 仕事や家事をさぼりたくなる  ( Yes / No )
  17. 記憶力や集中力が鈍くなった  ( Yes / No )
  18. 楽しいことや笑うことが減った  ( Yes / No )
  19. 気持ちが落ち込むことが多い  ( Yes / No )
  20. 人と話すことが億劫になる  ( Yes / No )
結果は如何でしたか?5つ以上あてはまるものがありましたか?もし、5つ以上あてはまれば、更年期障害を発症している可能性があります。
だからと言って、過度に不安になる必要なんてありません。更年期障害で体調不良になるのは普通です。その症状が軽ければ、今のまま生活を続けていても大丈夫です。

ただし、症状が軽くても、過信は禁物です。

更年期障害だと思っていたら別の病気だったなんて言うケースもありますし、症状を放置しておいて大変なことになってしまったケースも多いです。常にご自分の症状を把握して必要があれば、専門の医療機関を受診することも必要です。

また、症状が軽い場合でも早くから対処しておくことで、本当に更年期になったときに慌てることなく対処できるようになりますから、対処方法について今から学んでおきましょう。
お辞儀をするイヌ

40代後半から50代、更年期の中期から後期に起こる症状について知りましょう

さて、アラサーだし、更年期なんてまだまだって思っている人に是非知っていただきたいのは、更年期が進行して、障害の程度が酷くなるとどんな症状が起こるのかについてです。
初期の症状に加えて以下のような症状が起こります。
  1. 知覚過敏
  2. シミ、シワ、たるみ
  3. 手足のしびれ
  4. 震え
  5. 頻尿、尿漏れ
  6. 体の冷え
  7. 肩こり、腰痛などの関節痛
  8. 食欲不振
  9. 骨粗しょう症
  10. 高脂血症
  11. 動脈硬化
読んでいてお分かりかと思いますが、症状の後半のいくつかについては、他の重篤な病気やケガの原因になる可能性があるものばかりですね。

アラフォーだから更年期と思っていたら、更年期じゃなくて① なんと妊娠していた♪

さて、ここまで更年期障害の症状についていくつか挙げてきましたが、実は、更年期障害だと思っていたら、実は妊娠していた!という報告を聞くことが少なくありません。更年期障害の初期の症状と妊娠初期の症状は似ているのです。

アラフォーだから更年期と思っていたら、更年期じゃなくて② もっと重い病気だった

更年期だと思っていたら、実はもっと重い、命に関わるような病気が隠れていたという事例が少なくありません。
例えば、「月経不順や月経痛が時々ある」という症状が、実は子宮がんの兆候だったとか、「記憶力や集中力が鈍くなった」という症状が、実は脳の病気だったといったびっくりするような病気が隠れていたりするのです。
青ざめるネコ
もう少し詳しくご説明しましょう。
更年期障害の代表的な症状である「ほてり」、「のぼせ」、「動悸」、「多汗」、「月経不順」、「神経過敏になってイライラする」、「疲労感」などは、バセドウ病のように甲状腺機能が亢進した場合にも現れます。甲状腺の働きが亢進することで甲状腺ホルモンが過剰になっている状態です。バセドウ病は特に20~30代が一番かかりやすく、50代以降は比較的少なくなります。
甲状腺機能の異常には、甲状腺機能低下症(橋下病)もあります。 この病気は40歳以降が一番かかりやすいとされますが、50歳前後の女性の場合は更年期障害と診断されていることもあり、病気の発見が遅れることあるので注意が必要です。
日本人の多くが、「高血圧症」であると言われていますが、その症状も更年期障害のそれとよく似ています。「ほてり」、「のぼせ」、「動悸<」、「肩こり」、「頭痛」、「めまい」など、これらの症状は高血圧の場合にも現れます。
若い頃は高血圧なんて言われたことがない、逆に低血圧だったという方も年齢とともに体は変化しています。

若い頃より体重が増えたり運動不足になったりしている方も多いのでしょう。このようなことも高血圧につながります。 高血圧はご存知のように、命に関わる重篤な病気につながることが多いので、高血圧と診断された場合もきちんと医療機関を受診しましょう。

ネコの医者
さらに、耳鳴りやめまいはメニエール症によっても起こります。
症状が出る時期と治まっている時期とを繰り返しますが、その間隔は人によって毎日だったり毎月だったり数ヶ月おきだったりと違いがあります。
その他にも腎臓病や心臓病がむくみを引き起こしたり、肝臓病が疲労感や倦怠感を引き起こしたり、うつ病が原因で心の症状が出ていたりということもあります。
ここまで、更年期障害の症状とよく似た症状を引き起こす病気について述べてきましたが、更年期障害ではなくて、別の病気だったという例は、決して多くはありませんから安心して下さい。

むしろ、更年期障害の症状が出てきたなと思ったら、早いうちから自分でやれる対処をして、将来、重い病気にならないように対処するようにしましょう。

そもそも更年期障害ってどんな病気?その原因とメカニズム

では、次に具体的な対処の仕方についてご説明しましょう。
その前に更年期障害についての基本的なところをご説明したいと思います。
まずは、「どうして更年期障害を発症すると色々な症状が現れるのか」について、その原因とメカニズムを正しく理解することで、正しい治療方法を選べるようになります。原因とは全く関係のない治療法=間違った治療法を選んだことで、反って症状が悪化してしまったら元も子もありませんよね。

正しく理解することが改善への第一歩なのです。

笑顔の看護師さん
女性は閉経前後に女性ホルモンが減少することによって、自律神経などのバランスが乱れ、身体的、精神的に様々な不調が起こります。
女性の体の一生は女性ホルモンがつかさどっています。年齢に応じた働きで女性の健康を守るのが女性ホルモンです。ホルモンとは、内分泌腺から分泌され、体内の様々な臓器の働きを調整する物質です。ホルモンには、脳の視床下部や甲状腺、副腎などから分泌される男女共通のホルモンもあります。
それとは逆に男性だけ、女性だけのホルモンもあります。女性特有のホルモンには、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、この2つは一般的に「女性ホルモン」と呼ばれています。
女性ホルモンには、排卵や月経のコントロール、妊娠・出産のサポートのほか、女性の美しさと健康を守るための様々な働きがあり、一定の周期でそれぞれの分泌量を調整しながら、女性の心と体を健康な状態に保っているのです。女性ホルモンは、脳からの指令によって卵巣から分泌されます。
どのようなプロセスなのかをまとめてみました。
①脳の視床下部から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌されます。
②性腺刺激ホルモン放出ホルモンの刺激により脳下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)という2種類のホルモンが分泌されます。
③②で分泌された2種類のホルモンによって卵巣が刺激され卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。
説明するネコ
そして、女性ホルモンを分泌する卵巣には、女性ホルモンの分泌量を脳にフィードバックする働きがあるので、脳は女性ホルモンが多いときは分泌を抑え、少ないときは多く分泌させるなど、必要に応じて視床下部に指令を出させます。問題なくホルモンが分泌されているということは、この分泌サークルがきれいに回っているということです。
エストロゲンの減少などによる自律神経の乱れが更年期障害の原因です。
年齢によって女性ホルモンの分泌量は変化します。エストロゲンの分泌量は、18~40歳ぐらいの間が最も多く、40歳ごろから減り始め、閉経の前後で急激に減少します。

その、ホルモンの変化が大きい閉経前後の約5年を更年期と言います。一般的には40代後半ごろから始まると言われますが、個人差が大きいので、最初にも述べましたが、30代後半から始まる人もいれば、50代半ばになってからという人もいるのです。

同様に、閉経の時期や閉経までの過程も人によって様々。「ある日突然月経がこなくなった」ということもあれば、「少しずつ間隔が開いて、量も減って」と、段階的に進むこともあります。自律神経のバランスが乱れるために心身に様々な症状が起こるのです。
更年期になると、卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減ります。すると、脳の視床下部がエストロゲンを多く分泌させる性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を分泌し、これが脳下垂体から性腺刺激ホルモン(FSH・LH)を分泌させます。

本来なら、この性腺刺激ホルモンの働きで卵巣からエストロゲンが分泌されるようになりますが、卵巣の機能が低下しているため、いくら性腺刺激ホルモン(FSH・LH)が多く出てもエストロゲンの量は増えません。

青い顔をしている女性
そのような状態を繰り返すうちに、ホルモンのバランスや自律神経のバランスが乱れてしまいます。それによって、ほてりやのぼせ、めまい、動悸、息切れなど全身の不快な症状や、イライラ、不安などの精神的な症状が起こるのが更年期障害です。

更年期障害はどうやって治療するの?

さて、前置きが長くなってしまいました。ここからが本題です。更年期障害の症状が起こったときの治療についてご説明していきたいと思います。
もし、あなたが抱えている症状がとても重いものならば、これからご説明するような自分で対処するような方法ではなく、専門の医療機関を受診されることをおすすめしたいと思います。
前にも述べましたが、更年期障害だと思っていたら、実は命に関わる重篤な病気だったというケースもあるからです。
ここでは、誰しもが起こりうる生理不順や体調不良などのごく軽い症状の方が日常生活を前向きに過ごせるようにするための、ご自分で簡単にできる対処方法をご紹介していきたいと思います。
一般的な更年期障害の治療法は4つに分けられます。それぞれについてご説明していきます。
手を差し出し説明する女医さん

①市販薬での治療

時間がたっぷりとある方ならば、専門の医療機関を受診して治療のための薬を処方していただくという手段もありますが、もっと簡単に試せる手段として、ドラックストアなどで購入できる市販薬による治療をおこなうことができます。
簡単に入手できるので気軽に試せるというメリットはありますが、その反面、いわゆる処方薬とは違って、市販薬は含まれる医療用の成分に制限があり、あまり効果が得られない可能性があります。また、その種類も多いので、どれが自分の症状に合った薬であるのかを選び出すことがとても難しいのが現実です。

②サプリメント

いわゆる西洋医学的な薬に頼るのはちょっと抵抗があるという方には、日本の法律では、食品に分類されるサプリメントを使ってみるという手があります。
例えば、『基本のサプリ』というサプリメントがあります。

これは、女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンを使ったサプリメントです。更年期障害による体調不良でなんとなく気分がすぐれない、元気が出ないといった症状に効果があることを謳っていますが、化学的に証明されたデータはありませんし、実際に服用した方からの臨床データもありませんから、その効果のほどを証明することはできません。

また、これ以外にもたくさんの似たようなサプリメントが販売されていますから、先ほどの市販薬同様に自分にあったサプリメントを選択することがとても難しいです。
ボトルのサプリメント

③運動療法

さて、ここまで紹介してきた市販薬やサプリメントは、その数も多く、専門知識がない方が、自分にあったものを的確に選び出すことは大変難しいことですが、この運動療法にはどれをやりなさいとか、やってはいけないという制限はありませんから、ご自分ができる運動を定期的におこなうことをおススメします。
更年期障害の治療ということではなく、体を定期的に動かすことは、健康的な生活を送るためには大変必要なことです。他の治療法を試しつつ、色々な運動をいっていくようにしましょう。

④食餌療法

大豆製品や小魚などのいわゆる女性にとって摂取することをすすめられている食品を中心にバランスよい食事をすることは、前述の運動療法と同じく、体にとっても大変良いことです。栄養をバランスよくとり、規則正しい生活を送ることを体の状態を整えることで、更年期による体調不良を改善する効果も期待できます。
即効性という意味では期待はできませんが、体のためには大変良いことであることはすでに証明されていることです。

漢方を使ってみるという選択肢はあり?それともなし?

さて、ここまで4つの治療法についてみてきました。どれも帯に短かし、たすきに長がしといった感じがありますね。では、他に何か自分でできる方法はないのでしょうか。
疑問を感じるうさぎ
ここでちょっと取り上げてみたいのが漢方を使うということです。
漢方薬は、古くから使用されていて、今では、医療機関などでも西洋医学の薬と並んで、様々な治療に使用されています。

いわゆる処方薬や市販薬と違って、自然由来のものですので、副作用の心配も少なく、効き目も穏やかですからどなたでも安心して使用することができますね。

漢方にも色々なものがあります。その中からご自分の症状にあったものを選ぶのは大変と思われる方もいるかもしれませんが、例えば、高麗人参などは、万能の漢方と呼ばれるだけあって、体の様々な不調の助けになることができます。
例えば、更年期障害の代表的な症状である冷えは、女性ホルモンのバランスが崩れることで自律神経のバランスも崩れて、血行が乱れることが原因と言われています。

いわゆる体のめぐりが滞るのですね。高麗人参の主要成分の一つであるジンセノサイドというサポニンの一種は、このめぐりを改善するためのサポートをすると言われています。めぐりをサポートすることで、自律神経のバランスを整える助けにもなれるので、気持ちの落ち込みなどを緩和するための助けにもなることが期待できます。

副作用もなく、様々な症状に力を発揮する可能性があるものを試してみない手はないですよね。様々な不調を緩和して生き生きとした毎日を送る準備をしてみませんか。

まとめ

アラフォーと呼ばれる世代の女性は、出産や子育て、そして仕事など、色々大変な時期ですね。そんな中、原因不明の体調不良に悩まされる人も少なくないのも事実です。
それがいわゆる更年期障害であると判れば、色々対処方法もありますが、中々そこに行きつかない人も多いのも事実です。まずは、ご自分の不調の原因がなんであるかを確認して、早めの対処をするようにしましょう。そうすることで、その後に訪れる本格的な更年期に備えることが可能になります。
とは言え、症状が多岐に渡っている場合、対処方法として何を選択していいか迷うこともしばしばでしょう。このようなときはまずは「なんでもできる」高麗人参が良いのではないでしょうか?

漢方薬やサプリメントなど自然由来のものは継続してこそ真価を発揮します。継続できなくては意味がありません。
色々なことで忙しいアラフォー世代の方は毎日続けられることが対処法選択の一番のポイントとなります。少ない負担で最大限の力を発揮してくれる方法を選び取っていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。