更年期障害の症状なんて認めたくないけれど、ホットフラッシュ症状といわれる火照りや発汗、めまいや頭痛、イライラなど女性特有の症状に悩まされていませんか。

40代前半から50代前半に迎える更年期。悩ましい症状の改善にサプリメントを飲んだことがある方は多いと思います。
大豆イソフラボン、エクオール、プラセンタ、ローヤルゼリー、高麗人参など、いろんなメーカーからたくさんのサプリが販売されていてどれを摂取すればいいのか判断に迷うところだと思います。

更年期障害とうたいがなら美容にもいいものや、女性ホルモンの代わりになるとうたわれているものなど、私たちは一体どんな成分が本当は有効的で必要としているのでしょうか。

この記事では更年期障害の原因をしっかり理解したうえで正しいサプリを自分で選択できるよう詳しく解説していきたいと思います。

正しいサプリを選ぶ前に知っておきたい、更年期障害の症状が起こる仕組みとは

正しいサプリを選ぶためにはまず更年期障害とは何か知る必要があります。なんとなく知っているつもりでもこの機会に今一度しっかり理解しておきましょう。

疑問を感じる女性

更年期障害は45歳〜55歳の女性が「閉経」を迎える前後に起きる症状なので40代になったばかりの方でも十分に更年期障害の症状が起きる可能性があります。

女性は閉経を迎えるにあたり徐々に卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少していきます。このときに脳内では卵巣から分泌されるエストロゲンの量がとても足りないため、脳内の視宋下部より様々なホルモンのコントロールを行っている下垂体へもっとエストロゲンを出すようにと指令を出させます。

しかしどんなに信号が送られてきても卵巣ではエストロゲンを生成し分泌できないので、自律神経が乱れ始めます
自律神経には、交感神経といわれる運動や激しい動きに必要な神経と、副交感神経といわれる、寝ていても働いている脳や血管、心臓などを動かす神経の大まか2つに分かれます。どちらも人間の生命の維持に欠かせない器官をコントロールしている司令塔ですので、ここに不具合が生じると更年期障害の主症状となる自律神経の乱れが起きるのです。

更年期障害は自律神経失調症の一種であると医学的な定義もされているくらいです。

しかし、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れは、閉経など関係なくてもストレスや不規則な生活でも起きることです。
このときに閉経に向かっているわけでもないのに更年期障害の症状が出てしまうことを若年性更年期障害と呼びます。

ストレスを感じる女性

女性ホルモンの代わりに本当になるの?噂の“大豆イソフラボン”

更年期障害の一番の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴って始まります。このことから、単純に体内のエストロゲンを増やせばいいのではと考えるのが普通です。

しかしエストロゲンは体内でしか生成することができません。ですから、エストロゲンに似た構造のもの、エストロゲンのような作用をするのではと着目され始めたのが大豆イソフラボンなのです。大豆イソフラボンは医学的には「フィトエストロゲン」と呼ばれています。

フィトエストロゲンはこのように記されています。

フィトエストロゲン(英:Phytoestrogens)とは、内分泌系により産生されたものではなくフィトエストロゲン植物を摂取したことによる外因性の物質が内分泌された女性ホルモン(エストロゲン参照)のように機能することを意味する外因性エストロゲンのことである。

引用元:フィトエストロゲン – Wikipedia

このような記載があり、実際大豆イソフラボン系のサプリは数多く販売されていますよね。

サプリメント

国内ではこのように大豆イソフラボンの効果があるとされています。
しかし、不思議な事に実はアメリカでは臨床データとして少し違った研究結果が論文で発表されています。大豆イソフラボンは大豆を食べる文には体内に吸収されエストロゲン様作用が認められています。

しかしサプリメントとしての効果はなく、女性ホルモンが原因とされる乳がんのリスク回避を証明できるデータはどこにもなく、同じようにアメリカでは大豆イソフラボン系のサプリメントはほぼ売られていないのが現状です。

最近話題のスーパーイソフラボン?“エクオール”の正体

エクオールとは大豆イソフラボンが腸内で吸収される際、腸内細菌のチカラで生成される成分です。エクオールは大豆イソフラボンよりもエストロゲンに近い働きがあるとされ、スーパーイソフラボンと呼ばれています。

エクオールを作ることのできる腸内細菌をエクオール産生菌と呼ぶのですが大豆イソフラボンを摂取した時に、この菌が活発に動いている人がエクレールを作れる人となり、日本人でいうと50%〜60%、欧米人でいうと20〜30%だそうです。

まだ、臨床データによる結果が少ないものの更年期障害の主な症状には効能があるとされています。
ただし、エクオール系のサプリでいうと大豆などを摂取する習慣がない方、または先ほど述べたエクオール産生菌が活発に動いていない人は、女性ホルモンのような働きをすることはできません

たまに、エクオールはエクオール産生菌がない方でも吸収できるという記載のある通販サイトもありますがこれはかなりブラックに近いグレーゾーンの表現であると考えられます。

パソコンを見ている女性

エクオールは女性ホルモンの代わりに女性ホルモンと同じような働きをしてくれると書きましたが、たとえばこれは男性が簡単に筋肉をつけるためにホルモン注射をすることと同じです。

ホルモン注射は正式にはステロイドホルモン注射というのですが、ステロイドとは卵巣や精巣から分泌されるホルモンで筋肉を増強します。
このようにトレーニングやホルモンの生成というプロセスを省き、ホルモン注射によって筋肉を増強させると副作用が起きます

それはホルモンを生成する際に働いてくれる脳の視宋下部や下垂体、肝臓の上の方にある副腎皮質などの体の重要な器官が働く必要がなくなるのでだんだん正常に機能しなくなるのです。

このようにホルモンの生成を助ける様に思えていても、逆効果になってしまうメカニズムと同じで、私たち女性が大豆イソフラボンやエクオールを摂取することは一時的に更年期障害の症状改善の効果があるかもしれませんが、長期的に考えれば好ましくないのです。

現時点では大豆イソフラボンとエクオールに関する副作用の報告はありませんが、エクオールについてはこのメカニズムを考えると安易に摂取を続けるということはおすすめできません。

プラセンタは本当に更年期障害に効くのか

更年期障害の症状改善にプラセンタもよく有効な成分として紹介されます。

まず、プラセンタとは日本語では胎盤を意味するのですが、哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスのことです。
プラセンタはタンパク質やアミノ酸、脂質、糖質などの3大栄養素のほか、ビタミン・ミネラル・酵素・核酸など胎児の発達に欠かせないあらゆる栄養素と豊富な生理活性物質(体の働きを調整する役割)を含んでいます。

注射する女性

一般的には人間やブタ、ウマなどの哺乳動物の胎盤から抽出し、化粧品や健康食品、注射薬などに使用されています。
化粧品業界ではこのプラセンタブームに乗っかって効果は別として植物由来のプラセンタまで出てきているほどです。人間を除いた野生動物のほとんどは胎児を出産直後、本能的に胎児についている胎盤プラセンタをほとんど食べてしまいます。これは産後の体力回復に有効であるからといわれています。

更年期障害の治療薬として国内で使用の許可が下りているプラセンタ製剤として「メルスモン」という成分あります。メルスモンは感染のない健康なヒト胎盤を原料とした製剤で皮下注射をすることによって効果を発揮します。

プラセンタはサプリなどの経口摂取は効果が認められていませんが、メルスモンの皮下注射は副作用もほとんどないことから更年期対策に有効であるといえます。
しかし、ここで注意していただきたいのですが、メルスモン皮下注射をした経験のある人は献血ができなくなりますのでそれだけは認識しておいてください。

また、厚生労働省でブタやウマなどの動物由来のプラセンタには認可がないので、病院で接種できるのはヒト由来のプラセンタのみとなっています。

ローヤルゼリーは更年期障害の症状に効くものの高額

ローヤルゼリーとは若い働き蜂が花粉は花の蜜を食べ、体内で分解・合成し、分泌する乳白色のクリーム状の物質で、これを女王蜂に捧げます。

ミツバチ

ミツバチは卵の段階では、働き蜂も女王蜂も同じメスですが、女王蜂に選ばれた者だけが生涯この栄養価の高いローヤルゼリーを食べ続けます。生涯にわたり食べ続けたローヤルゼリーを女王蜂と働き蜂の体の大きさは2〜3倍も違い、寿命も30〜40倍も違うのです。

また、同じメスである働き蜂は卵を生むことができないのに対し、女王蜂は毎日1500個もの卵を生み続けることができます

このようにロイヤルゼリーには凄い栄養分が詰まっています。ローヤルゼリーの成分は、人間の体が必要としている20種類のアミノ酸全てをバランスよく含み、その他にもビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン等)・ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マグネシウム等)に加え、人間の3大栄養素であるタンパク質炭水化物脂質を含んでいます。

また、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分で「デセン酸」という成分が含まれていますが、デセン酸にはエストロゲン様作用があり、更年期障害の予防やがんの予防などにも効果が期待できるので、このデセン酸の含有量によってローヤルゼリーの品質が決まるといわれているほど重要な成分です。

他にも「アセチルコリン」という成分はローヤルゼリーの主成分となりますが、この成分が自律神経のバランスを整えるので、更年期に起きる様々な症状の緩和に効果が期待できるといわれています。

説明する医師

このように、ローヤルゼリーはご存知の通り美肌への効果を始め更年期における様々な症状緩和に働き変えてくれるのでとてもおすすめの成分です。

しかし、難点があるとすれば毎日続けるには高額であるということです。実際に私が過去、某養蜂場の通販サイトでローヤルゼリーを買っていましたが一日あたり204円で1ヶ月分のサプリ代が7000円となっていました。これはローヤルゼリーのサプリメントの中でも安い方ですが、もっと効果が高そうなものはあまりにも高額でした。

毎日続けたくても高額過ぎては負担が大きく、継続ができなくってしまっては本末転倒なので無理をしない程度に試していただくことをおすすめします。

更年期障害に悩んでいる方へおすすめしたい高麗人参の効果

更年期障害に最もおすすめしたい食品が高麗人参です。高麗人参は大昔から体に良いとされる成分が認められていたので4000年以上の歴史があります。

まず、高麗人参は注射やパックなどで体に取りいれるのではなく、経口摂取でこそ効果があります。高麗人参にも更年期障害にとって必要な多岐にわたる効能があり、ホルモン分泌の大元である脳の視宋下部と下垂体と、卵巣をコントロールしている自律神経に作用するためのホルモンのバランスを改善してくれる効果があります。

高麗人参

また、自律神経を鏡前してくれるため、更年期障害あらゆる症状の緩和の手助けをしてくれます。さらには、高麗人参特有の成分「ジンセノイド」という成分に抗酸化作用があり、ストレスによって生成されるあらゆる病気の元となる活性酸素を除去してくれるという効能もあります。

そして、このような効能は先ほど述べた、ローヤルゼリーの効能ととても良く似ています。検索するとすぐわかるのですが、全ての効能が圧倒的に高いです。

◇参考サイト/2016 健康漢方ラボ の記事より
高麗人参とローヤルゼリーを徹底比較、買うならどっち?

さらに高麗人参は自然由来の食材となりますので副作用は特にありません。このことからすべてを踏まえて美容と健康、更年期障害の症状緩和を含め一石三鳥以上のちからを発揮してくれる高麗人参は継続して摂取する価値があるといえるでしょう。

更年期障害の症状緩和に飲みたいサプリまとめ

40代後半から始まる更年期障害の症状に備えるべく、少しでもあなたのサプリ選びに役だった情報になりましたでしょうか。

更年期障害の予防やその症状緩和で有効な成分はこれまでの述べてきたことを結論付けると「ローヤルゼリー」と「高麗人参」です。
いろいろなサプリや栄養ドリンク、健康法が世の中には出回っているかと思いますが、まずはホルモンバランスを整えられる環境づくりと自律神経のバランスを改善し、体にとって優しい生活習慣を送りましょう。

ローヤルゼリーは少々高額ですが、高麗人参のサプリはもっと手が伸ばしやすいはずです。摂取しても意味のないサプリや摂取方法を間違えていたら全く意味のないことになってしまいます。症状の原因を理解したうえで正しいサプリを選択できるようになりましょう。

高麗人参は安心で安全な原料を仕入れているメーカーをおすすめします。ここのサプリは個人的には2個からのまとめ買いで安く手に入れられるので助かっています。よかったら参考のひとつとしてどうぞ。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参