更年期障害対策でサプリメントは何にしようか選び始めるといろんな商品がありすぎて、一体どれにすればいいのか悩みませんか?そんなときに参考にしたいのはやっぱり口コミです。

更年期障害の症状はその症状や重さなど人によって異なり個人差が大きく出るため、「更年期障害に効く!」と書いてあったとしてもイマイチその症状は緩和されないことも多いのです。

更年期障害は加齢による急激な女性ホルモンの低下によって起こるため、できる限り急激な低下を抑えるのに加え、自分の症状に合わせた対策を同時に行うことが大切です。

そのためには日々の対策が大切になってきますので、まずは手軽に始められるサプリメント等で更年期障害対策を行い体調不良が起きにくい体内環境を整えていきたいところです。

この記事では更年期障害に効くサプリメントの口コミに着目して紹介します。

更年期障害に口コミで人気のサプリメント

意見を交換する人たち

大豆イソフラボン

女性にはすでに馴染み深い大豆イソフラボンは、月経痛や月経不順の緩和だけでなく更年期障害の症状へも効果が期待されています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持っていることから、更年期に急激に減少する女性ホルモン「エストロゲン」の代役としてサポートしてくれるのです。

大豆イソフラボンは豆腐や豆乳、納豆、みそなど身近な大豆製品にからも摂取できますがサプリメントでもコンスタントに摂取したい成分であるといえます。

エクオール

大豆イソフラボン類には「ゲニステイン・ダイゼイン」など種類がありますが、そのうちスーパーイソフラボンと呼ばれるエクオールに変換されるのが「ダイセント」いう大豆イソフラボンです。

さらに、エクオールは腸内細菌で変換することが必要ですが、そもそもエクオールに変換できる腸内細菌を持っている人は日本人の半分しかいないといわれています。

エクオールについての詳しい情報は今後の研究結果を待つ必要がありそうですが実際エクオールを体内で作り出せる人の方が更年期障害になりにくいという説もあるので、このスーパーイソフラボン、エクオールはサプリメントでの摂取が注目されているのです。

マカ

マカは南米ペルーに植生する多年草の測物ですが、これまでは男性の精力剤や滋養強壮のイメージが強い成分でした。

しかし最近ではマカに豊富に含まれるアルギニンやビタミンB群といった疲労を撃退してくれる成分が妊活中の女性にも効果的であるということで人気のサプリメントになっています。

同じように疲れやすい更年期にも効果的な成分なので、マカは更年期障害対策にも人気が出ています。夫婦で摂り入れるサプリメントとしては最適かもしれません。

高麗人参

漢方でも人気の高い高麗人参には更年期障害によって乱れている自律神経をサポートしてくれる作用があります。

高麗人参の主成分はサポニンと呼ばれる成分ですが、高麗人参のサポニンは特有で更年期に起こりやすいさまざまな体調不良を幅広く緩和してくれることが期待できます。

高麗人参は韓国や中国では長寿食品としても親しまれているので更年期に限らず、免疫力向上や疲労回復、血行促進、生活習慣病の予防など風邪から病気の予防に使用している人が多いようです。

更年期障害対策に口コミで人気のサプリメントまとめ

更年期障害対策で人気のサプリメントはやっぱり有名な「大豆イソフラボン」から始まり、最近認知度が上がった「エクオール」、男性に人気だった「マカ」、漢方で長い歴史を持つ「高麗人参」でした。

どれを試すかはあなた次第ですが、サプリメントの選び方で重要なのは自分の症状に合わせた機能がそのサプリメントに備わっているかどうかということです。

更年期障害の症状は人によって症状の出方が異なるため、全員が全員大豆イソフラボンを摂取したからといって緩和されるものではないのです。

個人的には、エクオールのような最近話題の成分も気になりますが、最後はやっぱり先人から長い間受け継がれてきた高麗人参のような成分が本来必要な効果を発揮してくれるように感じます。

TVの広告だけでなく自分に必要なサプリメントをしっかり見極めて更年期障害を乗り越えてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。