女性は40代後半から50代後半になると閉経を迎える準備のため、更年期という体内環境が変化する時期を迎える時期に入ります。
思春期ごろから私たち女性の健康や美容を支えてきた女性ホルモンに変化が起きるのですから、人によっては更年期障害の症状も重かったり幅広かったりさまざまなことが起こります。そのなかでも特に厄介なのがストレスへの反応です。
この更年期の時期はとてもデリケートな時期でありながら、この世代は子供の進学から独立や結婚、夫の定年退職、親の介護・死別といったいくつかのライフイベントが起こりやすい年代です。このような心配事や不安が更年期障害の症状をさらに悪化させてしまうのケースもあるのその点に注意をしながら更年期の自分と付き合っていくことはとても重要です。
この記事では更年期障害のストレスを抱えたときに起きる体のメカニズムとその対処法について解説していきたいと思います。

更年期障害がストレスで悪化するメカニズム

イライラしているうさぎ

更年期には、いくつもの体調不良が体に襲いかかり、疲労の蓄積や寝不足、頭痛めまいなどで日常生活の家事や仕事が手につかなくなってしまうタイミングもあるでしょう。
そんなときに夫や家族にストレスで更年期障害が悪化したなんて話したら、怠けているうえに体調不良を人のせいにしているようで周囲に理解してもらおうにもなかなかうまく話せないこともありますよね。
しかし、更年期にストレスがかかると次のようなことが体内で起こり、更年期障害を悪化させていきます。私たちの自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。
この2つがバランスを取り合うことで私たちが生きるうえで必要な機能を保っているといます。更年期になると女性ホルモンが減少することで、この自律神経も乱れることからさまざまな体調不良を引き起こすというのが更年期障害を引き起こす流れになります。
ぐったりしている猫
そして、人間の体は通常ストレスを感じると自律神経のうちの交感神経という活発な動きや緊張、瞬発的な動きをつかさどる神経が優位に働きます。その状態が続くことで副交感神経という体を休ませたり回復させたりする働きをする神経の働きが弱まり体調不良が引き起こります。
このように、更年期障害で自律神経のバランスが崩れていときにストレスを感じるとさらに更年期障害の症状は悪化してしまうのです。
家事が手につかずに夫とけんかをしてしまい、さらに体調不良が襲ってくるというのは、本当に起こる魔のループだったんです。このことを知らずに普段通り夫とけんかをすすめてしまい、体調不良も悪化する中、夫婦仲も悪化し離婚の危機に陥ってしまったというケースもすくなくありません。
更年期障害はこのように侮れない症状であるということを、自分を始め信頼できる家族が知っているだけで環境や対策は大きく変わるということがいえます。

更年期はストレスを受けやすい時期です

説明する猫の医者

更年期と呼ばれる世代は50歳前後の層にあたることもあり、人生の節目の時期を迎えています。
それぞれ家庭内の環境によっても異なると思いますが、子供が大きくなり自立や結婚したり、夫が定年または最後の転職を考える時期にあたったり、親の体調面に不安が出たり介護を必要とするようになったりと、考えなくてはいけないことがたくさん出やすい時期でもあり、環境の変化もやむ負えない時期といえます。
このような変化は思った以上に更年期を迎えた女性にはストレスや負担となって更年期障害の症状を助長させてしまっている場合もあるのです。
このようなライフイベントは回避しようにもどうにもなりませんがなるべくストレスを溜め込まないようにすることが重要です。
ぼんやりする猫
また、このような出来事によるストレスを感じるかどうかによっても症状の度合いが変わってくるので、当人の性格によっても症状の重さが左右されます。
性格も変えることはできないことなので、ストレスや疲労を感じたら、エステやマッサージ、友人とのランチなど、それを解消できるいくつか自分に合った方法を見つけておくことが重要です。
無理をせずにストレスを解消できる方向に意識を向けましょう、ポイントは優位になってしまっている交感神経をいったんオフにし、副交感神経が優位になるような森の中で深呼吸をしたときのような、リラックスした状態を作り出すことです。
好きなことをしてリラックスするのはいいのですが、ギャンブルやアイドルのコンサートといったような興奮材料となってしてしまうものは避けてくださいね。
そして、このようなセルフケアの方法で対処できない症状や日常生活に支障が出てしまうような重い症状の場合には病院での診察を受けましょう。

更年期障害はストレスによって悪化するかどうかのまとめ

更年期障害はストレスによって悪化するということは断言できます。もちろん個人差がありますが、ストレスを抱えると、乱れやすくなっている自律神経のバランスをさらに悪化させることにつながるからです。
さらに、更年期という時期はストレスを抱えやすい時期ということを自分や家族に理解してもらうことが重要です。頑固であったり、自分で自分を責めてしまったりしがちな人はストレスを溜め込みやすいということが心理学やさまざまな研究結果などでもいわれているので、体調不良のときはゆっくりと体を休めてストレスを感じたら溜め込まずに上手に発散させてください
どうしても家事ができないというときもきっと誰にでもあるはずです。そんなときは更年期でつらいということをちゃんと伝え、家族の力を借りて手伝ってもらうようにしましょう。
つらい症状を支えてくれる家族がいるだけで安心できたりするものです。更年期障害はいつか終わりが来るのですから、明るく元気に乗り越えてくださいね

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参