躁鬱(そううつ)とは何かご存知ですか?躁鬱とはうつ病症状とハイテンションで活発な状態を繰り返すような症状のことでうつ病とは異なります

うつ病かなと思うくらい些細なことで落ち込みがちだったのに、急に別人のように活発でご機嫌な状態になり、そしてまた落ち込むといった症状がでるので二重人格になってしまったのか気分屋なのかわからないことがあります、このような躁鬱の症状は更年期障害が引き金になっている場合があります。

うつ病も更年期障害で起こるといわれる症状の一種ですが人によっては躁鬱を発症することもあるのです。このような気分の上がり下がりは周囲へ影響を及ぼし、仕事に支障がでたり人間関係に支障がでてきます。

躁鬱の症状が悪化すると入院が必要になりますが、そうなる前に、この記事では気づきにくい躁鬱の初期症状の特徴とその原因について詳しく解説したいと思います。

更年期障害で起こる躁鬱とは

泣いているパンダ

40代50代で起こるといわれている更年期障害の精神的な症状が強く出るタイプの人は、不安感が強まったり、不眠が続いたりすることで「更年期うつ」と呼ばれる状態になりやすかったり、さらに生活環境の変化によるストレスがあったり、もともとストレスを抱え込みやすい性格だったりするとさらに精神的ダメージが加わりうつ病のような精神面の不調が悪化してしまうケースがあるのです。

一方で躁鬱とは何かというといい歳ながらもテンションが高く、理由もなくはしゃぎまわったり、活発的で明るい表情でありながらも、時には攻撃的で自信過剰で周囲へ当たり散らしたり、妄想が強くなり被害妄想を始めたりする症状です。躁鬱は一見、本人が元気に見えるので躁鬱状態であると気づきにくい上に本人も自覚しにくい病気です。

ただし、ここで一気に落ち込んでしまい急にうつ病のような症状に陥ったりするというのが「循環的」に表れるのが特徴です。ただし、どちらか一つの症状が「単発的」に表れる場合もあれば、どちらかの一つの症状が「周期的」に繰り返されるというパターンも存在するので、実際は躁鬱かうつ病かを判断するのはとても難しいです。

それではうつ病と躁鬱の症状の特徴を比べてみましょう。

●躁鬱状態の症状の特徴
・怒りっぽく攻撃的である、ケンカに持ち込まれやすい
・ファッションやメイクが派手になった
・表情がいきいきしていて活発的である
・アイディアが次々と浮かぶようである
・自分が偉大な人間であると感じる
・ギャンブルで大きく出るようになった
・お金を散財するほど使うようになった
・いつもそわそわしていて落ち着きがない

●うつ病状態の症状の特徴
・何をしても気分が重い
・何事にも興味がわかず、楽しいと思えることがない
・自分には価値がないと感じる
・思考力が落ち、力が入らない
・将来の不安にかられ不眠が続いている
・イライラして落ち着きがない
・極度に涙もろくなった
・死にたいとさえ思うことがある

このようなにいくつか当てはまる症状があったとしたらあなたは躁鬱状態かうつ病にかかっている可能性があります。

落ち込んでいるうさぎ

ただし、ここで挙げた躁鬱状態の症状とうつ病の症状はほんの一例ですのであくまでも「目安」と考えてください。更年期障害には発症する症状の種類とその重さには個人差が大きくあるように躁鬱状態とうつ病の症状も絶対というものはありません。

もしも、これらの症状にいくつか当てはまるものがあれば、まずは更年期対策として栄養バランスに気をつけた食生活と、適度な運動の習慣化、そしてよく眠り、ストレスを解消できる方法をいくつか持っておく、この4つ規則正しい生活を習慣として取り組んでください。

そして更年期障害にいいとされる大豆イソフラボンや高麗人参といったようなサプリメントを摂りいれるのもいいかもしれません。とにかく更年期障害におけるセルフケア対策を始めること早期の内に対策を打っておくことが大切です。

ただし生活に支障が出るほどにこの躁鬱状態またはうつ状態の症状が強く出てしまっている場合には早めに精神科を受診するようにしましょう。

更年期障害で起こる躁鬱の症状まとめ

躁鬱という症状は自分ではとても気づきにくいですが、気分の上がり下がりに異変を感じたら躁鬱またはうつ病にかかってしまっているかもしれません。更年期障害で精神面への症状が出てしまい、困っているのはあなただけではありませんし、あなたのせいでもないのです。

ただし周囲の人間関係に影響が出てしまうのは避けたいことだと思いますので何となく、うつまたは躁鬱かなと思ったら更年期障害を緩和させる対策を始めましょう。バランスの良い食生活と適度な運動、質の良い睡眠、ストレスの解消はあなたの心と健康を取り戻すための大きな手段です。

ただし、もしも生活に支障が出てしまうほどの症状がすでに起きてしまっているのであれば早期のうちに精神科を受診してください。うつや躁鬱という症状は放っていて治ることは少ないです。

人間落ち込むととことん落ち込んでしまう生き物です。活発的なときもあるから大丈夫だろうと思っていても実際は心と体に共に限界がきていて、怒りっぽくなったり落ち込んだりといった精神面へ表れてしまっていることも考えられますので、影響が出てしまっていると感じたら早めに病院を受診するようにしましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。