40代を越えてからなんとなくのぼせたりほてったりすることが増えて、今までと少し違う生理不順が起きて「これって更年期の症状??」と悩んでいる方も多いと思います。

しかし、昔より女性の平均寿命も延びているので、全然元気だしまだ女性としても若いつもりなのに自分が更年期なんて信じられないという人がほとんどです。そんなこともあり、生理不順はもともとあったけれど、気づかぬうちにそれが更年期に起きる生理不順の症状に変わっていたという人も少なくありません。

いつもの生理不順と更年期障害で起きている生理不順では原因が異なります。生理不順の原因が異なるということは治療方法や対処法も異なってくるのです。

まずは、正しい生理周期を異常な生理不順について知り、さらにその生理不順が更年期障害における生理不順なのかどうか確認しましょう。またその治療法や改善策まで一挙に解説して参りたいと思います。

正しい生理周期と、生理不順という症状

そもそも生理不順の定義とはどのようなものか考えたことはありますか?まずは生理不順の定義について再度確認し、あなたは本当に生理不順となるのかチェックしてきましょう。

チェックのはいったチェックボックス

正しい生理周期

まず、月経が規則的に来ているということは、ホルモン状態は安定し女性機能は正常に働いているということが分かります。これは自分の心身における健康状態のパロメーターともいえます。
反対に、毎月同じ日程で生理が来ない人は生理不順であると思われているケースが多いのですが「生理が同じ日程で来ない人≒生理不順」ともいい切ることはできません。

生理周期には正常とされている日数が決まっています。その正常な月経周期内であれば多少前月と月経の日程がずれようが正常とみなされるのです。その日数とは“前月に生理が始まった日”から“当月生理が来た日”までの日数が「25日〜38日」の間が正常な生理周期とされています。

思っていたよりかは期間の幅が長くありませんか?毎月ほぼぴったりに生理が来ることが正常で少しずれると生理不順だと決めつけている人も多いのですが、このように数日の前後であれば正常であったのです。

笑顔の医師

生理不順

生理不順とはこれ以外の日数で生理がはじまることですから、生理周期が24日以下、または39日以上であった場合を「生理不順」とします。さらに3ヶ月以上生理が来ないという場合には「無月経」と呼ばれ、こちらはもっと深刻な状態です。

しかし、その人の抱えているストレスや不規則な生活習慣により生理周期は乱れやすいので、2回、3回程度であれば生理周期が乱れることも当然あります。生理不順ととはいえ無月経などが起きてしまう前に生活習慣の見直しで正常な生理周期に戻れるよう取り組みましょう。

しかし、無月経ではないけれど生理不順が続いているという人は、その原因が更年期障害である可能性があります。次の章でその生理不順は実は更年期障害ではないのかということを確かめていきましょう。

更年期障害の生理の症状とは何か。「長引く?」「送れる?」それとも「生理が来ない?」

疑問を感じる女性

それではここからは更年期障害が起きたら生理はどうなるのかについてご説明していきます。

これを読めば一発であなたが更年期障害かどうか分かるでしょう。あなたの体が閉経へ向かっているとしたら、このような変化が起きているはずです。

①生理周期の変化

先程述べたように正常な生理周期は25〜38日です。更年期になり卵巣の機能が低下してくると、このような乱れが特徴として起きてきます。

  • 周期が長くなるまたは、短くなる
  • 周期が一定でなく、バラバラ
  • 周期が1回飛んだりする

今までの生理周期の乱れとは少し違うはずです。もちろん女性の生理周期はとてもデリケートなので今までも多少のズレは合ったかもしれませんがいつもと違うなあと徐々に感じ始めます。

②経血の色の変化

経血の色は通常少し濃い赤色をしています。更年期に入ると、経血はスムーズに体の外に排出されなくなるので、血液が酸化し薄い茶色または黒い赤色になることがあります。

  • 経血の色が黒くなる
  • 経血の色が薄くなる

しかし、茶色っぽいおりものが続いているとしたら不正出血の場合もあります。このときには排卵は起きておらずこれも更年期障害といえる症状となります。

③生理期間の変化

生理の期間は通常4日から7日程度が正常の範囲ですが更年期の生理の期間は、それよりも日数が短くなったり長くなったりします。さらに、ダラダラと続くような出血がしばらく続きなかなか生理が終わらないということもあります。

  • 一度の生理期間が長くなる
  • 一度の生理期間が短くなる

もし、その出血が不正出血だとすると子宮の内膜がきちんと剥がれ落ちず子宮体がんになりやすくなるということもあるので注意が必要です。不正出血の場合は婦人科へ相談することをおすすめします。

④経血の量の変化

経血量には個人差がありますが、更年期に入ると基本的には少なくなっていき、短いと3日以内で終わってしまう人もいるほど経血量に変化があります。自分ではわからないかもしれませんが、平均的な経血量は60ml〜110mlといわれています。
逆に、更年期に入り血液量が増えてきたというひとは婦人科で病気の心配がないか検査しましょう。

  • 経血の量が少なくなる

⑤生理痛と排卵痛の変化

更年期に入ると経血の量自体が減っていくと述べましたが、生理痛や排卵痛も減り痛みがかるくなってく方が一般的です。同じようにおりものも減少していきます。

  • 生理痛の減少
  • 排卵痛の減少

お腹を抑える女性

私の場合は基本的に生理痛がひどいタイプでしたので痛みの減少自体に驚き、いままで数十年の苦痛であった生理が「あれ?いつのまに生理始まった?」みたいなケースが増えたと思ったら静かな出血がいつもよりダラダラと続きました。

このような場合ならいいのですが、生理が月に何回もきたり、ドロドロっとした塊のような生理が交じるときには注意が必要です。病気と更年期障害は違うので更年期障害かと思い病気を放って置くと大変なことになりかねない場合もあるのです。

生理不順以外に起きる「更年期障害の基本的な症状」

ここで更年期障害とはどのような症状のことかについてお話していきたいと思います。

更年期障害の症状は病院へ行ってもなかなか病名がつくというわけではないので、周囲からも理解されにくいという点が難しいのですが、生理不順以外にもこのような症状が起きていたら更年期障害で生理不順が起きていた可能性もあるのでチェック項目をしっかり確認してみてください。

今から提示されるチェック項目から当てはまる症状の度合いをチェックし、その数を足し合計の数値を算出してください。

更年期障害チェック項目

更年期障の症状 いいえ 月に数回 週に数回 かなり頻繁
1.体がのぼせたり、ほてる・・・・・・・・ 0 1 2 3
2.汗が急にどっと吹き出す・・・・・・・ 0 1 2 3
3.頭痛、めまいがする・・・・・・・・・ 0 1 2 3
4.苛々する・・・・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
5.何もかも憂鬱になる・・・・・・・・・ 0 1 2 3
6.足腰、手足が冷えやすい・・・・・・・ 0 1 2 3
7.付きがあまり良くない、眠りが浅い・・ 0 1 2 3
8.耳鳴りがする・・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
9.息切れ、動悸がする・・・・・・・・・ 0 1 2 3
10.肩こりや腰痛に悩んでいる・・・・・ 0 1 2 3
11.関節が痛む・・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
12.体がむくみがちである・・・・・・・ 0 1 2 3
13.吐き気がする・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
14.肌がカサカサする・・・・・・・・・ 0 1 2 3
15.手足がしびれる・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
16.疲れやすい、倦怠感がある・・・・・ 0 1 2 3
17.頻尿、尿漏れがある・・・・・・・・ 0 1 2 3
18.体重が増加しがちである・・・・・・ 0 1 2 3
19.食欲不振である・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
20.口やのどが乾く・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3
21.物忘れがひどい・・・・・・・・・・・・・ 0 1 2 3

紙とペン

あなたの合計の数値はいかがでしたか?

◯0〜10点・・・・・・その症状の原因は更年期障害ではない可能性があります。特定の症状があまりにもひどくなければ問題ありません。症状がひどくならないよう更年期障害の予防策を試してみるのもいいかもしれません。

◯11〜21点・・・・・・更年期障害の予備軍の可能性が高いです。たまに起きるという段階なので放って起きがちです。特に一定の症状がひどい場合には更年期障害への予防を含め対策を始めてみましょう。

◯22点〜42点・・・・更年期障害です。ひとつひとつの症状に対する薬などの対策だとその症状は短期的な改善をしても慢性化するばかりなので、更年期障害の治療を行いましょう。生活習慣の見直しが症状改善のカギです。

◯43点〜63点・・・・慢性的で強い更年期障害を抱えています。症状が重い方は婦人科を受診しましょう。

もともと生理前や生理時の症状がひどいという人にとっては案外当てはまる項目も多かったかもしれません。しかしまだまだ更年期なんて早いと思っていても、普段から生理不順である人にこのような症状が頻繁に増加し起きていたら、その生理不順の原因は更年期障害に変わっていたというケースも少なくないのです。

体の症状は体内で何かが起きていることに対する悲鳴ですから、我慢などせずにその症状に合った治療を行っていきましょう。

生理不順は病気が原因のことも!あなたのその不正出血は大丈夫?

普段から生理不順という場合に見落としがちですが、生理不順を招く恐ろしい病気もいくつかあるんです。この機会にあなたの生理不順や不正出血が大丈夫か確認するためにも、どんな病気があるのか知っておきましょう。

青ざめる女性

1.子宮筋腫

子宮筋腫とは良性の腫瘍で、子宮を形成する筋肉の細胞が何らかの原因で増殖しできてしまう腫瘍のことです。
女性ホルモンにより腫瘍はおおきくなるので放置してしまうとその腫瘍はどんどん成長してしまい、筋腫の発生する場所によりさまざまな症状が現れ、不妊や流産の原因や月経過多や不正出血を引き起こします。

何かしら小さい筋腫を持っている人もいて気付かずに生活している人も、成人女性の20%〜30%程はいるといわれており、閉経後女性ホルモン減少とともに腫瘍は小さくなっていくのですが、早期発見にこしたことはないといえるでしょう。

2.卵巣機能不全

卵巣機能不全とは卵巣の機能低下に伴って、卵巣機能が正常に働かなくなり身体にさまざまな悪影響を及ぼし、月経周期や排卵障害などを引き起こす病気です。

卵巣機能不全には、加齢という原因の他に過度なダイエットや精神的の多大なストレス、また脳腫瘍や放射線治療などが原因として挙げられています。卵巣機能不全で月経周期乱れたり、不正出血をしていたりする場合には更年期障害への治療と同じような治療が必要です。

3.子宮頸がん

子宮頸がんとはヒト・パピローマウイルス(HPV:Human Papillomomavirus)というウイルス感染症のことをいい、性交渉により感染をします。

子宮頸がんは20代後半から40歳前後に罹患率が高くなっているといわれているのですが、実は一昔前の子宮頸がん発症のピークは40歳〜50歳代といわれていたそうで決して他人事ではありません。
初めて感染したかたといって、必ずしもがんを発症するわけでないですが、生理不順が子宮頸がんという病気が原因で引き起こっていたとしたら早期に病院を受診する必要があるでしょう。

診察する女性と女の医師

このように他にも子宮内膜症子宮膣部びらんなど生理不順の原因となる怖い病気はいくつか存在しますが、病院へ行くほどひどい生理不順ではないという人であれば、生理不順の原因の改善とお家などでできる自ら取り組めるような治療法を行っていき、生理不順をしっかり治していきましょう。

どうして生理周期は乱れるのか。生理不順のメカニズムとその仕組み

更年期における生理不順は原因が違うということを述べてきましたが、それではまず始めに「生理不順とはどうして乱れるのか」ということについてお話したいと思います。

生理とは卵巣ホルモンの働きによって増殖した子宮の内膜が剥がれ落ちることによって起るのですが、その指令を出しているのは脳の視床下部で、下垂体から卵胞刺激ホルモンというホルモン(エストロゲン)を分泌するよう指令が出されます。

卵胞刺激ホルモンが分泌されると、脳からさらに黄体ホルモンを分泌するよう指令が出され、こうして子宮では子宮内膜が増殖し妊娠適した状態へ準備がなされ、妊娠しなかった場合にはその子宮内膜が剥がれ落ち生理が起きるのです。

①卵胞期・・・脳の下垂体より卵胞刺激ホルモンの、子宮内膜の増殖

②排卵期・・・卵胞刺激ホルモンの増加後、脳の下垂体よりさらに黄体ホルモンが分泌され排卵

③黄体期・・・排卵後の卵胞は黄体という黄体ホルモンを分泌する組織になり、子宮内膜では妊娠に適
した状態へ

④生理・・・徐々に黄体と女性ホルモンの量も減り、妊娠をしなかった場合に子宮内膜が「生理」となり剥れ落ちる

生理不順とはこの生理を引き起こす脳の視床下部、下垂体、ホルモンを運ぶ機能、または卵巣などのどこかが何らかの原因で通常の働きを担えなくなったり、乱れたりすることによって起こります。

それは体の冷え食生活の乱れ過度なダイエット不規則な生活によってホルモンバランスを崩し、ストレス運動不足などの原因で脳の視宋下部がコントロールしている自律神経のバランスを乱します。このように身近なさまざまな原因によって起こりえるのです。

ストレスを感じている女性

更年期における生理不順の治療法と対処法とは

更年期の生理不順はホルモンバランスの崩れと自律神経のバランスの崩れによって引き起こります。
この時期には基本的な生活習慣の見直しをするだけでも生理不順改善の一歩となりますので以下のような治療法をいくつか試しましょう。

  • ストレスからの開放

ストレスは脳に影響を与えるので自律神経のバランスを崩す原因にもなります。あなたに合ったストレス解消法を探しましょう。また、イライラしたり鬱を感じたりした時も考えすぎず、そのストレス解消法を試してみましょう。

  • 無理なダイエットをしない

無理なダイエットはからホルモンバランスを崩す恐れがあります。無理なダイエットに取り組み、ホルモンバランスが崩れると太りやすい体質になったり、新たなストレスを生み出したりする可能性もあるので過度なダイエットは控えましょう。

  • 良質な睡眠をしっかり取る

睡眠不足は美容の大敵とよく謳われていますが、他にもホルモンバランスや自律神経にも大きく影響を及ぼします。太りやすい体質へも睡眠不足は大きく影響してきます。このように睡眠不足というだけで更年期の生理不順へは、悪循環を起こす原因となる可能性が高いです。可能であれば静かな真っ暗の部屋で規則正しい時間の睡眠を心がけ、良質な睡眠を取りましょう。

ぐっすり眠る女性

  • 適度な運動の継続

適度な運動は体の血を定期的にめぐらせることに繋がります。逆にいうと、血行不良はあらゆる病気を引き起こしますが、生理不順や更年期障害の症状がひどい人にとっても同じことです。運動によって筋肉は生成され、筋肉によって血行は循環するので、血行を良くすればと冷え性や肩こり、腰痛をはじめとしたさまざまな症状の緩和と改善を促してくれるでしょう。

  • サプリメントで栄養補助

マルチビタミンやイソフラボンなどの栄養補助もいいでしょう。食事で摂取できる栄養素にも限界がありますので食生活の改善のサポート役としてサプリも検討してみましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

  • 高麗人参で体質改善

高麗人参は漢方薬の一種です。ホットフラッシュなどの症状に有効とされ、ホルモンバランスや自律神経のバランス働きかけます。根本的な体質から改善し、生理痛も更年期障害の症状も起きにくい免疫力を備えましょう。

これは個人的な感想となってしまうのですが、私は生理痛がひどく冷え性が驚くほどひどい体質でした。生姜湯や腹巻き、養命酒など症状改善のために試してみたものは沢山あります。それでもいつもロキソニンが手放せない状態だったのですが、高麗人参のサプリが一番効いた実感があります。ロキソニンなどの痛み止めなどは症状を抑えるだけでしたが体質改善に効いたのが高麗人参だったのかと思います。それ以来、もっぱら高麗人参入りの薬膳鍋などにハマっています。

更年期に起きる生理不順の治療法まとめ

生理不順の起るメカニズムは。不規則な生活偏った食生活ストレスなどが原因でホルモンバランスの崩れと自律神経などのバランスの崩れによって起こります。更年期になると、女性は卵巣機能低下により、ホルモンバランスを崩し、自律神経のバランスが崩れます。

更年期障害の症状が少しずつ出始めているとしたら、生活習慣の見直しは尚の事、プラスでホルモンバランスや自律神経のバランスを整えてくれる食事や生活をするように心がけましょう。

今までの体に変化が起きているのですから、いつも以上に栄養バランスに気をつけて大豆イソフラボンやサプリメントや運動、ストレス発散方法を追加してみることも必要なことです。無理をせずにあなたが楽しく健康的に始められることからいくつか始めてみましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。