出産後の体調不良はホルモンバランスの急激な変化によって、自律神経のバランスも崩れ更年期障害のときに起きる症状に似ている症状が発症したりします。

頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、発熱などその症状はさまざまです。産後の体力の消耗はかなりのものなので疲れやすい上に、授乳のために寝不足が続きます。40歳前後の高齢出産といわれる年代に出産すると、こんな状況が更年期障害を助長させるというウワサがあるのです。

産後の無理な行動は更年期障害とは関係があるのでしょうか?」という質問にハッキリといえることは、この2つは症状さえ似てはいるものの、リンクして起こるものではないということです。産後の無理な行動が更年期障害を引き起こすという医学的根拠は実は全くないのです。

この記事では更年期障害の原因と産後に起こるさまざまな症状の原因をわかりやすく解説し、産後の過ごし方について詳しく解説したいと思います。

更年期障害に似た“産後うつ”や体調不良の原因とは

泣いている女性

更年期障害で起こる体調不良と産後に起こる体調不良はとても似ています。特に、“産後うつ”にかかると、40代前後の人は更年期障害が始まったのかな?体調不良におけるさらなる心配を始める人もいます。

ここでハッキリさせておきたいのは、更年期障害の起こる原因と、産後の体調不良の原因は違うということです。

更年期障害は加齢による卵巣機能の低下によってエストロゲンが減少しホルモンバランスが崩れることで起こります。産後の体調不良はどうかというと、出産という大業によって排出したホルモンの急激な減少と体力低下を原因とし起こります。
どちらもホルモンバランスの乱れによって自律神経のバランスも乱れやすい状態なので似たような症状が発症するというわけです。

産後のうつに関してもエストロゲンの減少によって起こっているのではなく、育児へのプレッシャーや不安、不眠といったことが原因で起こりやすい状況にあるのです。産後うつになりやすい人とは、完ぺき主義で几帳面な人や、責任感が強いといったタイプの人がなりやすいといわれています。

具体的な症状についてみて行きましょう。

“産後うつ”とはどんな症状?

座り込み鬱状態の女性

産後うつとは出産により胎盤とホルモンが一気に胎児とともに流れ出て、急に体内のホルモンバランスが変化することで起こるといわれています。産後の母親はこんな大業を成し遂げて本当に疲れ切っているのです。

そして、出産は初産で年齢を重ねている人であればあるほどその産後の回復は時間を要します。しかしその間にも母親は赤ちゃんを育てるために眠れない日々が続きます。ただでさえ、ホルモンバランスが崩れ、自律神経のバランスまでも乱れているのに育児に追われ、イライラや不安症とったような感情のコントロールが鈍くなり、頭痛、めまい、食欲不振などが起こります。他にも体重減少性欲減退好きだった趣味に全く興味がなくなるといった症状が起こる人もいます。

そんな蓄積した疲労感の中、赤ちゃんが泣き止まない状況は体調不良の自分へ拍車をかけてやってきて、産後うつという状況が生まれるのです。ひとりで抱えもんでしまいやすい人が産後うつにかかりやすいというのはそのためです。

産後うつに関しては自然治癒することは難しいといわれています。産後うつを感じたら、病院で診察を受け、医者や経験者のアドバイスを聞くことが一番有効的といえます。

更年期障害と“産後うつ”の決定的な違い何か

更年期障害の症状として特徴的な症状はほてり・のぼせ・発汗といったホットフラッシュと呼ばれる症状です。

頭痛、めまい、肩こり、腰痛、うつ、イライラなどは産後うつの症状でも現れますが、ホットフラッシュ症状は更年期特有の症状といえます。ホットフラッシュは運動をしていなくても、急にどっと汗が噴き出てきたり、頭だけ熱を持ち顔はほてっているのに体は寒気がしたりする症状です。

産後うつの症状にプラスしてホットフラッシュの症状が出ていないとしたら、更年期障害の症状が併発しているのではなく、産後の疲労とホルモンバランスの崩れによる自律神経失調症によりその他の症状が起きているとも考えられます。

産後のいい肥立ちを目指して。産後の安静な過ごし方とは

指をさす医者

出産という大業を終えて、やせ細り体力を消耗しきった母体が徐々に回復し、体に肉が付き健康な体へ戻っていくことを昔の人は、「あの人は体が丈夫だから肥立ちがいいね。」なんて話したりしていたようです。

逆にこの肥立ちの時期に産後の体に負担をかけるとあとになって体に支障がでてくるといわれています。なので、産後の母親は安静に過ごすことが重要といわれているのです。産後の過ごし方について次の項目を参考にしてください。家事だって育児だって初っ端から頑張りすぎてはいけないのです。

無理に家事をこなそうとしない

完璧主義な人ほど悩まされるというのはこのことですが、産後の母体は疲れ切っています
帰宅してからすぐ家事をこなしていつものように綺麗な部屋や美味しい食事、きちんとした洗濯を行なおうとすると体はまだ体力が戻っていないので負担が大きくかかります

今でこそ少なくなりましたが、産前・産後に旦那の元を離れ里帰りするという習慣はあながち間違っていないのです。まずは、あなたの体力が回復しないことには元気な赤ちゃんを育てることだってできません。産後うつにならないためにも、産後の家事は家族へお願いしたり、最近流行りの家事代行業者を呼んでみるなど工夫をし、まずが10月10日以上頑張ってきた自分をいたわってあげましょう。新米母親はこれからが勝負なのですから。

何ごとも完璧主義を止める

手でバツを作る女性

先ほどからお伝えしていますが、産後うつは完璧主義で責任感がつよいタイプの女性がかかりやすいといわれています。完璧主義ということ自体はとてもいいことですが、産後の体には心身ともに負担が大きくかかってきてしまいます。

育児ははじめからうまくいかないことも多い上に、体調不良の中家事までも自分へ課してしまうと悪循環が起こる一方です。うまくいかないことがあっても明日には少しだけ取り組んでみればいいのです、すぐに解決しようとしないでゆっくり解決策を探しましょう

今すぐにやらなくてはいけないのはあなたの体の回復なのですから、その他のことについては完璧主義でいなくてはいけないという考え方は捨てましょう。自分を追い詰めすぎず、母なる大地のような心で自分自身もおおらかな気持ちで包んであげましょう。

育児マニュアルに囚われすぎない

最近はSNSや育児本などでたくさんの子育てマニュアルで溢れかえっているように思えます。子育てが初めてのことであれば情報を収集してトライしていうといった姿勢は大事ですが、潔癖症のように「こうでなければいけない」ということがあればあるほど自分を苦しめてしまうことが増えます。

よく聞く話では第一子に関しては消毒、殺菌、紫外線防止などあららゆる不純物から子供を守ろうとしていたのに、「第二子はそうでもなくなったけれどすくすく育った」という話です。

あまり何かに囚われてもいいことはないのです。子育ての基本的な方法は病院に相談し、それ以外のことは自由に遊べる環境を作ってあげるとか音楽を聞かせるなど他のことに力を入れてあげましょう。

産後の体にはサプリメメントで補充を

ボトルに入ったサプリメント

産後の体力回復には休養と栄養バランスの摂れた食事、この2つが大きなカギです。しかし、なかなか眠れない日々が続いたり、自分の食事は後回しになってしまったりしてばかり母親のほうがもちろん多いです。

産後の体力回復にはサプリメントに頼ってみましょう、産後の体力回復で今人気のサプリメントとしては、「プラセンタ」「マカ」「高麗人参」に効果があったとして人気がでているようです。サプリメントにも向き不向きがあると思いますから、自身でどのサプリメントが自分に適しているのか調べてみてから、手軽になどで購入してみてください。

現代のサプリメントは成分の抽出技術などの昔に比べれば随分と向上しているはずですから、まずは何の成分を試してみるのか決めてトライしてみて下さい。個人的には高麗人参に一番実感があったような記憶があります。

更年期障害と産後の体調不良の関係まとめ

40代前後の世間では高齢出産と呼ばれる年代に出産をするとやっぱり更年期障害についても気になり始めてくるころです。更年期障害と産後起こりやすい“産後うつ”などの症状は、根本的原因が違うためそもそも関係性はなかったのです。

もちろん、ひとつの病が大きな病へつながるといったように、産後の体調不良が助長して更年期障害のような症状が起こる場合もあります。ただし、はっきりといえることは更年期障害は卵巣機能の低下によりホルモンと自律神経のバランスが乱れ、産後の体調不良は体力低下のために起こっていたのです。高齢出産であった人は2つが併発する可能性はありますが、まずは産後の人は自分の体をいたわることを仕事と思いましょう

そして、産後の安静な過ごし方を実践してください。産後3ヶ月もすれば母体は安定してきます。その後は育児へ奮闘するかともいますが、元気にならなければ何かと戦うことすらできないのです。産後が起因して更年期障害は起こりません。あまり気にせずまずは、乳児とあなたの体のことを大切にひとつずつできることから始めましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参