突然やってくる更年期障害のホットフラッシュ症状は更年期障害の約7〜8割の女性に起こるともいわれています。

突然のぼせたり、ほてったり、大量の汗をかいたりしてハンカチや扇子が欠かせなくなりますよね。家事は手に付かないわ、仕事もままならないわ、さまざまな場面で生活に支障が出てきます。

しかし、ホットフラッシュは暑いという症状の後に寒気を感じる人も多くいます。

運動をしたわけでもないのに熱くなって汗びっしょりとなってしまったり、冬でもないのに急な寒気を感じぶるぶると震え始めてしまったり、さらには突然のものすごい眠気に襲われたりと、体のスイッチの異常がどうにもこうにもコントロールできなくなってしまい、不安が次々と増して精神的にも負担を抱え込んでしまっていませんか?

この記事では更年期に起る“寒気”の原因とその予防策、対処法についてわかりやすくまとめてみました。身近にトライできる簡単な方法をご紹介します。

更年期障害で暑くて汗をかき、その後感じる「寒気」とは

寒がる女性

更年期障害とは40代50代で閉経を迎える準備の際に体の変化に伴って起こるといわれている症状です。

更年期障害で一番起こりやすい症状がホットフラッシュといわれています。

ホットフラッシュは急にのぼせて熱くなり、どっと流れるような汗をかいてしまう症状ですが、それで終わりではありません。熱くなった後には今度は急に寒気がやって来るのです。

その体の温度の変化にめまいがして、ストレスから極度の疲労を感じる人もいるほど、体の温度調整のコントロールができないということはとても負担がかかることです。

ホットフラッシュが起るメカニズムとしては、まず40代50代頃に起る卵巣の機能低下が原因となります。加齢によって徐々に卵巣機能が低下することで、卵巣は女性ホルモンであるエストロゲンを分泌できなくなっていきます。

このせいでエストロゲンが減少すると、脳の視床下部というエストロゲンの分泌を促すために指令を出していた器官では、指令を出しても一向にエストロゲンは分泌されないということでストレスを感じます。

この脳へのストレスは同じく視宋下部コントロールしている自律神経までをも乱れさせていきます。自律神経とは体の体温調節や血液の循環、内蔵、心臓機能など人間が生きていく上で大切な器官の働きをサポートし正常な状態を保っています。

しかしこの自律神経が何らかの影響で乱れると、自律神経が調整していた体温調節機能が狂いやすくなってきます。

ホットフラッシュが起きて、大量の汗をかくと同時に汗をかくことで熱が体外へ放出されてしまい、寒気を感じるのです。

更年期障害で起きるホットフラッシュと寒気は大きく関係があったということです。他にも自律神経の乱れは動悸や息切れ、気分の落ち込みなどさまざまな症状へ発展していきます。

軽く考えているとどんどん負のスパイラルに陥ってしまいますので注意していきましょう。

更年期障害で感じる寒気の後の「眠気」。このふたつの大きな関係

あくびをする女性

ホットフラッシュが起きてやっと落ち着いたと思っていると寒気がやってきたりしますが、実はその後に来る眠気も人間のメカニズムのひとつであるということをご存知でしょうか。

よく登山などで遭難すると眠気が襲ってくるとかいいますよね。体が冷えると人は眠たくなります

眠りについている間に人は体を十分に休める必要があるので、体温を下げることで効率の良い睡眠をとることができるのです。

逆にいうと、冷え性の人に不眠も伴っている人が多いのはその眠りの質に大きく関係性があります。

冷え性の人は体の中では手足を温めようと頑張って熱を生み出そうと働き続けます。夜になっても体が働かないといけない状態を冷え性の人は作り出してしまっているのです。

でもよく考えてみると眠たそうな幼児の体温が温かくなって眠たいんだなと判断できることもありますよね。この場合のケースでいうと人は眠る1時間ぐらい前から自動的に手足に流れる血液の量を増やすなどして熱を発散させようとします。

実は、昼間に活発に働いた体を休めるためには特に脳を冷やして休める必要があります。脳にたまった熱を体全体、手足などから排出し体の深部の温度を下げることで良質な睡眠をとることができるのです。

話を戻すと、ホットフラッシュで体や頭が熱を帯びた後に眠気が襲ってくということは必然的な体のメカニズムだったということです。ただ、昼間に襲ってくる眠気もやる気が起きなくなり、仕事や家事が捗らないなどの支障が出てきますよね。

ホットフラッシュが起きて体が眠くなるのはなんら不思議なことではありませんが、ホットフラッシュを予防・改善しそんな状況を防いでいくことが体内バランスを取る上でとても重要になってきます。

ホットフラッシュ予防するためのセルフケアとは

疑問を感じる女性

ホットフラッシュは自律神経の乱れによって起るので、予防策としては自律神経をなるべく乱さないような生活習慣が必要です。

基本的ですが重要な方法を見ながらあなたに合った方法をいくつか始めて見ましょう。

ホットフラッシュの改善策①「食事」

糖分を多く含む食べ物は避ける

ここ最近では糖質ダイエットという糖質を制限するような動きが流行りつつありますが、更年期のホットフラッシュ症状には糖質もあまり良くはありません。

糖分は血圧を上げてしまうので自律神経のバランスにも影響を及ぼす他、生活習慣病のリスクも高まるので注意が必要です。

糖質を含む食材といえば、砂糖を使った食品はもちろんのこと、米・麺類などの炭水化物、じゃがいも・さつまいもなどのイモ類、とうもろこし、レンコン、バナナなど密かに糖質を多く含む食材が存在するので一度しっかり調べておきましょう。

他にも、すし酢やみりん、白味噌などの調味料にも糖質が多く含まれているので注意してください。

冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を

冷たい飲み物は体を内臓から冷やします。内臓が冷えると体は熱を必要と勘違いしてホットフラッシュの症状が起きることもあるのです。

夏場などで暑さに耐えきれず、体に熱がこもってしまっているときや、ホットフラッシュ症状が出てしまったときには冷たい飲み物を飲む必要がありますが、日常の要望策としては普段から温かい飲み物か常温の水などを選ぶようにし内蔵を冷やさないように心がけましょう。

内臓が冷えていると代謝も落ちてしまい、肥満になりがちですのでダイエット効果もあるのでおすすめです。

カフェイン、アルコール、辛い食べ物は控える

これらの刺激物は多少摂取しても問題はありませんが、摂り過ぎると体を冷やしてしまったり肥満の原因になってしまったりとあまりいいことはありません。

体調がすぐれないときもそうですが、更年期の体調不良を起こしやすいこの時期は刺激物をなるべく控えるようにしましょう。

カップに入ったコーヒー

ホットフラッシュの改善策②「生活習慣」

可能であれば禁煙する

タバコは体によくないということは明らかですが、更年期におこり体調不良や病気を助長させる原因でもあります。

無理やり止めようとするとストレスが溜まってしまい、イライラやうつ、不安といった精神症状に影響が出てしまう人もいると思いますので、できる限り喫煙数を減らすように努力し止められる人はこれを機に、タバコの呪縛から解き放たれてみましょう。

案外、食事が美味しくなったり、美肌へ効果があったり、時間やお金が節約できたりと体にいいことずくめですから。

適度な運動や軽いダイエットを始める

更年期の体はとても太りやすく、運動も面倒に思ってしまい。悪循環に陥りがちです。適度な運動は血液の循環を促す一番いい方法ですので、毎日の生活に適度な運動を取り入れることはとても重要なのです。

日常から血液がうまく循環していると代謝も安定し、太りにくい体を保つことができます。また、食事の面でも極端な食事制限ではなく、バランスのいい食事や腹八分目、7分目の量を心がけると、吸収率も上がり体内環境がいい状態へと改善されていきます。ダイエットは後になればなるほど億劫になりがちです。
思い立ったら今すぐに始めていきましょう。

食事をする女性

ストレスを溜めない

日本ではストレスはがまんするものというイメージがなぜか根付いているように思います。リストラにあって自殺をするような人種はどこの国に聞いても日本人だけという情報もあるほどです。

主婦であれば家事や人間付き合いなどでストレスを溜め込むのも心身の衛生上よくありません。更年期はそもそもストレスが溜まりやすい状態です。こんなときそ体に優しくしてあげましょう。たまには休んだっていいのです

あなたのストレスのない状態をあなたの家族も周りの人も望んでいるはずです。神経質になるのはもう止めて、深呼吸しあなたが楽しいと思えることを思い浮かべ計画しましょう。

ホットフラッシュの改善策③「サプリメント」

ボトルに入ったサプリメント

外食が多かったり、家族のため食事を作っていたりと、自分の食生活を整えることが難しいという人には更年期障害の症状に適応してくれる成分をサプリメントで補うということもひとつの方法です。

今栄養素を抽出する技術も精度が上がっているので、時短で食生活を改善する方法としてサプリメントを使用してみることも賢い選択といえるでしょう。

・大豆イソフラボン・・・更年期に不足する女性ホルモンに似た働きを持ち、女性ホルモンの働きをサポートしてくれるといわれています。ホットフラッシュや肩こり、頭痛といった症状のほか、美肌づくりにも効果的です。

・ローヤルゼリー・・・ローヤルゼリーはミツバチが女王蜂のためだけに集められた栄養たっぷりの養分のことですが。美容効果のイメージが強いという人が多いと思います。

最近では、ローヤルゼリーに配合されているデセン酸が注目されており、デセン酸には血糖値を下げ、コレステロールの低下と自律神経を整え、女性ホルモン似た作用を持ち、美容への効果の他にもさまざまな効能が期待されています。難点は少し高額という点ですが、ホルモン注射などに比べれば、自然派で体にもいいといえるでしょう。

・ポリフェノール・・・ポリフェノールは昔から注目されていますが、主にぶどうの種子などに含まれる成分で活性酸素を除去する効果があることで知られています。ポリフェノールの抗酸化作用は非常に高く、酸化による細胞の劣化を防ぐといわれています。

ただし、お茶やコーヒー、トマトジュースなど普段摂取する食品にも意外と多く含まれていることがわかってきているので他の食品で毎日摂取できている人はサプリでわざわざ追加する必要はないかもしれません。

・プラセンタ・・・プラセンタとは哺乳類の胎盤のことでサプリメントだと、ブタやウマなどの胎盤エキスを原料とし、注射の場合のみヒト胎盤エキスが使用されています。サプリメントでいうと、注射に比べて副作用がない分、美容と更年期障害の症状への効果は薄いという説もあります。

どちらにしても安全なのはサプリメントとの方ですので一度試すのであればサプリメントの方をおすすめします。あまりに強い効果の薬は始めのうちは効果を感じますが自然治癒力の低下を懸念とし、副作用にも注意を必要とするからです。

・エクオール・・・エクオールという成分は最近話題になっていますが、人の腸内細菌によって大豆イソフラボンが代謝される際に作り出される成分で日本人の2人のうち1人しか体内生成することができないといわれており、話題になっています。

もしかすると大豆イソフラボンを飲んでいても狙い通りに吸収できていない可能性があるので、大豆イソフラボンを飲む際にはエクオールも飲むかとても悩ましいところです。

・高麗人参・・・高麗人参は漢方などでよく使われているニンジンの根っこのような植物で、朝鮮半島などで生産され、万能薬として料理などにも使われている自然の植物です。高麗人参に含まれるサポニンが自律神経やホルモンバランスを調整する作用を持ち、体を温めて血流を良くする上に、ほとんど副作用もないことから常薬として摂取したりしても問題ないので体質改善にも有効とされています。

高麗人参の特徴としては発芽に4年かかる上に、土壌の養分をほとんど吸い上げてしまうため栄養価は高いのですが希少すぎて市場に出回っていないということです。日本で見たことがないのはそのためです。収穫は4年から6年でされるといわれていますが、未だに大量生産ができないほど栽培の難しい万能薬といえます。サプリでしたら手軽に入手できるので高麗人参に関してはサプリでの常用をおすすめします。

更年期障害のホットフラッシュと“寒い”症状対策のまとめ

更年期障害に感じる寒気は体じから熱を排出しようとするときに、自律神経が過剰に反応してしまい極度の寒さを感じるほどに神経バランスを崩してしまうことから発症しています。

寒気の後に襲ってくる眠気もその体のメカニズムからきていて、それらの症状を緩和させるためには根本の原因を予防していかないと一向に治まってはくれないのです。根本をたどると更年期障害は自律神経のバランスとホルモンバランスの乱れから起こっています。

ですので、栄養バランスの取れた食事と生活習慣の改善、自律神経のバランスとホルモンバランスのサポートとして何かサプリメントを摂り入れるということが、一番有効な対処法といえるでしょう。

これくらいであればセルフケアで自然と更年期障害を治療できるはずですから、放っておかずに明日から先ほど紹介したいくつかの方法を騙されたと思って試してみましょう。

“継続は力なり”といいますが普段からこのような生活を継続できれば病院にお世話にならなくても症状を緩和できるはずですから。もちろん、重度の症状の場合は勇気を出して婦人科へいってくださいね。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。