更年期障害の症状って生理不順から始まり、頭痛やめまいにホットフラッシュ、関節痛、下痢、むくみなど、人によっていろんな体調不良が襲ってくるので、病院へ行ったとしても、漢方薬を試したとしも、キリがないほどにいろんな症状が襲ってくることもありますよね。

そして、しまいにはどうしていいかわからなくなって悩んでいる人も多いと思います。更年期障害で病院にいくとホルモン補充療法をすすめられるケースが多いので、やっぱり副作用が大丈夫なのかが気になったり、漢方薬についても向き不向きがあることから、病院へ行くことについてなかなか重い腰が上がらないという人もいるでしょう。

そんな人へ、無理やり更年期障害の症状を抑えるのではなく、日常生活でできるセルフケア対策で少しでも更年期障害の症状を楽にする方法もあるんです。この記事では更年期障害の症状を緩和させるためのとっておきの方法をいくつか紹介したいと思います。

更年期障害の症状が楽になる方法とは

疑問を感じる女性

更年期障害の症状が強く出てしまう人、そうでもない人の特徴としては生活習慣が規則正しいかどうかが大きな分かれ道となっていると考えられています。生活習慣こそがその人の体質を決めているともいえるのでまずは次のことを試してみましょう。

ストレスは溜め込まない、発散方法をいくつか用意する

この更年期と呼ばれる時期は思った以上に心身ともにとてもデリケートなんです。親の介護や夫の定年退職など小さな生活習慣の変化でもストレスや疲労がたまりやすいので自身に合ったリラックス法をいくつか用意しましょう。

ヨガでもエステでもマッサージでも何でもいいです。ただし、アルコールやギャンブルといった依存性のあるものと、アイドルのコンサートなどの交感神を優位に興奮状態になってしまうものはリラックスできないので控えましょう。

食生活を見直し、食事内容に気を付ける

更年期にはエストロゲンが減少していることによって血中コレステロールのコントロールが出きにくくなります。いろんな機能が低下することで余分なものを分解・排出する機能も弱まっていますのでまずは、外食中心の食事は避けましょう

そして脂っこいもの、ファーストフードなどの偏った栄養の食事は止めましょう。そして、ここでポイントなのはエストロゲンの持っている作用をカバーしてくれるようなエストロゲン様作用のある食品を積極的に摂取することです。エストロゲンの分泌量が減少したならば食事で補うことも大切です。

運動をする習慣をつける

運動は筋肉がポンプとなり心臓の代わりに全身へ血液と酸素を送り出してくれるので、血行改善によって更年期障害の症状が緩和されるとても効率的で即効性のある方法です。

運動の中でも無酸素運動ではなく、有酸素運動と呼ばれるウオーキングやスイミングといった、ひざや腰など体に負担の少ない運動を選ぶといいでしょう。

もちろんヨガやストレッチでも効果はありますが有酸素運動は脂肪も燃焼してくれる効果が期待できることから更年期の健康維持には必ず摂り入れたい療法です。

入浴方法を改善してみましょう

風呂に入る鳥

更年期の入浴方法についてはあまり着目されていないかもしれませんが、入浴時お湯が熱すぎると交感神経を刺激し、リラックスできているようで交感神経が刺激されてしまい血管は収縮してしまいます。

血行促進できているようで熱い過ぎる湯船では血管を圧迫してしまっているのです。血液が滞ると更年期障害の体調不良を悪化させてしまうので、ぬるめのお湯でゆっくり浸かるように改善してみてください。温度は38度から39度で10分~15分の入浴がおすすめです。

栄養補給にサプリメントを追加しよう

食事でしっかりと栄養を摂ることももちろん大事なのですが、栄養のバランスに気を取られて本当にバランスよい食事を摂るとカロリーオーバーしてしまうことの方が多いです。

更年期障害によいとされる成分はサプリメントで摂取してみるのも効率的です。更年期をサポートしてくれる成分としては、高麗人参、大豆イソフラボン、ポリフェノール、マカ、ローヤルゼリー、エクオールなどです。自身に合いそうなサプリメントを調べて摂り入れてみましょう。

まとめ

更年期障害の症状を少しでも楽にするためにはこのような生活習慣の見直しと改善がとても重要になってきます。病院の治療では費用が嵩みますし、副作用が心配だという人はすぐにでもこのセルフケア対策を試すべきです。

今までの癖を治すのは案外そう簡単にはいかないかもしれませんが、あなたの今までの癖がその更年期障害の症状を悪化させている可能性もあるのです。

もしここで生活習慣を改善することができたとしたら、更年期が終わった後も病気にかかりにくい体づくりを継続できるでしょう。健康は毎日の生活から生み出されます。

ただし、日常生活に支障が出るくらいの更年期障害の症状が出ているとしたら、そのほかの病気のリスクも考えられますのですぐに病院を受診してください。健康かどうかの診断は何回行ってもいいというくらいの気持ちでいいのです。それとは別に更年期障害のセルフケア対策を毎日実践していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。