長年連れ添った最愛のペットが亡くなると、思っていた以上の悲しみと苦しみが襲ってきます。
そんな時期と更年期が重なると、気持ちの沈みや不安感、うつといった症状がダブルパンチでやってきて、深く暗い谷底へと突き落とされます。
一度このうつ状態に入ってしまうとなかなか抜け出せず、最終的にはペットを亡くした悲しみでペットロス症候群という状態に陥っているのか、もしくは加齢による更年期障害によってひどく落ち込んでいるのかわからなくなってきます。
こんなときには立ち直らなければと思えば思うほど、更年期障害の症状が悪化してきてしまったりする場合もあるので、無理にその状態を打破しようとするのも返って逆効果となってしまう可能性もあります。
この記事ではペットロス症候群とはどんな症状なのか、また更年期障害と似た症状とはどのような部分なのか、そしてその対策について詳しく解説したいと思います。

ペットロス症候群とは

泣いているハートのキャラクター

ペットが人間に与えてくれる愛情はペットを飼っている人にしかわからない、とても大きく計り知れないものがあり、そんな家族以上の存在であるペットを亡くした人の悲しみも表現しきれないほどの大きな喪失感に加え、後悔の念が募ってきます。
ペットたちは喋れない分、飼い主は自分の思うままに育て一緒に暮らしますが、
「もっともっといろんなところに連れて行ってあげればよかった…」
「もっと自由にさせてあげればよかった…」
「最後に美味しいものを食べさせてあげればよかった…」
など、人間のように自分の希望を伝えることができない分、ペットが亡くなった途端、あれをした方が喜んだんじゃないだろうかといった後悔の念が沸き起こってくる人が多いです。
人間の身勝手な感情ではありますがこれはとてもつらく悲しいものです。そして、いつも足もとやひざ元など常に日常のどこかに気配を感じながら暮らしてきたものがいなくなると胸にぽっかりと大きな穴が空いたような喪失感を感じるのです。
この喪失感はときが経つにつれて、もう二度と会えないという悲しみがつらさに変わってきます。このような情緒不安定のときにさらに追い打ちをかけて、うつ病、不眠、食欲不振、倦怠感、めまいといったさまざまな体調不良が襲ってくることをペットロス症候群と呼ばれています。
これらの症状は更年期障害の症状と似ているため、更年期にペットを亡くした人はどちらの症状で体調不良になっているのかとても分かりにくいのです。
更年期障害かペットロス症候群なのかどうかの判断は、あくまでも医師が診断することで決まりますがペットロス症候群だった場合の対処法とはどのようなものなのか見ていきましょう。

ペットロス症候群の対処法

泣いている猫

1 症状が重い場合は病院へ

うつ病や不眠などの症状でペットロス症候群が疑われる際に受診するべき病院は心療内科か精神内科です。更年期障害でも婦人科を受診後、このような症状がひどい場合には心療内科か精神内科を勧められることがあります。
なんとなくペットが亡くなったという理由で病院へ行くことは気が重く感じられるかもしれませんが、症状がひどく日常生活に支障が出てしまっている場合には病院へ行きましょう。

2 新しいペットの迎え入れで癒しを

このペットロス症候群対策に最も改善の効果が現れやすいといわれているのが、新しいペットを迎え入れるという方法です。
最愛のペットが亡くなった後に新たなペットを飼うなんてとてもじゃないけどできない、またはまたこのような同じ悲しい思いをすると思うと耐えきれないという人もいますが、新しいペットは実際にはまた冷え切っていた心に新たな愛情を生まれさせてくれる最大の手段といえます。
きっとあなたの亡くなったペットも、あなたがペットロス症候群で体調不良でいるよりも健康的で楽しく過ごしてくれることを願っているはずです。勇気を出して新しいペットを飼うことも検討してみましょう。

3 ペットロス経験者の友人に話を聞いてもらう

親しいペット仲間やご近所の人などあなたの周囲にすでにペットを亡くすという経験をした人はいらっしゃいますか?
ペットは人間より長く生きることはできず、犬猫であれば10年~15年が大体の寿命かと思います。思い返せば自分よりも先にペットを亡くす経験をしている人は案外近くにいるかもしれません。
ペットを亡くす悲しみや喪失感を共有し、話を聞いてもらったり、悲しい経験を話し合える人がいたということで立ち直るきっかけになったという人も多いそうです。理解し合える人がいるだけでペットロス症候群の重症化を防止できる可能性は高まるでしょう。

まとめ

ペットロス症候群は更年期障害ととてもよく似た症状を発症しますが、ペットを亡くした後に、うつや、不眠、食欲不振、倦怠感、めまいといった症状に悩んでいるとしたら、どちらにしても早期のうちに対策を行いましょう。
日常生活に支障が出るほどの症状であれば、医師にペットロス症候群または更年期障害の可能性をしっかり相談しその症状に合った治療を行ってください。
もし、自分で何とかペットロス症候群から抜け出したいという人は、新たなペットを迎え入れたり、親しいペット仲間に話を聞いてもらったりなど、心のケアを始めてみましょう。最愛のペットですからなかなか忘れ去ることなんて到底できないと思います。ただし、そのままの状況で放って置くと更年期障害の症状までも悪化してしまうことも起こりうるでしょう。
ペットロス症候群はあなた自身がその状況から抜け出す努力をしなければ深い悲しみに包まれたまま、体調不良が次々に悪化してしまうのです。まずは、ペットを亡くし悲しみを少しずつ緩和させるためにできることから取り組んでみてください
また、更年期障害でうつや不安といった症状が起きていることも考えられるのだとすれば更年期障害対策も並行して行ってくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。