更年期という40代後半から50代という年代には、人生も一段落のはずが、親の介護、子供の進学や独立、夫の定年や失業といったように生活環境の変化が必然と起きやすい世代に突入し、人生の中でも意外と大変な時期を迎えます。
そんな中でも家庭と家族のためにもパートで生計を支えなくてはいけない人も多いのではないでしょうか。そんな中で女性の体内では閉経を迎えるにあたり、体内環境の変化が起き始めます。
それが更年期障害という症状です。のぼせやほてり、頭痛にめまいといった他にも人によってはイライラや不安といった精神面へ症状も始まり、症状がつらすぎて「パートを辞めないといけないだろうか」と悩む主婦の方はとても多く存在します。
この記事では、そんな出口の見えない更年期の悩みを抱えている女性対して第三者はどのような接し方をすればよいのか、更年期障害の症状への改善策について解説してきたいと思います。

更年期障害に悩むパートの女性たち

レジ打ちをする女性

この共働きのご時世では、パートをしている40代後半から50代の女性はたくさんいらっしゃるかと思います。
更年期とはこの世代の女性のことを指しますが、「自分は健康だ」とか「あの人は落ち込みにくい性格だよ」などと周囲や自分自身が思っていたとしても、更年期障害の症状の重さや種類には個人差があり一概にイメージや見た目だけでは判断できません。
これまで病弱ではなかった人でもその症状が重かったり、身体的症状はあまりなくても精神的な症状となって現れたりと、人によって発症する症状が大きく変わってくるのが更年期障害です。
更年期障害に悩んでいる本人としてはそんな症状の重さから、なんとかパートで家計を支えていたとしても「仕事を辞めなくてはいけないかな」と考え始めている人も多いですよね。
そんな中、本人はなんとか迷惑をかけないようにしているつもりでも、更年期障害の人と一緒に働いている上司や同僚としては「辞めるくらいならしっかり休息を取って欲しい」と考えていたりすることもあるので、周囲はどんな風に思っているのか、管理者はどのように判断することが多いのか2つの視点で見てみましょう。

パートを休みがちになってきた人へ知っておいてもらいたいこと

考えるフクロウ

更年期障害の症状で定年前につらくなって会社やパートを辞めようか散々悩む人は多くいると思います。
しかし日本の制度や風土としては「更年期でやる気が起きなくて休みたい」とか「疲労が蓄積したのでしばらく休ませてもらいたい」といったようなことを発した途端にクビ寸前のような状況に陥ってしまったりすることもあるでしょう。
特にパート契約の人の場合、代わりはいくらでもいるという面から女性の更年期障害に対してはあまり理解のない場合が多いかもしれません。
このことにより、症状がつらすぎる場合でも無理して出勤してしまう人や、更年期障害の症状を我慢し続けることで精神衛生的にも肉体的にも大きな負担を抱えてしまうといったケースもよく聞きます。我慢は継続できない上に、体に負担をかけてしまうので体調不良の場合にはまずは体調を万全にすることが第一であるといえます。
そしてや更年期障害でやむを得ず退職という選択肢を選ぶときには、この年齢での転職や復職は大変難しいものでありますから、なるべく退職という選択肢は選ばない努力をしましょう
万が一、退職という選択肢を選んだり、そういった流れになったりした際には体調を見計らって退職のあいさつや荷物を引き取るといった、基本的な社会人のマナーを守ってください。
今はすべてのやる気が低迷し、今までの自分ではしないようなことも起こしかねません。更年期障害の症状が起きているのはあなただけではないのですから、症状がつらすぎる際には上手に周囲へ相談し助け合える環境を作っておくことが重要なのです。

更年期障害で休みがちなパートを持つ管理者の方へ

お辞儀をする犬

管理者側からすると更年期障害で休むパートがいるときにどんな対応をすべきかというのはとても難しい問題です。パートとなると子供が多少大きくなった年代で40代〜50代の主婦も多いです。
パート雇用となると社員ではないので会社における拘束力はあまりありませんし、契約する時点で「家族がいて残業できない」とか、「何時間までしか働けない」といった制約があることを知りながら雇用しているのですから尚更でしょう。
また、パートが更年期障害で休んだときに、それがどういった症状か体験できていれば理解ができたかもしれませんが、管理者側の方が若かったり、男性であったりして更年期を体験していない管理者のケースがほとんどだと思います。
更年期障害は大体45歳から55歳くらいまでの約10年間のことを指しますが、管理者はこの年代の女性を雇用するとなれば、世の中すべての女性に更年期障害が起きる可能性があるという考え方を持っておいた方がいいです。その症状の重さには個人差があるので何も起こらない人ももちろんいますが、管理者としてはその心構えと理解は必要です。
しかし、あまりにも休みがちすぎて困っているという場合には病院に行ってもらい診断書を出してもらうようにしましょう。更年期障害かどうかは病院で診断できるので、診断書を提出させるというハードルがあると多少効果的かと思われます。

まとめ

更年期障害の症状がつらすぎてパートを辞める決断をする前に、その症状を少しでも上司や同僚に打ち明ける勇気を持ってください。このつらさは経験した本人でしか分かりませんし、我慢すれば乗り越えられるものでもありません。
無理に更年期障害の症状を我慢し働き続けてしまうとその症状はさらに悪化し、ついには働けなくなるといった本末転倒の事態になりかねません。家族のためにも働かなくてはいけないという心持ちもとても重要ですが、体は常にあなたの最大の資本です。
そんな体が動かなくなってしまったら仕事以上に加え、家事もままならなくなり、家族との大切な時間に支障をきたしてしまいます。更年期障害の症状は必ずいつか終わりがきます。2年以内にケロッとなくなってしまう人もいるのです。今は体に無理をせずしっかり体を休め、元気なときに復活するという手段もひとつの選択肢かもしれないですね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参