“いまさら聞けないおりものの役割”について今一度確認してみましょう。

おりものとは、子宮、膣、汗腺からでる分泌液の集合体です。通常は粘り気のある透明な乳白色の液体です。

おりものの量が増えたりすると、下着の汚れや匂いなどの原因となって困る人が多いので、おりもの自体はマイナスイメージ多いかと思いますが、実は女性の体を守る重要な働きをしています。

おりものは雑菌が膣から入るのを防ぎ、雑菌や病原体を体の外へ排出し、子宮や卵巣を守っています。また、排卵期の受精を助け精子をおりもので包み込み卵子の移動をサポートしてくれる働きがあります。

更年期のおりものの変化にはどんな意味があるのでしょうか。

おりものが臭かったり量が多かったり、水っぽかったりと普段の状態と違う場合、何かの病気の前ぶれの可能性もあります。

おりものの状態から健康状態、その原因について知り体の変化を知り、体調管理をしていきましょう。

更年期のおりものが多いとき、臭いが気になるとき

泣いている看護師の女性

更年期には体のさまざまな変化のひとつとして、おりものが増えるときがありますがそれはどんな状態のときでしょうか。

更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが減少し分泌されなくなると、膣の洗浄化を担っていたエストロゲンの代わりとして、膣を細菌や雑菌から保護しようとしておりものの量が増えることがあります。これは体のメカニズムとして普通のことですのであまり心配する必要はありません。

このおりのもの量については増えたり、減ったりすることもあり個人差があります。

また、一般的には更年期直前の40代後半頃には次第に少なくなるケースが多いといわれています。しかし、何らかの原因でおりものの量が増えすぎてしまい、おりものシートだけでは対応できず、生理用ナプキンを使用せざるを得ないというくらい大量におりものが分泌してしまっている場合には注意が必要です。

この状態になると異常な状態といえるので何らかの病気である可能性がでてきます。おりものの量が急激に増えるということは、膣の浄化作用が低下しているということです。

膣が浄化されにくくなると膣炎を引き起こしやすい状態になり、膣内に雑菌が入ることで臭いがきつくなるなどの状況が発生します。

このような変化でおりものの健康状態はなんとなく察することができますよね。

また、悪性腫瘍や糖尿病の場合にも、おりものの量や色に変化が起こることがありますので注意しましょう。その他の病気を患っているときはおりもの以外の症状にも何か困った症状が出始めているはずです。

ですので、まずはおりものの量や臭いがとても気になる場合には、早期のうちに婦人科を受診することをおすすめします。

更年期のおりものが少ないとき

頭にハテナを載せて疑問を感じる女性

一般的には40代後半から閉経までの間はおりものの量が減少する時期に入ります。

おりものも女性ホルモンの影響を受けており、妊娠する必要がなくなると自然とおりものも減少していきます。そして今までよりも膣内の環境を清潔に保つことが難しくなり、細菌や雑菌などに侵されやすい状態で臭いが発生することがあるのです。

おりものの量が減少した場合には、雑菌が増殖しすぎることがあるので膣炎の原因となります。この女性ホルモンのエストロゲンが減って、膣内の殺菌がしきれずに炎症を起こしてしまう状態を医学用語では老人性膣炎と呼びます。(なんとも失礼なネーミングですが)老人性膣炎になると黄色っぽいものや、赤茶色っぽいおりものが増えるのが特徴とされています。

閉経後の場合であってもエストロゲンの分泌は微量ながら続いていますので少量のおりものもでますので、おりものの明らかな増減を感じた際には注意し、婦人科の受診も検討しましょう。

更年期のおりものが水っぽいとき

首を傾げる女性

更年期または閉経時期に「おりもの」または「尿漏れ」のようなものが増えたと感じている人もいるかと思います。この時期は尿漏れも起こしやすい時期ではありますが「水っぽいおりもの」というものの可能性もあります。

この水っぽいおりものは医学用語でいうと「水様帯下(すいようたいげ)」といい、子宮の病気可能性もあります。たとえば一時間に一度ナプキンを変えなくてはいけないような状態であるとしたら普通の症状ではありません。

また、尿漏れかと思っていたら、水っぽいおりもので卵管がんや子宮体がんであったというケースも大いにあり得ます。これは閉経後の女性でも起こり得ることですので、頻尿科だけでなく婦人科の検診も受ける必要があるでしょう。

まだ40代、50代なのに尿漏れのような症状で婦人科にいくことはなかなか気が進まないという人が多いのですが、万が一子宮の病気であった場合にそれを放っておくと、気づいた頃には取り返しのつかないことになってしまうということもあり得ますので思い切って婦人科を受診してみましょう

更年期のおりものに血が混じっていたら

青ざめる女性

更年期のおりものに血が混じり、茶色やピンクになってしまうというケースがあります。これは閉経後であればとても黄色信号です。

生理以外の出血は全て不正出血と呼ばれていますが、不正出血の場合は婦人病の可能性が考えられるからです。子宮頸がん、子宮膣部びらん、子宮体がんなど子宮の病気は出血を起こします。

女性は生理に慣れていると出血してもあまり気にならない人が多いのですが、不正出血にはこのような病気の可能性が潜んでいるのでこちらも婦人科を受診しましょう。病気による不正出血ではないということが分かればそれはそれでいいことでしょう。

どちらにしても、早期発見や早期対策が早期解決の鍵となりうること心得ておきましょう。

万が一、おりものの異常がみられたら・・

おりもの血が混じってしまったときの対処法と治療法をまとめてみました。
病院の受診は前提としますが、その際の対処法と注意点を知っておきましょう。

笑顔の女性の医者

下着には通気性の良いものを選ぶこと

更年期にはエストロゲンの減少に伴って、おりものの量の変化により膣内の清潔を保つことが難しくなるということがわかったところで、下着の選び方にも気を配る必要があります。

おりものに血が混じってしまったら尚更なのですが、通気性のいい下着を選ぶようにし、コトン100%のような、汗を吸収し発散してくれるような素材やデザインのものを選びましょう。

更年期には今までと体の環境は変化しています。あまり蒸れた状態が続くと膣炎の原因ともなってしまうので下着の素材にも気を配るようにしましょう。

臭いが気になるからといって洗いすぎはNG

おりものの臭いの原因を考え過ぎてしまい、膣内までこまめに洗浄しようとする人がいますがこれはすぐに止めてください。デリケートゾーン用石鹸などが流行りつつありますが、膣内洗浄は止めてください。

過剰に洗い過ぎてしまうと自浄作用にも影響がでて、かえって細菌が入ってしまい、菌の繁殖につながるというケースも起こりやすくなってしまうのです。

顔も体もそうですが洗浄のし過ぎは乾燥を招いたり、かえって悪循環を引き起こしたりする原因となる場合が多いのでデリケートな部分こそより注意しましょう。

サプリメントを取り入れてみよう

おりものの量や臭いの変化はそもそもエストロゲンの減少が起因しています。エストロゲンの減少によって膣の自浄作用も低下してしまっていることから更年期障害を効率よくサポートしてくれるサプリなどを見つけてみましょう。

エストロゲンのサポートを日頃から行うことができれば、膣内の乾燥やおりものの過剰分泌、臭いなども緩和することができるでしょう。

更年期に作用する有効成分といえば、大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、エクオール、ビタミンB群、ミネラル、カルシウム、高麗人参など日々の食事だけでは取り入れ続けることは難しい成分も多いです。

あなたに合ったサプリを見つけ食事のサポート役にしてみるのもひとつの手段といえるでしょう。

更年期障害に起るおりものの変化まとめ

おりものは女性ホルモンエストロゲンの低下によって、その状態に合わせた変化をしていきます。おりものの量は基本的には減りがちですが、その状況を打破しようとおりものの量は増えることもあります。水っぽい状態や血が混じった状態は明らかにいい状態ではありません。

おりものが厄介なのではなく、おりものは体の厄介な異常を知らせてくれるツールなのです。体の厄介な状態を放っておくともっと大変な病気を引起こしかねません。

しかし一番言いたいことは病院にいってくださいということではなく、体の変化を知り、その状態に必要とされる成分を取り入れたりや運動できる環境などを整えてあげましょう。そしてそんな病の心配をしなくてもいい体に戻すことがゴールです。病院へ行くことがゴールではありません。

おりものの変化は毎日チェックしながら、体に良いとされることをいくつか継続して取り入れてみてください。そうすればきっとあなたの更年期は今から襲いかかってくる症状よりもずっと楽であることでしょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。