更年期に起る熱っぽさについて始めは「夏だから今だけかな」と思っていると気づけば毎日のように体に熱を感じ、何日も続く熱っぽさに疲労が蓄積し、しまいには高熱となってしまう場合があります。

女性は生理前など多少の体温変化に慣れているので熱に対しては男性に比べると免疫があり、がまんしてしまいがちなんです。

更年期には熱っぽさの他にもめまいや頭痛、肩こり、関節痛、イライラやうつといったさまざまな症状が起るため、熱っぽいなと思ったのに気づけば高熱がでてしまっていたということも多いのです。

しかし、この更年期の高熱には注意が必要です。内科などでも始めはただの熱と診断され、そのときはただの更年期障害による高熱とされていたのに、放っておいてしまったことで症状が悪化しさらなる病気の引き金になり得るからです。

この記事では更年期において熱がでてしまう原因とその改善策について解説していきたいと思います。

更年期に起こりやすい生理前の発熱

熱を出して顔を真っ赤にする女性

40代〜50代にかけて更年期といわれる年代に差し掛かった女性において、特に生理前に発熱してしまうという人は多くなってきます。

更年期に熱がでてしまう直接的な理由ははっきりしていないものの、この年代は徐々に女性ホルモンであるエストロゲンが低下していきます。

このエストロゲンの減少は自律神経にまで影響し、血管の拡張や収縮などのコントロールがしにくくなってきます。体温調整にも支障が出てしまい、38℃の高熱がでてしまうといった場合があるのです。

生理前にはホルモンバランスが乱れるのでこのような症状が起きやすい状況であるということです。

生理前とはいえ熱っぽすぎる」とか「クラクラするほど熱っぽいや」という人は注意が必要です。この信号が後で違う病が悪化することになるケースもあるからです。

更年期に起こりやすいほてりという熱

更年期障害で一番起こりやすい症状で挙げられるのが「ホットフラッシュ」という症状です。

ホットフラッシュは運動したわけでもないのに滝のような汗が吹き出してしまったり、赤くなるほど顔がほてってしまったりと他人が見ていても驚くようなくらいの汗を出してしまうような症状です。

しかし、一度熱くなると脳は体を冷やそうとするので急に汗が出たとおもっていたら、急に極度の寒気がするような症状や、顔だけ常に暑いけど下半身だけ常に寒いといった人もいます。

こんなホットフラッシュにおける体温の異常な変化が引き金となって実際に高熱がでてしまうという場合もあるのです。ただのホットフラッシュと思っていたら風邪を引き起こしてしまうこともあるのです。

更年期に起こりやすいこもった熱感

困り顔の女性

更年期に起こる熱感は更年期障害の症状かなと思いきや、実は「甲状腺機能亢進症」という症状を引き起こしてしまっている場合もあります。

「甲状腺機能亢進症」とは、更年期の年代に限らず起るとされていて、甲状腺ホルモンの過剰分泌にて起る発汗、熱感、動悸、下痢、月経不順というような症状のことです。

この2つの症状は特に似ているため熱っぽい感覚を放っておいてしまうと実は「甲状腺機能亢進症」を引き起こしていたということもあるのです。

この甲状腺の異常は自覚症状が薄く、かつ更年期障害の症状に似ているとなるとなかなか発見が難しいです。

もし、あなたのその症状が更年期障害の症状だけでなく「甲状腺機能亢進症」にかかっていることが原因だとしたら、治療法や薬も変わってきますのでなんとなく甲状腺の腫れも気になっているとしたら、婦人科や更年期外来だけでなく内科で甲状腺の検査を受けましょう。

このように高熱が出ている可能性として考えられることは他にもたくさんあります。

更年期障害の症状だけでなく人は体に何か異常があれば発熱をして体に知らせ調整するようにできているからです。高熱がでている原因については自分で判断できるものではありません。

安易に自己判断でドラッグストアなどの市販薬にたよるのではなく、38℃以上の高熱の際は必ず病院で診察を受けましょう

何事も早期発見ほどの症状緩和へ導く近道はありません。病院が嫌いだとしても、素直に診察を受けることが更年期の重い症状回避における必勝法といえます。

更年期障害の発熱を和らげるための生活習慣のポイント

指をさす医者

先にお伝えしておきたいことは、高熱がしばらく続くような異常な事態が続いていたらすぐさま病院へ行きましょう。

そこまで症状が悪化していない、または日常的に熱が頻発するような人はこれから挙げる生活習慣の改善ポイントをいくつか試してみてください。

生活習慣の改善だけでホルモンバランスや自律神経のバランスの乱れが緩和され、発熱症状も落ち着く場合があります。

健康はあなたの最大の財産ですから騙されたと思っていくつか試してみましょう。健康的な生活にトライして何も変化がなかったとしても、何も損することはないのですから。

◯生活リズムを整える・・・あなたの就寝時間は何時でしょうか。女性のゴールデンタイムは22〜26時という説がありますがそれもあながち間違いではありません。

遅くても24時までのその日のうちに就寝しましょう。早く寝ればその分、早く起きられる体へ変化していくはずです。早寝早起きほど自律神経を正常なバランスへ導いてくれる特効薬はありません。明日から始める気持ちで取り組みましょう。

◯偏った食事からの卒業・・・更年期になってもまだ脂っこい食べもの、甘〜い食べ物ばかりを食べてしまっていませんか?

塩分や、脂肪、余分な油は生活習慣病や肥満といった症状を呼び寄せるだけでなく、ホルモンバランスや自律神経のバランスをも乱していきます。せっかく食事をするのであれば栄養のあるものや、出来ればそのバランスも考えて規則正しい食生活を心がけましょう。

◯ストレスを発散し溜め込まない・・・ストレスもさまざまな病気を呼び寄せるとおいうことをご存知でしょうか。

ストレスは活性酸素をも生むといわれるほど老化への一歩となります。ストレスを自分で解消できる人は若々しい人が多いです。自ら楽しいと思えることをいくつか発見し、こまめにトライしてみてください。

ストレスは溜まりこんでいると自律神経に悪影響を及ぼし、イライラ、不安、鬱といった症状を引き起こします。小さなことでもリラックスできて楽しいことを見つけてください。(ギャンブルなどはもちろんNGです)

◯サプリメントを始めてみる・・・あなたはサプリメントを試したことがあるでしょうか。最近のサプリメントは抽出技術も向上しているため案外あなどれない効果を持つものも多いです。

バランスの取れた食生活と更年期に摂取したい成分をサポートとして摂取してみまましょう。有名なのは大豆イソフラボン、マカ、高麗人参、エクオールなどでしょうか。

自分で調べてみて気になったサプリメントを少し継続して試してみてください。(余談ですが私の場合は高麗人参で乗り越えました)

ボトルに入ったサプリメント

更年期障害の熱っぽさで注意しておきたいことまとめ

更年期障害のときにホットフラッシュなどを原因として熱っぽくなってしまうことは多々あります。しかし、ホットフラッシュが悪化し高熱を引き起こしてしまうということもあるのです。

あるいは更年期障害に似た症状が出ているとしても「甲状腺機能亢進症」などの違う病の可能性もあります。

万が一、その発熱が更年期障害を原因としたものでなはないのだとしたら、対処法や治療法も変わってきてしまうのです、その対処ができずに症状がどんどん悪化してしまっては更年期障害の症状以上につらくなってしまう可能性もあります。

とにかく、高熱が続いたら病院へ行って診察を受けてきましょう。そして普段から熱が出やすいという人はこれを機に生活習慣を見直しましょう。

規則正しい生活習慣がこの更年期を乗り越えるためにはとても重要なのです。更年期障害をスムーズに乗り越えるコツはがまんせず、あなたに合いそうないろんな対処法を試していくことだといえます。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。