「最近なんか調子が悪い」、「風邪を引いたわけでもないのに体がだるい」、「生理の周期がなんか変」、「これってもしかして更年期?」と思っている女性は意外に多い筈。
女性特有の機能をコントロールする女性ホルモンのバランスは年齢とともに変化します。
特に、閉経を挟んだ10年を一般に更年期と呼びます。この時期、女性ホルモンの分泌が徐々に減っていくため、特に女性は体に様々な変化が起こります。
この変化のうちでも不快な症状を総称して更年期障害と呼びますが、その症状や度合いは人によって異なります。様々な症状がおこり、日常生活に支障を来してしまう人もいれば、まったく感じずに過ごせる人もいます。
しかし、多くの特に女性は40を過ぎたあたりから、様々な不調を感じるようになります。そして、10年近くもの間その症状を持ったまま過ごすことになります。
また、近年、生活環境の激変により、30代で更年期障害のような症状を訴える人も増えています。
一体この不快な症状はいつまで続くのかと思いたくなりますよね。
そこで、今回は、更年期障害について、発症する年齢や期間、そして辛い症状を緩和する方法について詳しくご説明していきます。

更年期障害は何歳で発症して何歳まで続くのか?

疑問を感じるネコ

一般に、日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳とされています。この閉経を挟んだ前後10年を更年期と呼びます。つまり、平均して45~55歳の間を指すことが一般的です。
この期間に、女性には様々な体の変化が起こります。この体の変化は時として様々不調という形で現れることがあります。この体が感じる不調を総称して更年期障害と呼びます。その症状や感じ方は人によって異なります。色々な症状を感じる人もいれば、1つか2つしか感じない人もいます。
また、その度合いもホントに軽い人から、寝込んでしまい日常生活に支障を来すほど重くなってしまう人もいるのです。
先ほど、45~55歳が更年期と述べましたが、実は、それよりも前に閉経を迎えてしまう人がいます。43歳未満での閉経を早期閉経と呼びます。
□注意したい若年性更年期障害

20~30歳代で更年期障害に似た症状を発症する場合を若年性更年期障害と呼びます。
一般の更年期障害は加齢に伴う女性ホルモンの分泌の低下により発症しますので、年齢を重ねれば、程度の差こそあれ、どなたでも経験することですが、若年性更年期障害の場合、女性を取り巻く社会環境の変化に伴うストレスの増大などがその原因と考えられています。近年話題の不妊症にもつながりますので、早めの対処が必要です。

年齢別更年期障害の症状あれこれ

更年期障害といってもその症状は多岐渡っており、年齢によっても症状が変わることがあります。
ここでは、そんな更年期障害の症状を年齢別にみていきましょう。
指さすイヌ

20代

更年期障害は最初にも述べたように加齢に伴い女性ホルモンの分泌が減少することで起こる症状です。20代は、その女性ホルモンの分泌量は一生のうちで一番多い時期です。女性ホルモンによって正しくコントロールされる排卵や月経周期は安定しています。
ですから、一見すると問題がないように思われますが、近年ストレスなどの増大により、女性ホルモンの分泌が乱れ、ホルモンのバランスが崩れてしまい、体調を崩して、更年期障害に似た症状を訴える女性が増えてきています。

30代

ホルモンの分泌はまだ安定していますので、健康的でストレスのない生活を送っていれば、まだまだ更年期障害を発症するようなことはありません。
ただし、20代の頃に比べると、結婚や仕事に対する責任などの増加によりストレスを受けることが増え、それに伴いホルモンの分泌に乱れが体調を崩す人がいます。
また、30代後半になると、卵巣の機能が低下し、それに伴い徐々にホルモンの分泌も減り始めます。それに伴い、中々疲れが取れない、めまいや頭痛といった症状を感じる人が現れます。
合わせて読んでおきたい記事
“30代でも更年期障害”ってありえるの?

40代

卵巣の機能低下が本格的に始まり、ホルモンの分泌も減り、そのバランスが乱れることで、生理不順になったり、頭痛やイライラしたり、動悸や肩こりなどの典型的な更年期障害の症状が現れます。
人によっては、40代で閉経をする人もいるので、それに伴い更年期障害の症状のピークを迎える人もいます。
具合の悪そうなウサギ

50代

前述のとおり、日本人女性の閉経の平均は50歳ですから、閉経を迎える人が多くそれに伴い更年期障害の症状を訴える人も多いです。また、閉経を迎えてもまだホルモンバランスは不安定なので、その後も症状は続きます。
感じる症状は多岐に渡っていて、不眠症や耳鳴りホットフラッシュによる発汗という更年期障害の典型的な症状はこの時期に現れることが多いです。
また、女性ホルモンのうちでもエストロゲンは、成長ホルモンで骨の成長に関わることから、そのエストロゲンの減少により、骨粗しょう症骨折関節痛を訴える人が多くなります。

更年期障害の発症や閉経を早める原因について考える

考えるネコ

さて、ここで最近問題になってきている早期閉経や若年性更年期障害について、考えていきたいと思います。
近年、20~30代で更年期障害に似た症状を訴える人や40代前半で閉経を迎えてしまう人が増えています。20~30代の女性が更年期障害に似た症状を訴えることを若年性更年期障害といいます。
通常の更年期障害は加齢に伴う女性ホルモンのバランスが乱れることにより発症しますが、若年性更年期障害はストレスなどが原因で自律神経が乱れることにより起こるとされています。
では、なぜこのような人が増えているのでしょうか?
男女雇用均等法の施行などにより、この30年の間に女性を取り巻く環境は激変しました。
仕事における責任の増大、核家族化が進んだことにより家庭における負担の増加など、以前に比べてストレスを受ける時間が長くなってきていることがその一番の原因とされています。また、食の欧米化が進み、肉や脂肪を取り入れることが多くなってきたこともその原因とされています。
さらに、日常的に口にしている食品などに含まれる化学物質や、医療機関で処方される医薬品などの副作用も体にはストレスなって悪影響を及ぼすことが様々な研究によって解ってきています。
ジャンクフードを食べるネコ
若年性更年期障害は通常の更年期障害に比べて、その症状は重く、症状の発症期間も長く、発生頻度も多いことが特徴としていわれています。
また、早期閉経を迎えた人はそうでなかった人よりも将来の心臓病や脳卒中のリスクが高いという研究発表もなされています。
将来に渡って健康であるためにも若年性更年期障害や早期閉経になってしまうリスクは極力減らしていくようするべきです。

更年期障害の辛い症状を和らげる対処方法

更年期障害の症状は人によって異なりますし、その感じ方も千差万別、これといった法則がありません。ですから、その症状を和らげる対処方法も様々です。
まず、更年期障害を発症するメカニズムを正しく理解し、自分の症状がなぜ起こっているのか理解したら、症状を和らげるための対処方法について知っておきましょう。

ホルモン補充療法

水と薬

更年期障害の原因とされる女性ホルモン(エストロゲン)を体内に補充する治療方法です。飲み薬や貼り薬などで処方されるホルモン剤を摂取するもので、専門の医療機関で診察を受けてからでないと実際に試すことはできません。
本来、体内で生成されるホルモンを人為的に補充することから、様々な副作用があることが解っています。
なかでも、不正出血や乳がん罹患のリスクは命に関わる副作用といえるでしょう。
もし、更年期障害の症状が重いため、ホルモン補充療法による治療を希望される場合は、治療について、しっかりと調べ、担当医ときちんと副作用などについて話し合ってから治療を受けることをおすすめします。

プラセンタ注射

注射器

ヒトやそれ以外の生物の胎盤から生成されるのがプラセンタです。注射で使用されるのはヒトプラセンタのみです。
プラセンタに含まれるたんぱく質より細胞の新陳代謝を促し、更年期障害による肩こりや不眠症などの症状を緩和することができるとされていますが、ホルモン補充療法と同様に副作用があることが確認されています。
また、一度でもプラセンタ注射をしてしまうとその後は献血を行えないことになっています。これは人から人への感染症の伝搬を防ぐためです。

医療用医薬品

お薬手帳

更年期障害によるうつ症状が酷い場合などに、医療用の医薬品を処方されることがあります。効き目が強い分、副作用も強いことが確認されています。
また、医薬品を服用することで閉経の時期が早まる場合がありますし、基本的に症状を緩和するための対処療法であるため、その場で、症状を抑え込んでも、また再発する可能性があることを理解した上で処方してもらうようにしてください。

食事療法

ナイフとフォークを持つクマ

前述の3つの方法は、対処療法の効果の面でいえば、即効性は非常にありますが、副作用もあります。
それに比べれば、食事による対処は、効果の面では、即効性はありません
しかし、きちんと栄養バランスの考えられた食事をとることは、健康にとても良いことです。女性にとって大切な栄養素を含んだ食品をバランスよくとることで健康的な日常生活を取り戻すようにしましょう。また、他の治療法と一緒に行うことで、非常に大きな効果をえることができます。

運動療法

ラジオ体操をするネコ

症状の緩和には、適度な有酸素運動が効果的という研究結果もありますので、ラジオ体操や軽いウォーキングなどから、定期的に始めてみることをおすすめします。
有酸素運動を取り入れることにより心身のリフレッシュをはかり、循環器や呼吸器などの働きを活発にさせることは更年期障害だけでなく、食事療法同様に健康的な生活には大切なことです。
ただし、更年期に該当する方は、日常生活において、色々な責任を負って、非常に多忙な日々を送られていることが多いものです。そのような方は日常的に運動不足であることがほとんどです。その場合、急に運動を始めると、却って体を壊す結果になる場合がありますので、あくまでも強度の緩い運動から徐々に始めていくようにしましょう。

ストレス発散、禁煙

禁煙をすすめる女性

最初の方でも述べましたが、近年、生活環境の変化によるストレスなどで、20~30代の若い女性の方に更年期障害に似た症状を訴える方が増えています。
また、年齢的に更年期障害を発症されていると思われる方の多くも様々なストレスを抱えていることが多いです。
ストレスが症状を悪化させるという報告もあるので、ストレスをきちんと発散することは、更年期障害の症状を緩和するためには必要不可欠なことです。
前述の運動療法を取り入れて、軽い運動で汗を流すとか、自分の好きなことに没頭するなどというのも有効な手段です。また、もし、喫煙をされている方ならば、禁煙をするということも有効なストレス解消の手段といえます。
ただし、夢中になるあまり、却ってストレスを溜め込んでしまわないようにすることも大切です。

高麗人参などの漢方薬やサプリメント

サプリメント

最初に上げた専門の医療機関を受診しないといけない治療法や医薬品、また、ドラッグストアで購入できる更年期障害の症状を緩和するためのものは、どうしても副作用がつきまといますし、治療に時間を要する場合も少なくありません。
それに比べると、元々が自然由来の成分なので副作用もすくなく通販サイトなどで手軽に購入できる高麗人参などの漢方を服用することも有効な治療法です。
特に、高麗人参には、以下のような更年期障害の原因を取り除くためのサポート力が期待されています。
  • 自律神経に働きかけて、バランスを整える助けをする
  • めぐりの改善をサポートする
  • ホルモンの分泌を助ける
  • 自分のその時の状態によって量の調整が簡単にできる

まとめ

更年期障害は、加齢に伴い体内の女性ホルモンの分泌量が減ることに体が適応できずに、不調を感じる障害です。

ですから、減ってしまった女性ホルモンの量に体が適応すれば、徐々に症状は緩和されますから、どなたでもいずれ、時が経てば、症状は消失します。
ただし、適応力は個人差が大きいので、まったく不調を感じずに済む人もいれば、寝込んでしまうほどの人います。
また、発症してもすぐに治まる人がいれば、60代になっても症状が続く人もいます。
その人にあった対処方法を適切に取り入れることにより、少しでも症状を緩和できるようにしましょう。
そのサポート役として、副作用が少なく、手軽に取り入れることが可能な高麗人参を取り入れてみるのも選択肢の一つではないでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参