40代後半~50代でいつからか更年期障害の症状がひどくなり、「これっていつになったら終わるの?」と思い始めている人は多くいます。

お医者さんに聞いたとしてもその期間には個人差があるためいつまで続くであろうという判断は誰に相談しても断言はできません。この年代は子育て、子供の旅立ち、親の介護などさまざまな生活の変化や忙しさが影響し、更年期障害のつらい症状をさらに悪化させてしまったりします。

更年期に襲いかかって来る症状は体調不良に留まらず、精神的な症状としてもイライラやうつといった症状として影響が出てきます。

しかし、ここでひとついえることは、更年期障害は必ず終わりがきます。それは、更年期障害は病気ではなく、女性が閉経を迎えるための準備と、その後の体内環境調整のためだからです。

この記事ではそんな更年期障害が終わるまでの間に注意すべきことを詳しく解説していきたいと思います。

更年期障害の症状はいつか治るというのはホント?

涙をハンカチでぬぐう女性

更年期とは45歳から55歳頃までの閉経を迎える前後10年間のことを指しますが、更年期障害とはその際に起こるさまざまな体調不良のことをいいます。

閉経に伴って卵巣は機能低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されなくなります。そのエストロゲンが不足した状態に体が適応できず、ホルモンバランスが崩れ、更年期障害の症状を発症します。

この更年期障害のつらい症状が続くと、一体いつまでこの症状が続くのか分からずに途方にくれてしまうこともあるともいます。

しかし、基本的にはこの10年間を過ぎると体内環境も慣れとともに整うことで、更年期障害の症状は自然と治癒されていくのです。また、その症状については人によって重さにバラつきがあり重い症状に悩む人もいれば、ほとんどその症状を感じずに閉経を終える人もいます。

そしてその期間もバラバラで、つらい時期が2年~3年続く人もいれば10年間もちょっとした更年期障害が続いてしまう人などさまざまです。

そうとはいえ、更年期障害の症状が起こる原因は病気とは違います。加齢による体内環境の変化なのでいつかは必ず治まるということです。少しは安心できますよね。

それでは更年期障害が治るまでの対策を見てきましょう。

更年期障害が治るまでに注意しておきたいこと

更年期障害の症状がたとえ軽いという人でも、生活習慣や外的ストレスに注意をしておかないとだんだんと症状が悪化してしまうという可能性もあるのでこれから挙げるいくつかの点で注意をしてください。

また、更年期障害の症状が重すぎて日常生活に大きく支障が出てしまっているという人は婦人科で診察を受ける必要があるので頼りにできる婦人科を見つけましょう。

規則正しい生活リズムを続ける

ぐっすり眠る女性

どんな体調不良を起こしても規則正しい生活を心がけるよう注意を受けると思いますが、更年期障害のときは特に生活のリズムへ気を配る必要があります。

起床時間にバラつきがあったり、不眠が続いたり、暴飲暴食過度なダイエットなどはホルモンバランスや自律神経のバランスに大きく影響を及ぼします。

特に睡眠は体内環境を整える大切な時間です。夜更かしは止めて、決まった時間に早寝早起きをするように心がけましょう。規則正しい生活は体調面だけでなく、美肌づくりやストレスの解消など、一日の緊張をほぐしさまざまな機能を正常化させるための大事な時間です。

忙しくて寝不足は仕方がないといってしまったら一向に体調は改善されません。ただの睡眠と思わずに大切な時間として時間を作るようにしていきましょう。健康な体こそあなたの資本なのですから。

食生活に注意する

栄養バランスを考えた食事をする女性

更年期は誰もが口をそろえて太りやすいという時期です。

これは避けられないことでもあるのですが、肥満を放っておくと他の病気を引き起こしたり、代謝が悪くなることで更年期障害の症状も悪化したりします。

油っこい食事やケーキなどの砂糖がたくさん入った食べ物には注意しましょう。更年期障害から生活習慣病にかかってしまう可能性も大いにあるからです。

また、アルコールもできるだけ控えて欲しい時期といえます。

アルコールは刺激物ですので一瞬は体が熱くなって、体か楽になるような気がする人もいるのですが最後には体を冷やし、疲労を蓄積させたりします。

ストレスが発散のために、多少の嗜む程度の量であれば問題ありませんが、気づかぬうちに量が増えてしまっていたら本末転倒ですので注意してください。

この時期に食べるべき食材も紹介しておきます。大豆イソフラボンのような女性ホルモンの代わりを担ってくれる成分が配合している食材です。納豆、豆腐、豆乳、きな粉、大豆、高野豆腐などです。これらは毎日の食生活のメニューで何かしら摂り入れるように心がけてください。

それを基本として、栄養のバランスに気を配っていきましょう。

運動不足に注意する

エアロバイクに乗る女性

運動不足もさまざまな病気にかかりやすくなる要因とされていますが、更年期障害にとっても症状が悪化する原因となります。

運動とひとことでいっても何も激しい運動を今から始めてくくださいといっているわけではありません。運動不足の人は急に激しい運動を始めると関節などの足腰を痛めかねませんから、軽い有酸素運動から始めましょう。

ウォーキングはもちろんですが、水中ウォーキングやストレッチ、シニアバレエ、フラダンスなど、あなたが楽しいと思えて継続できるものであれば何でもいいのです。

他にも、かかとのないダイエット用厚底スリッパで掃除機をかけるなど毎日気軽に行えるものでも問題ありません。運動は全身の血液を循環させるにはとても効率のよい方法です。

肩こりだからといってマッサージに通うよりも、簡単な運動を毎日行うほうがずっと改善されるのです。案外運動を始めたら、肩こり、頭痛、冷え、関節痛など更年期障害が簡単に緩和される可能性が高いので何かひとつあなた毎日できる運動を見つけてみましょう。

ストレスの解消法を用意する

マッサージされる女性

更年期という時期はたいていの人がライフイベントを抱えていることが多いです。子供の進学や卒業、就職、夫の転勤や独立、親の介護など自分では思っていなくても環境が変化してく中でストレスを抱えやすくなります。

また、ホルモンバランスと自律神経が乱れやすい状態なので、今までは気にも留めなかった些細なことでもイライラしてしまったり、落ち込んだりしてしまいがちなんです。こんなことが徐々に増えていきますががまんをしてしまっては精神衛生上よくありません。

ですから、ちょっとしたことでも気軽におしゃべりできる同世代の女友達を見つけておくとか、ストレスが溜まらないように調整できる環境づくりが大切です。そしてストレスの発散できる趣味をいくつか持っておいてください。

旦那には内緒でこっそりフレンチのランチを食べにいくとか、エステやマッサージを受けるとかみんなこっそり工夫をしているものなんです。

体調が悪いときは家族や周囲の助けを

笑顔のナース

体調が本当にすぐれなくて家事や掃除が全く手に付かないということもあると思います。疲労感と眠気に襲われて昼間に寝ているとサボっていると思われるからなんとなく休めない、そんな風に思っている主婦の方は多くいます。

疲れているときは旦那や家族からの理解と協力を得て、しっかり休むなどして体調を取り戻せる時間を作りましょう。家庭内で更年期障害を抱えているのはあなただけなのですから、みんなどんなにつらく苦しい思いをしているかなんてわからないのです。

そのことを悲観的に考えるのではなく、それが当たり前であるということを前提にしっかり話して見てください。あなたの家族もきっとあなたの体調不良について何が起きているのか知っておきたいはずですから。

また、働いている女性であっても最近は更年期障害への理解は進んできています。

ちょっときついなと思ったら誰かに仕事をふれる状況を作っておきましょう。40代50代になると職場での責任は大きくなる一方で仕事を誰かにふることができなかったり、または責任感が強くなってしまいパートさえも休めなかったり、そんな悩みを抱えた働く女性も多いです。

しかし周囲からはあなたの体に何が起こっているのかなんて家族以上に分からないはずです。「最近、更年期の症状で体調がよくなくて…」とひとこと伝えておき仕事を頼める状況を作っておきましょう。

更年期障害の助っ人サプリ

キラキラしている元気な女性

このように更年期障害が治るまでに注意したいこと、気をつけておきたいことを並べてきましたが、そうはいっても目まぐるしい忙しさの毎日を過ごしている人にとっては取り組みにくいことも多かったかもしれません。

そんな人には時間がなくても更年期障害の症状を緩和に導いてくれる助っ人サプリメントを紹介しておきましょう。

それは“高麗人参”のサプリです。高麗人参とは中国医学で用いられる漢方にも使われている食材ですか、有名どころでいうとサムゲタンや薬膳鍋がイメージしやすいと思います。

日本には売っていないのでもちろん日本料理にも使うイメージがないと思いますが、韓国や中国などでは体を温め、自律神経のサポート、免疫力の向上など、さまざまな効能が認められ、万能薬として流通しています。日本でいうと薬用養命酒に近いでしょうか。虚弱な体質改善や、風邪予防にも効果的で、朝鮮半島では長く愛されています。

この高麗人参はなかなか日本では入手できませんが、サプリメントであれば手軽に時短で更年期ケアができ、その効果も期待できるというわけです。時間と場所を選ばずに摂取できるので更年期障害の症状が自然治癒するまでの期間に常備しておくといいかもしれません。

また、生活リズムの改善にも役立ちます。高麗人参にはホルモンバランスと自律神経のバランスも調整してくれる作用があるので「昼はバリバリと動けて夜はぐっすりと眠りたい」という人に最適です。

高麗人参サプリは今となってはたくさん流通しているので安全な高麗人参を使ってしっかりとした実績や機関で作られているものを選びましょう。

更年期障害の治るまでに注意して起きたいことまとめ

“更年期障害は、いつかは治る“ということはお分かりいただけたと思います。
ただし、人によっては本当につらい時期が続いてしまうという人もいます。

そんな更年期障害症状が悪化してしまう前に、食生活の改善や適度な運動を本格的に始めてみましょう。規則正しい生活をすればいいのですからそこまで難しいことではないはずです。難病になってしまってからそれを治すことを考えれば、生活習慣はあなた次第で変えていくことが可能です。

また、ストレスの解消は当たり前ですがお酒や暴食などではいけません。あなたが楽しいと思えることがストレスの解消法です。こんなに簡単なことはないはずです。若かりし頃に戻ったつもりで新しい何かを始めてみるのも、とてもいいストレスの解消法になるでしょう。

そして、旦那や家族の力を借りることを拒まず行ってください。いざ、困ったときに助け合えるのはあなたの家族です。更年期障害はあなたの考え方次第で少しずつ改善・緩和へ向かっていけることでしょう。女性みんなで明るく元気に立ち向かっていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。