40代50代を過ぎた頃に、のぼせやほてり、吐き気や下痢、食欲不振などこれって更年期障害の症状なのか他の病気なのか、いまいち分からないということも多いかと思います。

この頃の体調不良はさまざまな症状が起きるので、まずは内科ではなく婦人科の受診をおすすめします。この時期女性の体内では卵巣機能が徐々に低下するにあたり、体内環境に変化が起きている時期です。

少しでも「これって更年期障害かも」という自覚があるならば婦人科を受診し女性ホルモンの検査を受ける必要があるでしょう。そこでもし、女性ホルモンに異常が見られないのであれば更年期障害以外の病気の可能性があるということですので、改めて内科など該当する他の科を受診するようにしましょう。

この時期に安易に違う科で受けてしまうと重要な根本の原因が発見できずに、正しい治療を行えない可能性があります。婦人科で自分の体の状態について知ることから始めましょう。

更年期障害は内科でも検査が可能

病院

更年期障害のような症状が出た場合には基本的には婦人科または、更年期外来を受診したほうがよいといわれています。更年期障害が起きる原因はホルモンバランスの崩れだからです。

しかし、場合によっては婦人科以外の内科や心療内科精神科を受診しなければいけないケースもあります。例えば女性ホルモンのバランスが崩れると、太りやすかったりする場合があるのですが、血液中のコレステロール・中性脂肪の値が急激に上がっていたら、内科でコレステロールを下げる治療をしなければいけなくなります。

また、骨密度が低下し骨粗しょう症を引き起こしているとしたら、内科を含めて整形外科、外科という選択肢もあるでしょう。うつや不安、意欲低下といった症状であれば心療内科と精神科が専門になってきますので、こちらの病院を受けるほうがよいということです。

ややこしく感じるかもわかりませんが、婦人科は更年期障害などの婦人に特化した病を得意とし、その他の病院はそれぞれ得意としている分野が異なるのでその症状に合う病院を選び、受診してくということも選択肢のひとつなのです。

また、内科は内科でも更年期障害の診察や治療が得意な医療期間も最近では特に増えてきたように思います。高年齢社会で更年期世代が増加していることもひとつの原因と考えられますが、生活習慣病のように更年期の症状はホルモンバランスの崩れだけが原因というわけではなくなってきているのです。

もし、更年期障害も得意としているといった情報がネットなどで事前に調べられていて自分に合いそうな病院が見つけられたとしたら、内科を受診してみてもいいでしょう。

更年期障害を調べるとき、内科・婦人科の血液検査は同じになるの?

血液検査

内科と婦人科では専門とする分野が違うといいましたが、同じ血液検査を実施する場合でも検査内容が異なってきます。

例えば内科の一般的な血液検査で調べることは、赤血球、白血球、血小板などの割合から貧血、アレルギー疾患、肺炎、白血病、肝硬変などの主な病気の検査から、がん、生活習慣病、高脂血症や肥満、糖尿病や痛風、腎機能、肝機能など約2000項目の検査が可能です。これらはあなたの症状に合わせて詳しく検査することとなります。

もし、更年期障害の他に気になる病や心当たりがあるとしたら内科の血液検査は有効です。

さて、婦人科はどうかというと血中のホルモンの値を検査し基準値と照らし合わすことで更年期障害が起きているか判別します。
検査の項目としては、女性ホルモンであるエストロゲンの一種、エストラジオールの濃度や、卵巣を活性化させる卵巣刺激ホルモンの数値、好中球・リンパ球の数値で交感神経、副交感神経の数値をみて自律神経のバランスを検査します。

数値によってホルモンのバランスと自律神経のバランスが表わされることによって更年期障害のどんな症状が自分に起きているのか突き止めることが出来るのです。またその数値によってかかりやすい病気というのも分かるので事前に婦人科で血液検査をしておくとかかりやすい病気も判明できます。

結論をいうと、内科と婦人科の血液検査を大きく分けると内科は健康や病気に関する検査をしてくれ、婦人科では女性ホルモンの量を検査してくれるということです。ですので、更年期障害で内科を受診することも悪くはありませんが、専門的な婦人科をまず受診することがおすすめとされているのです。

血液検査の費用に関して

女性用財布

血液検査の料金は基本的にいくらというよりも病院によって異なるケースが多いのですが、だいたい3000円から10000円くらいのようです。上限が約10000円だとしたら、初診料または診察料、検診料・処置料含め約5000円が相場といえそうです。

しかし、健康保険が利く場合もあれば利かない場合もあるので、実際検査を受けようとしている病院へ問い合わせてから受診するほうが賢明です。ここ最近ではレディースクリニックのような名称の機関が増えていますがとても綺麗な内装でよかったと思っていたら、料金高めに請求されたなんてこともあるので注意しましょう。

一概にレディースクリニックが悪いとはいえませんが、病院とクリニックの違いは医療法によるとベットの数が「20床以上ある入院施設を持つ機関」を病院とし、それ以下の病院はクリニックと分類されています。またクリニックは開設者が医師でなくても開けるという点が大きく違います。

さらに総合病院というくくりになると、さらにさまざまな条件をクリアする必要があります。クリニックはどうかというとこの名称は自由に使用することができるので医療機関でない場合もあるということなのです。

また、検査の結果により費用が変わる可能性もありますのでどちらにしても血液検査をするだけとはいえ、病院選びには気をつけましょう。

病院の待合室

更年期障害で内科を受診することについてまとめ

更年期障害かなと感じたら内科でも受診は可能です。しかし、できれば婦人科または更年期外来を受診してホルモンバランスを調べてみましょう。

内科を受診するという際は、高血圧、肥満、貧血、頭痛などがひどい場合に受診し、可能であればホルモン量も調べてみてください。婦人科には婦人科の病を治すためのノウハウ、内科は内科の病を治すためのノウハウがありますから、更年期障害の根本の原因を撃退するには婦人科へ行き、それよりもひどい症状がでていたらそれの症状に適した他の科も受診しましょう。

どちらの項目も検査のできる内科であれば一番いいのですが、そんなに焦って検査ばかりを進める必要はありません。更年期障害の症状が今後もっと悪さをしてくかどうか、またその予防策、治療法をみつけて取り組むことが大切です。また、綺麗すぎるクリニックは都内だと沢山あるかもしれませんが、「近くて女医さんだし」なんて理由だとしたら多少注意して足を運んでみてください。

あなたの更年期障害が悪化せずに、乗り越えていけますように願っています。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。