40代50代で女性の心配事としてよく挙げられるのが更年期障害の症状です。

仕事では、体調が悪くて打ち合わせに必要な事項を忘れがちになったり、動悸や息切れ、ホットフラッシュに加え、些細なことでイライラしてしまったり、仕事に支障がでてきてしまう場合もあります。

主婦でも頭痛、肩こり、腰痛、足腰の冷えなどの症状で家事が手につかなかったり、車や自転車の運転中にひどいめまいに襲われヒヤッとするような状況を作ってしまったり。こんな困った事態を経験していたら、すぐに病院へ行きましょう

しかしいざ、病院へ行くとなると一体どんな病院へ行くのがいいのかご存知でしょうか?更年期障害の症状はさまざまですが間違った科の病院を受診してしまうと、専門外の病気や症状を正しく治療できない場合があります。

内科?婦人科?それとも整形外科?この記事では更年期障害のときに正しい病院を選べるよう病院の選び方について詳しく解説していきます。

更年期障害の症状は“内科では診られない”場合がある

カルテ

頭痛、めまい、のぼせやほてりを感じると内科にいくべきなのかなと考える人が多いです。
しかし、更年期障害の症状を診察してくれるのは婦人科か更年期外来です。

一般的な頭痛やめまい、貧血といった症状であれば内科で対応できるのですが、もしあなたのその症状が更年期障害で起きている症状だとすると原因は女性ホルモンの低下により起こっている症状となるので、対処法が違ってきてしまうからです。

更年期障害かどうか分からずに内科を受けてしまうと、ホルモンの状態を見るために再度婦人科を受診するようにいわれてしまう場合もあるのです。

そのときに婦人科をおすすめされるならまだいいのですが、風邪薬だけ処方されて終わりという場合もあります。

薬を飲んだときは多少症状が抑えられても、根本的治療にならないのであまり意味がありません。また、うつやイライラ、不安といった症状についても心療内科や精神科でのカウンセリングを受ける人がいますが、こちらでも高い診察料をはらった後に、婦人科を受診するようにといわれるケースもあるのです。

更年期障害の疑いがある人は、まずは婦人科または更年期外来を受診しましょう。更年期障害はほとんどの人が長い期間の戦いとなるので、早めに状況を把握したほうが体にとって本当に必要な治療をすることができるでしょう。

更年期障害かどうかは血液検査が決め手!

採血をする女性

更年期障害で悩まれやすい内科と婦人科の検査内容の違いについて見ていきましょう。
どちらも血液検査がありますが、検査内容は異なるのです。

更年期障害における内科の血液検査

内科の血液検査では血中コレステロールが高くなっているかどうかと、骨粗しょう症かどうかの数値を検査します。

血中コレステロールは今まではエストロゲンという女性ホルモンがコントロールしていましたが、エストロゲンの低下によってコレステロール値が上がり、高脂血症のリスクが高まっている可能性があるからです。

さらに、エストロゲンの低下によってなりやすい骨粗しょう症についても内科の血液検査で検査できます。他にも一般的な病気の検査として、がんや糖尿病などの生活習慣病にかかっていないか、貧血や白血病になっていないか、動脈硬化など血管の状況なども、血液から判断することが可能です。

基本的には普段の健康チェックと更年期障害を原因として引き起こされた病のチェックができる機関と思うと分かりやすいです。

更年期障害における婦人科の血液検査

婦人科での血液検査では女性ホルモンの血中濃度を検査します。ホルモンの濃度を測定することで更年期の数値になっているかどうかを判断することができます。

さらに、婦人科でも血液検査をした際に、高脂血症になっていないか、骨粗しょう症になっていないかも調べてくれる場合もあります。

病院によってその他の検査や検査の順番が違ってくる場合もありますが、他にも超音波の検査で子宮や卵巣の状態を見たり、細胞の検査で子宮がん、子宮頸がんの有無や乳がんの検査などもできたりします。

もちろん検査日は課金されることになりますが、体調不良が重度の場合には、ただの更年期障害ではなく、更年期障害が悪化しさらに婦人特有の病気にかかっている可能性もあるからです。

結論としては、更年期障害かどうかを判断できるのは婦人科、または更年期外来となります。更年期の症状がひどい場合には、更年期障害を専門とした機関を選択し、受診する方が賢明といえるでしょう。

そして生活習慣病やうつ病などに悩んでいるとしたら、婦人科を受けた後にそれぞれを専門とする科にいってく方が適する診察ができるのです。(健康診断と婦人科検診は別物ですから、定期健診はどちらも行ってくださいね。)

病院の前に立つ医師

更年期障害で病院へいくことは最終手段と思っている人へ

ここからは病院が苦手という人へ自宅で更年期障害がセルフケアできる治療法をご説明します。まだ、更年期障害の症状はそんなに重くないけれど事前の対策をしておきたいという人にも有効です。

食事・運動・睡眠の改善

どんな病でも大切だと言われるのが食事と適度な運動、質のよい睡眠です。この3つの柱で体を支えているといっても過言ではありません。

食事の改善

木綿豆腐

まず、食事から体はできています。人間の細胞は1年で全て生まれ変わるといわれていますが、細かく分類していくと赤血球は120日、顔などの皮膚は28日、などどんどん生まれ変わっています。

そのエネルギー源として私たちの毎日の食事も大きく影響しているのです。ですから、栄養バランスのとれた食事はとても重要になってきます。

さらに、更年期で補足して注意したいのは更年期障害の根源とされる女性ホルモンであるエストロゲンをサポートできる食材です。

自分で生成できなくなってきたのであれば食事からサポートすることにも意識をし始めなくてはいけません。

病院ではホルモン注射を勧められますが、日々の食事からも体内へ摂りいれることは難しくないはずです。さらに当たり前ですが注射よりも健康的な方法ですからすぐにでも始めてみましょう。

更年期に意識して摂取したい食品

・豆腐、豆乳、納豆、大豆・・・・・大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きを担ってくれます。
・豚肉、レバー、ハツ、うなぎ・・・ビタミンB2が脂質を分解し高コレステロールを予防してくれます。
・アーモンド、へーゼルナッツ、オリーブオイル・・・ホルモン分泌をサポートしバランスを整えてくれます。
・プロセスチーズ、ししゃも、しらす・・・カルシウムが骨粗しょう症を予防し、骨を強くします。
・きくらげ、さけ、さんま、しいたけ・・・ビタミンDがカルシウムの吸収をサポートしてくれます。

このようにいつもの料理で更年期によいとされる食材を少しでも摂り入れるだけで栄養バランスが変わり、半年後のあなたの体へ影響し更年期障害の症状も緩和されてく可能性があります。

健康的な食事は他にも生活習慣病を予防し、美肌づくりをサポートしてくれるなど、あらゆる良い副産物がありますので参考にしてみてください。

適度な運動

ウォーキングする女性

食生活の改善の次に重要なのは、適度な運動です。更年期は特に太りやすい時期なのでもちろん食べてばかりではいけません。摂取したら消費することで体は循環していきます。

運動とはいっても、激しい運動ではなく、ウオーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動でもいいのです。

減量を目的とするのであればジョギングや水泳などの有酸素運動が好ましくなってきますが、あまり慣れていない運動を選んでしまうと足腰を痛めたり、継続できなかったりする可能性があるので一番簡単なものから始めましょう。NHKででてくるような朝の準備体操だっていいのです。継続できる運動を見つけてください。

睡眠の改善

ぐっすり眠る女性

最近は睡眠の仕方にとても注目が集まっていますが、体は睡眠があってこそ回復します。しかも質のよい睡眠をとることが重要なのです。

ソファーでの昼寝や、週末の寝溜め、明るい場所での睡眠などは疲れがとれないので意味がありません。

決まった時間に、明かりを消した真っ暗な部屋で、寝るとき用の寝巻きを着て静かに眠ることが大切なのです。寝ている間に昼間活発に動いていた神経を休めることで、休むための神経が働き始めます。この生活リズムは体のバランスを整えるのにとても重要です。

ストレスの解消法を見つける

ママ会を開く女性達

更年期はホルモンバランスが崩れる上に、そもそもストレスが溜まりやすい世代でもあります。私の知り合いは夫が退職と共に独立を決め、不安な毎日を過ごしています。

他にも子供を早く生んだ人たちは子供の就職活動や独り立ちにドキドキしているという話題だったり、深刻な話でいうと親世代の介護のことで老人ホームは今やいっぱいで費用が高かったりと、親の病気や近い将来のことも大きな心配事となります。

更年期は些細な心配ごとでもストレスを感じやすいのでその積み重ねで、イライラや、うつや慢性的な不安といった症状を抱えてしまうのです。この小さな積み重ねが更年期にはとても負担になります。

その対処法としてはいくつかストレスを解消できる方法を準備しておくことが重要です。ストレス解消法とは人によって違ってくると思います。

落ち着けることがストレス解消になるタイプの方でいうとエステやアロマテラピー、華道や音楽鑑賞などお金がかからないことでもいいのです。あなたが安心して楽しめるものを見つけましょう。

反対に、賑やかなことでストレスを解消できるという方は、奥様方とのプチ贅沢ランチやお料理教室、好きなアイドルのライブや同世代のママ友とのカラオケなど何でもいいんです。ストレス解消は贅沢なことではありません。体のバランスを保つのに必要なことですから、割り切って楽しみましょう。

市販の漢方薬を試してみる

薬局

更年期障害の市販薬は、病院でもらう薬と比べれば即効性は低いですが第二医療薬品であればドラッグストアなどでも手軽に買えます。有名な漢方薬を紹介しておきます。

小林製薬「命の母A」

デリケートな女性の身体の仕組みを考えて作られた女性保健薬※1です。
13種類の生薬とビタミン類、カルシウムなどを配合※2。血行を促し、体を温めることで、女性ホルモンと自律神経のアンバランスから起こるさまざまな身体の不調を改善し、女性の前向きな生活をサポートします。

※1 女性保健薬とは、女性にあらわれる特有な諸症状の緩和と健康増進の目的のお薬です。
※2 ホルモン剤ではありません。(小林製薬「命の母A」公式HPより抜粋)

タケダの漢方薬「ルビーナ」

ルビーナは、漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」にもとづく製品です。

血のめぐりを良くして体を温めたり、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整えたりすることで体全体のバランスを良くしていき、更年期障害やめまいなどを改善します。

ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、どうき、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などの症状があらわれる更年期障害によく効きます。(タケダの漢方薬「ルビーナ」公式HPより抜粋)

どちらも更年期障害にいいとされる市販薬ですが、生薬の配合の違いがあるのでそれぞれの特徴を自分の更年期障害の症状と確認してから合うものを選ぶようにしてください。

ただし、どちらも第2類医薬品なので重篤な副作用の可能性があるということ事実です。異変を感じたらすぐに医者へ相談しましょう。

サプリメントを利用してみる

ボトルに入ったサプリメント

サプリメントであれば何時でもどこでも手軽に摂取できることから、継続しやすいので体質改善や更年期障害の症状の予防まで、更年期障害に負けない体作りをすることができます。

もちろん食餌療法と同じで即効性は少ない場合もありますが、安全で効率のよい選択肢といえます。サプリメントであれば医薬品ではないのでほとんど副作用の心配はありません。

〇大豆イソフラボン・・・大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きをサポートすることで有名です。食事でも摂取しやすい成分ではありますが、継続的な摂取をしなければ意味があまりありません。サプリメントで摂取すると一日の摂取量に制限があるのでそれだけ注意してください。大豆イソフラボンは美肌づくりやコレステロール値の低下、骨粗しょう症予防のためにもいいでしょう。

〇ローヤルゼリー・・・ローヤルゼリーは働き蜂が花粉や花の蜜を食べ、体内で分解・合成することによってできる物質で女王蜂とその幼虫だけが食べることのできる栄養満点のクリーム状の物体です。その効果はホルモンバランスや自律神経のバランスを調整してくれて、寿命が延びるともいわれています。お値段が高価なものが多くピンきりなところが難点ですが、価格が気にならない人にはいいサプリメントといえます。

〇プラセンタ・・・プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、サプリメントで使用されているのはブタやウマの胎盤を原料としています。野生の動物は出産後、体力回復のために自らの胎盤を食べてしまうそうでそれくらい胎児を育てるための栄養素が詰まっています。そんなサプリメントです。病院ではプラセンタの注射も勧められますがサプリメントであればいつでも摂取できるので継続しやすいでしょう。

〇マカ・・・マカとは南米ペルーの標高4000mの場所に植生していて、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸を豊富含む植物です。マカは男性の精力サポートとして有名ですが、最近では不妊治療や更年期障害への効果も注目されています。可能性は低いのですが人によっては基礎体温の変化や下腹部の痛みを感じる場合があるのでそのときはすぐ病院で相談しましょう。

〇エクオール・・・エクオールも女性ホルモンに似た働きをする成分ですが、大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されるときに生成される成分で日本人の1/2人しかその成分を作り出すことができないといわれています。大豆イソフラボンを普段から摂取している人はエクオールのサプリメントを試してみるのもいいかもしれません。
このように忙しくてもサプリメントであれば手軽に摂取することができるので何かのサプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

更年期障害で受けるべき病院についてまとめ

更年期障害の自覚が少しでもあるのであれば内科ではなく、“婦人科または更年期外来”を受診しましょう。

内科と婦人科では診察できる内容が違うので、始めに婦人科の血液検査受けてから、更年期障害でない場合にはその症状の専門の科を受けるといった順番で検査をしてください。私生活に支障をきたすほどの症状であれば婦人科を受診しましょう。

また、病院へ行くことに躊躇いがある人は自宅でできるセルフケアの方法をいくつか試しましょう。

更年期障害は生活習慣乱れからも影響を受けている場合があるので、ホルモンバランスと自律神経のバランスを整えることを意識して食事の改善やストレスの発散を心がけましょう。

食事のサポート役にはサプリメントを追加してみると症状緩和の期待大です。あなたの生活習慣を少しずつ改善し、症状がひどい場合に必ず婦人科を受診するようにしてくださいね。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。