足のふくらはぎや太ももがむずむずするような不快感を感じ、眠れないまたはじっとしていられないといった症状で悩んでいませんか?実はこれらの症状は更年期障害に関係して起こることがあるんです。
むずむずという感覚は人によっては、かゆいと感じたり、ピクピクする感じがしたり、虫が足の中を這っているような感じがするといったように表現に幅があり、これらを称してむずむず脚症候群とも呼ばれたりしています。
このむずむずが起こると、不快感により座っていたり、じっとしていられなくなり、ストレッチをしたり足を動かしたりすることで何となく緩和されたりしますが、突然起こるため困るタイミングもあります。
更年期障害になってさまざまな体調不良が起こることは理解できますが、足のむずむずとは一体どんな関係があるのでしょうか。この記事では更年期障害で起こる足のむずむず感の原因について、そして効果的な対策とは何か確認していきましょう。

更年期障害とむずむず脚症候群について

泣いているうさぎ

足のむずむず感とは「むずむず脚症候群」または「レストレスレッグス症候群」という病名があり、その原因は神経疾患によるものであると考えられています。
むずむず脚症候群は「特発性(一次性)」と考えられる脳内の神経伝達物質であるドーパミンの機能障害や鉄分の欠乏または遺伝的なものが原因とされる場合と、「二次性」といわれる他の何らかの病気によって引き起こされているもの、この2つに大別されています。
このむずむず脚症候群を発症していても、「なんとなくむずむずが続くだけ…」と思ってしまい放置してしまうケーズが多く、その患者数は潜在的な患者を含めるともっと存在しているであろうと考えられています。
しかし、このむずむず脚症候群を放置してしまうとどうなるのでしょうか。それでは特発性(一次性)と二次性についてそれぞれの症状と原因別にみていきましょう。

むずむず脚症候群の原因とは

説明する女性

「特発性(一次性)」の場合

特発性で起きるむずむず脚症候群の起こる原因は脳内の神経伝達物質であるドーパミンの機能障害や鉄分の欠乏または遺伝的なものが原因という説がありますが、実はそのメカニズムはあまり未だ解明されていません
症状としては足のむずむずするような不快感が日中の家事や仕事の妨げになったり、日中に限らず就寝前まで続く場合には、寝返りを打ったり、足を動かさないと不快感が続いてしまい、そのため眠れなくなってしまうのです。
これは我慢しようにも我慢できない症状で動いてはいけない状況に起こると集中できずにかなりのストレスと負担がかかります。

「二次性」の場合

二次性のむずむず脚症候群の起こる原因は何らかの病気によって引き起こされているということになるので放置してしまうとその本の病気が悪化してしまうと重病化してしまうといった可能性が高まります。
例えば基礎疾患としてあげられる病としては、鉄欠乏症貧血、パーキンソン病、関節リウマチ、慢性肝不全など、このような病の初期症状である可能性もあります。
さらにはビタミンBや葉酸が欠けていることでむずむず脚症候群が起こっている場合もあるのです。このような基礎疾患には早期発見が症状改善の大きなカギとなります。

更年期障害とむずむず脚症候群の関係と治療法について

病院

むずむず脚症候群はそもそも40代~50代頃に多くみられます。この時期は更年期障害の時期と丁度重なっている時期であることから更年期障害との関連性を疑う方が多いです。
しかし、このむずむず脚症候群発症する原因として一番有力説とされているのは「ドーパミンの機能障害」と「鉄分の欠乏」です。
そんな中で、更年期障害と関連性があるとすればむずむず脚症候群の原因とまではいいきれないものの、更年期にはストレスや体調不良が重なりやすいのでそれが不眠に拍車をかけてしまったりして症状を悪化させてしまっている可能性があるのです。
不眠の症状がひどく、日中の活動などに影響が出てしまっている場合には神経内科を受診するようにしましょう。このような症状で病院を受診すると薬物療法を受ける場合があります。
ドーパミンの機能障害の場合にはドーパミン作動薬を使用した治療や、鉄欠乏症の場合には鉄剤を投与していく治療法、そして睡眠が取れない人には睡眠導入剤といった薬物の処方が考えられるでしょう。
薬物を使わずにむずむず脚症候群を改善していく非薬物療法を行っていくとすれば症状を悪化させる刺激物としてカフェイン・アルコール・たばこを控えることに加え規則正しい生活を送ることで抵抗力を回復させ神経のバランスが整いやすい体内環境を作ることから始まります。
意外とこの非薬物療法でもこのむずむず脚症候群が改善されることもあるのでまずは初期症状を感じたらこの対策を始めてみることも有効な手段といえます。

まとめ

更年期障害と足のむずむず感の関係性には決定的なものがあるとはまだ医学的には言い切れませんが、同時期の起こりやすいということは確かです。
いくつかの症状が併発し、それぞれを悪化させてしまうのが更年期障害とむずむず脚症候群の特徴であるのでまずは基本的な生活習慣の見直しとして質の良い睡眠と食生活の改善、そしてアルコールやカフェイン・たばこなどの制限を始めてみましょう。
これらは更年期障害にもむずむず脚症候群にも非薬物療法としての効果も期待できます。ただし、むずむず脚症候群で不眠が続くように普段の生活に支障が出てしまっているようであれば早期脱血に神経内科を受診しましょう。
更年期障害であれば婦人科です。我慢できる程度の症状であったとしても何でも早期対策が症状改善への近道であることには代わりないので、ひとつずつでも改善を試していってくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参