母親の更年期障害の症状がひどい場合、将来自分にも遺伝しているんじゃないかって心配になりませんか?

更年期障害で母親が激太りしてしまったり、頭痛やめまい・ホットフラッシュに悩まされることもあれば、性格が激変しヒステリックになってしまったり、家族としてはとても心配になるような症状が娘である自分にも起こるかもしれないと思うとなんだか更年期という年代がやってくるのが恐ろしくなる人もいるかと思います。

そもそも50代前後でやってくるといわれている更年期障害はどのようにして起こるのでしょうか。

また、遺伝によって同じような症状を発症する可能性はあるのでしょうか?
まずは更年期障害の遺伝性と更年期障害を回避する予防策とはどのようなものか確認していきましょう。

更年期障害の症状の遺伝性について

母と娘

母親から娘へ遺伝しやすい症状として月経痛の重さや肥満度合い、お酒の強さなどが遺伝するとかしないとかいろいろな話がありますが、更年期障害の症状の重さや症状が遺伝するかどうかについては医学的にいうと、「必ずしも遺伝するとは限らない」という結論に至ります。

一見、母娘では体格、体質、食生活の好みなどが似ていることが多いので同じような症状を発症しやすそうに思えますが、姉妹で考え方や生活習慣、趣味嗜好が異なるように母親とも全てが同じとは限らないからです。

逆にいえば母親にはほとんど更年期障害の症状が起こらなかったからといって、娘にもそれが起こらないという保障もないということになります。

それでは更年期障害とはどのようにして起こるのでしょうか。

更年期障害が起こるメカニズム

1 女性の閉経の時期にやってくる
・・日本人女性は50歳前後で閉経を迎えるといわれており、その前後約5年間に女性ホルモンが急激に減少することでホルモンバランスが乱れ更年期障害の症状を発症します。この更年期障害による症状は女性ホルモンが少ない体内環境に慣れるまで数年間続きます。

2 生活習慣が乱れている人ほど症状が重くなりやすい
・・・食生活が脂っこいものばかりを食べ栄養バランスが崩れていたり、質の良い睡眠をしっかりと取れていなかったりする人は女性ホルモンのバランスの乱れと共に乱れる自律神経が整いにくい状態にあり、更年期障害の症状がさらに悪化しやすくなっています。

3 ストレスを感じやすい人も症状が重くなりやすい
生活習慣の乱れの他にも、自律神経のバランスが整いにくい人の特徴としてストレスを抱え込みやすいということが挙げられます。過剰なストレスが蓄積されている状態は自律神経に影響を及ぼします。

これらが更年期障害の症状を発症するメカニズムになりますがこれを見る限り、更年期障害自体とDNAには関係がありません。

ただし、例えば家族でも生活習慣や食事の好みが似通っていたり、性格や体質までもが似ていたりする場合には更年期障害の症状が悪化する原因が同じという可能性もあります。ただし、これは更年期障害が遺伝しているとはいえないということなのです。

更年期障害の娘への遺伝性についてまとめ

更年期障害は遺伝によって発症するのではなく、その人の生活習慣や人格、体質によって症状の重さが変わってくるということだったのです。ですから、自分の母親が更年期障害の症状で悩んでいたとしたらその生活習慣に原因がある可能性があります。

もちろん、その人の性格から体質によっても異なるのでさまざまな要因が考えられますが、母親の更年期障害の症状がひどく、自分にも同じ症状が起こることを心配するのであれば、まずは自分の生活習慣を見直し、栄養バランスの摂れた食生活をしているかどうか、適度な運動が習慣化されているかどうか、ストレスを溜めやすい体質になっていないか確認しましょう。

更年期障害予防を開始することは早ければ早いほどいいです。健康的な生活習慣でその他の病気へのリスクも軽減されるはずですから、可能であれば母親と一緒に健康的な生活習慣を取り戻していきましょう

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参