更年期障害で起こる「物忘れ」はなぜ起こるのでしょうか。

昔はなんでも覚えているタイプであったのにも関わらず更年期と呼ばれる40代半ばから50代に入り、自分でも怖いくらいふとした瞬間にふとしたことを忘れてしまうことが増えてきます。

なかなか周囲へは相談できないでいること人が多いのですが、人の名前は思い出せないわ、漢字は一層書けなくなるわ、約束した日時を忘れてしまうわ、そんな状態が悶々と続き、だんだんと注意力も掛けてきて、ついに失敗をしてしまい、自身が無くなって落ち込みやすくなってしまったりします。

このような物忘れは老化のせいとして仕方のないことと思っている人が多いのですが、それは典型的な更年期障害で更年期障害が起こる根本の原因へ対策を打つことで症状改善の効果が期待できるのです。

そんな更年期の物忘れが悪化する原因と対策についてまとめて解説します。

更年期障害で悪化する物忘れの原因とは

困り顔の猫

人間が加齢によって体のさまざまな器官が衰えてくることは仕方のないことなので、加齢と共に脳の記憶に関わる器官が衰え物忘れが増えてくるということも致し方がないことではあるのですが、女性の更年期という時期はその症状が特に強く出ることがあります

この加齢による脳の衰えと別に更年期という時期に体内では変化が起き、この物忘れの症状もさらに悪化させます。

それが更年期という閉経を挟む時期に起きる女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。エストロゲンは多くの人の場合、50歳前後に急激に減少する時期があるといわれていますが、それまで私たちの健康を支えてきた大きな役割がありました。

女性ホルモンであるエストロゲンは肌ツヤや子宮などの婦人科系器官のコントロールだけでなく脳神経の伝達機能を通して、血管の収縮や、コレステロールの吸収の調整、骨づくりのサポート、自律神経の調整など幅広い役割をこなしていたのですが、この更年期の急激なエストロゲンの減少によってこれらの働きに影響を及ぼし更年期という形で表れ、脳においても「物忘れ」という症状がでてしまうのです。

一瞬、物忘れと認知症はひとくくりにされがちですが物忘れは今説明したような脳の機能低下で起き、一方で認知症の場合は脳の一部が死滅してしまい機能しなくなります。

物忘れは加齢によるものと思って放置してしまいがちですが、あまりにも重い物忘れの売位はこのような病気の初期症状の可能性もあるので気になったらすぐに病院を受診しましょう。

さて、それでは更年期の物忘れを予防・防止するためのセルフケア対策についてみていきましょう。

今すぐ試してほしい物忘れ予防・防止対策

泣いている猫

更年期における物忘れは女性ホルモンの急激な減少と加齢によって脳神経の機能低下によって起きていますので、予防と防止策としては女性ホルモンのサポートと脳神経の活性化に焦点を充てることが必要であると考えられます。

1 女性ホルモン(エストロゲン)のサポート

女性ホルモンであるエストロゲンを増やすことはできませんが食事から補充することは可能です。
女性ホルモンに似た作用をもつ大豆イソフラボンをサプリでも食品でもいいので積極的に摂取するようにしましょう。

2 栄養バランスの摂れた食事を

脳は使うだけでも多くのエネルギーを必要とします。偏った食生活をしていると脳の神経伝達にも影響を与えます。

栄養バランスの摂れた食生活への見直しは基本とし、さらに脳を活発にさせるといわれているDHAやEPAを豊富に含むサバ・イワシなどの青魚を積極的に食べましょう。

また、脂っこい食べ物は血液をどろどろにし脳にも栄養がうまく行き届かなくなる原因となるので控えましょう。

3 質の良い睡眠をしっかりとる

脳は眠っている間に昼間に取り込んだ膨大な情報を処理しています。早寝早起きのような質の良い睡眠をしっかりとることで脳の記憶の形成環境を整えることが期待できるので睡眠不足にならないよう気を付けましょう。

4 ストレスを溜めないこと

更年期世代になると自然とやってくる、子どもの独立や夫の定年、親の介護といったような生活環境の変化は気づかぬうちに悩みやストレスとなり、心の負担を抱え込んでしまうケースは多いです。

ストレスは脳への疲労も蓄積させるので、その影響で物忘れなどにつながってしまう場合もあります。ストレスはこまめに発散させるように工夫をしましょう。

更年期障害で起こる物忘れの予防・改善策まとめ

更年期に起こる物忘れは加齢という原因に加えて、女性ホルモンであるエストロゲンの減少がその症状を助長させていたのです。エストロゲンが減少すると脳神経の伝達機能も低下します。

これを食い止めるためにエストロゲンと似たような働きをするといわれるイソフラボンを積極的に摂取して、栄養バランスの摂れた食生活を心掛けましょう。

また、質の良い睡眠をしっかりと取り、溜まりやすいストレスはこまめに発散させる工夫をしてください。更年期という時期はいつもとは体内環境が異なります。

体を大切にすることで物忘れにつながる要因をなくし、物忘れを改善させていきましょう。ただし、症状が重い場合に限っては早めの段階で病院を受診することが得策といえるでしょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。