風邪から美容と健康に凄い効果があると話題のマヌカハニーですが、その効果として更年期障害対策に改善作用があるということで新たに注目を浴びています。
そもそもマヌカハニーって何か知っていますか?
マヌカハニーというとイメージの効能としてはお腹に良さそうで美肌効果が高そうといった意見が多いと思われます。マヌカハニーの主な特徴としては高い殺菌作用です、これが風邪予防、から胃腸の調整といった作用があり、美容と健康に良いとされているのです。
ただし、マヌカハニーの購入をいざ検討すると「はちみつやメープルシロップとどう違うの?」「高そう」「甘そうだけど太らない?」といったさまざまな疑問が湧いてくると思います。
この記事では話題のマヌカハニーの持つ基本的な効能と更年期障害への効果、そしてその選び方について詳しく説明していきたいと思います。

マヌカハニーの効果と更年期障害への作用とは

ミツバチ

マヌカハニーとはニュージーランドに自生している低木でフトモモ科のマヌカという木の花から採れるはちみつのことです。この木自体は5mから8mほどの高さで、白やピンクの花を咲かせます。
味と香りは普通のはちみつと比べると若干のくせと香りがあり、濃厚なビターテイストのはちみつです。
なぜこのマヌカから採れるはちみつが良いのかというと、マヌカハニーはかつてニュージーランドの先住民であったマリオ族が怪我や病気の治療に使用していたという古い歴史もあり、普通のはちみつに比べるとより高い殺菌効果を持っているという部分が特徴的で、民間医療だけでなく近代医療でも効果があるのかどうかについて研究が重ねられています。
もともと栄養価も高いのですが、さらに加えて優れた抗菌作用があることで、風邪や疾患といった体の不調を効率よく改善へと導いてくれ、長年改善できなかった胃腸疾患に驚く効果がみられたといった事例が話題となり、より注目されているのです。そしてそんなマヌカハニーの効能の中で一番有名なのは、ピロリ菌に対する殺菌効果です。
ピロリ菌とは「ヘリコバクター・ピロリ」という正式名称を持ち、初期症状は下痢や胃炎と行った症状を引き起こし、ゆくゆくは胃潰瘍から十二指腸潰瘍や胃がんといった病気に根源ともなり得ます。
マヌカハニーにはそんなピロリ菌の抑制作用から、風邪やインフルエンザの予防、虫歯や歯周病などの予防にも効果があるので体の免疫力が低下している更年期にはとてもいい食材だったのです。

マヌカハニーを摂取するときの注意点と効率的な食べ方

顎に手を当てるフクロウ

マヌカハニーを摂取するときに一番気を付けていただきたいことはその品質とグレードです。マヌカハニーと書かれているだけではもちろん効果のない商品も存在します。
マヌカハニーが流行したての1990年代後半にはそんな商基準が明解でないまま、ただのはちみつに近いマヌカハニーがどんどん売れていってしまったという背景があるようです。
そんな中、ついにいくつかの研究機関によって「UMF」というマヌカハニーの殺菌作用を数値化した単位が発足され、UMFという新しい規格が誕生したのです。UMFとはマヌカハニー含まれる特殊な殺菌成分である「食品メチルグリオキサール」という成分にどのくらい抗菌作用があるのかを示す単位です。
例えばUMF10+という記載が合った場合にはフェノール水溶液10%と同じくらいの抗菌効果が期待できるということになります。また、UMFという単位の他にも最近では「食品メチルグリオキサール」自体の含有量を示す、「MGF」という単位も一般的に認知されてきました。
目安としては「UMF10+・MGF100+以上」のマヌカハニーを選ぶと免疫力の向からピロリ菌や各胃腸疾患に効果的であるといわれていますので、いざマヌカハニーを購入するときにはUMFとMGFの値に注意しましょう。
もちろん、この数値が高ければ高いほど価格も上昇していきますので、UMF10+・MGF100+を最低必要な数値とし続けやすい価格のものから選んでみるのもいいかもしれません。
また、マヌカハニーの食べ方ですが加熱しないで食べるということが重要です。そして空腹時に5ml〜15mlを1日3回ほど直接食べるのが効果的です。また、驚きの効能としてはこのマヌカハニー就寝前に食べると虫歯予防と口臭予防になるためおすすめであるということです。
もちろん、これまで述べたような抗菌作用が高いマヌカハニーに限っていえる効能ですが、ここまで虫歯や口臭予防にまで抗菌作用があるとは驚きですよね。
最後に、念のため注意して頂きたいのが1歳未満の乳幼児にはマヌカハニー及びはちみつを与えてはいけないということです。これは厚生労働省からもボツリヌス菌という稀にはちみつ類に含まれる菌に新生児は抵抗できない場合があるので注意喚起が促されています。

まとめ

更年期障害の改善にマヌカハニーは直接的な改善効果を持っているというよりかは、更年期に低下しやすい免疫力のサポートに風邪予防から胃腸の調整、そして虫歯や歯周病対策に高い効果が期待できるということでした。免疫力や胃腸の調子が整うと肌の調子や体の調子が良くなるのはあたりまえのことですね。
それが数値化していてそれから選べるなんてとても理にかなっていると思いませんか?
更年期障害対策にマヌカハニーを始めるとすれば女性ホルモンのバランスをサポートしてくれる食品またはサプリメントと併用してみるのもいいかもしれません。
マヌカハニーは品質とグレードが上がれば上がるほど高額にはなりますが、その分高い抗菌作用が期待できますし、直接食べる他にも、ニキビに直接塗ってアクネ菌をやっつけてくれたり、パックに数滴垂らして保湿力を高めたりいろいろな使い方が存在しているので自分で調べてみてマヌカハニーの持つ効果を試してみるのもおすすめです。
話題のマヌカハニーを是非、更年期対策のうちのひとつ手段として、摂り入れてみてはいかがでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。