女性の更年期の始まりの多くは、だんだん生理不順になることから始まります。

その他に更年期の体の変化とともに起こる症状は個人差がありますが、精神面における症状が強く出る人の場合、些細なことでくよくよしたり、不安でたまらなくなったりすることが増えてくることがあります。

なんだかこの先の将来を不安に感じたり、対人関係で悩むことが増えたり、訳もなく家族が危ない目にあってしまうのではないかと怖くてたまらなくなったり、とにかくメンタル面が以前より弱くなるのです。

そのおかげで夜も眠れず不眠が続いたり、家に引きこもりがちになったり、生活面でも支障がでてきます。さらにそんな精神状態の中で加えて更年期特有の体調不良が重なることもあります。

これらの原因は一体でしょうか。この記事では更年期のくよくよの原因と対策について詳しく説明します。

更年期に「くよくよ」してしまう原因とその対策について

元気のない猫

更年期障害の症状のイメージというと、一般的には頭痛・めまい、ほてり・のぼせ、イライラという症状を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

実はその他にも精神面で表れる症状として「くよくよ」したり、「不安」になったりする人も多くいます。

くよくよとはいつまでも何かある物事を気にかけて思い悩むことを指しますが、悶々とネガティブで精神的に不安定な状態が続くものの、果たしてこの症状が更年期障害の症状なのか分からずにいるケースがほとんどです。

まずは、自分の「くよくよ」や「不安」という症状が更年期障害の症状なのかどうか判別し、自覚できることが症状改善の鍵となります。更年期障害で精神的にネガティブな心境になる原因としては、脳内のセロトニンが不足するというところにあります。

まず、セロトニンとは人間の体内で重要な役割をもつ三大神経伝達物質の一つで、人間の精神的な部分へ大きな影響を与える物質です。

女性は平均50歳前後の年齢になると更年期とよばれる女性ホルモンである「エストロゲン」が急激に減少する時期を迎えます。

この更年期に突入する時期には個人差がありますが、エストロゲンは私たちの体のさまざまな調整を行っており、セロトニンの働きもサポートしています。

更年期に突入しエストロゲンが減少することによって、セロトニンの活動も低下します。これが更年期の「くよくよ」や「不安」、「うつ」、「イライラ」といった精神的に不安定な症状を引き起こすのです。

それではこれらの原因を踏まえて、更年期にくよくよしないための対策について見ていきましょう。

■女性ホルモンの減少によるセロトニン不足を解消するには・・・

太陽

セロトニンは実は太陽の光を浴びることで活動が活発になるといわれています。

朝起きて太陽の光を浴びてから一日をスタートすると幸福感が増すといわれているのもこの作用が関係しています。
夜更かしなどの生活習慣の乱れによって昼夜が逆転している人はネガティブな思考に陥りやすいのも同じメカニズムが働いているのです。

更年期における生活習慣の乱れはこのような症状を悪化させやすいです。まずは生活リズムを整えることから始め、早寝早起きをし、朝起きたら朝日を浴びることを習慣化させていきましょう。

そしてエストロゲンの低下をサポートするために、エストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンを積極的に摂取するように心掛けてみてください。

大豆や豆腐、豆乳、納豆といった大豆製品は女性の見方です。毎日の生活に習慣として摂り入れる方が効果的です。

■くよくよした時の対処方法とは

くよくよしたり、不安になったりとネガティブな思考になりやすいときは意識してマインドコントロールに取り組むことが重要です。

例えば失敗したときには、失敗したこと自体を思い詰めず、「失敗によって学ぶことができた」とか、「失敗したことで改善策を見いだせた」とか、「小さな失敗のうちに気付けて良かった」といったように、悪いことが起きたからこそ次につながったと考えるようにするクセが大切です。

ウィンクする顔

落ち込んでいるときに、ポジティブな思考に変えていくことは中々簡単なことではありませんが思い詰めたところでいいことはありません。

悶々とした不安が続いているときもメガネを変えて景色を見るように自分の幸せだと思えることに目を向けましょう。くよくよしたり、心情の変化があったりするのは生きている証拠です。

更年期には落ち込みやすいということを理解し、自分をいたわってあげてくださいね。

更年期障害でくよくよしやすくなった時の対処法まとめ

更年期は女性であれば誰もが通り過ぎなければいけない体内環境が変化する時期です。

加齢による女性ホルモンであるエストロゲンの減少は誰にも食い止められませんので、エストロゲンがサポートしてくれていたセロトニンの活動が弱まってしまうのも仕方がないことなのです。

この「くよくよ」や「不安」といった感情を改善するためにはセロトニンの活動を活性化させることが必要です。そんなセロトニンの活動を活性化させるためには太陽の光を目いっぱい浴びるようにし、生活リズムを整えましょう。

また、エストロゲンのサポートとしては、エストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンを食事やサプリメントなどで積極的に摂取するように心掛けましょう。

ネガティブな思考になってしまったときには、考え方を変え良かったことに視点を向けて考えるクセをつけましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。