更年期障害は卵巣の機能が衰えていく時期にホルモンバランスが崩れることをきっかけとして自律神経のバランスまでもが崩れてしまうことによって起きる自律神経失調症の一種です。

更年期障害は個人差が大きく多岐にわたり、ホットフラッシュと呼ばれるほてり、のぼせ、発汗や肩こり、頭痛、腰痛、イライラなどを始めとしたさまざまな症状に見舞われます。

薬を選ぶ上ではこのような個別の一番重い症状から狙い撃ちし処方していくのか、更年期障害の起きる原因となっている「ホルモンのバランスを整える」または「自律神経のバランスを整える」などどの根本的原因から治療を始めるのかしっかり考えた上で、薬を選んでいくことが重要です。

そして症状の重症度も人によって大きく差がありますので、その重症の度合によっても選ぶべき薬を変える必要があります。さらには薬によっては副作用がありますのでこの記事を通してひとつの勉強になれば幸いです。

更年期障害で病院を受診したとき提示される治療法とは

病院

更年期障害で受診する病院はどこかというと、婦人科または更年期障害外来です。ホルモン量の測定や更年期になり易いといわれている骨粗しょう症のため骨密度の測定など専門的な検査をしてくれます。

更年期障害の大元の原因は何かというと、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少です。40代後半から50代前半になると女性の卵巣機能は低下を始め卵巣からエストロゲンが出にくくなります。エストロゲン(卵胞ホルモン)がでにくくなるとその後に分泌されるはずのプロゲステロン(黄体ホルモン)もでにくくなってしまいます。

このふたつのホルモンは正常時は生理の前前期・中期・後期とバランスを調整しながら分泌されますがそのバランスが崩れてしまい、このような指令を担っていた脳が混乱し更年期障害という症状になって現れます。病院ではこの不足してしまったエストロゲンを体外から補充し、女性ホルモンを人工的に補充するような治療法を行っていきます。

エストロゲンだけをと長時間補充してしまうと、子宮体がんを発症してしまうリスクが高まるので、一般的にはプロゲステロン(黄体ホルモン)を加えた補充治療を行います。この治療法は女性ホルモンを人工的に増やすということになるので、体にとっては不自然な状態になりますので副作用という代償があるということに注意をしなければいけません。

あんまりおすすめできる治療法ではないのですが、本当に症状が辛くてどうしようもないときにはホルモン補充療法という手段をとらなくてはいけないケースもあると思います。
以下では病院で処方される薬についてどんな種類があるのか紹介したいと思います。

病院で処方されるエストロゲン補充のための薬

袋に入った薬

まずはホルモン補充療法で使用される薬についてお話します。
国内でよくホルモン補充療法行うときに使う薬は飲み薬、貼り薬があります。

  • エストロゲン単体剤
  • エストロゲン黄体ホルモン配合剤
  • 黄体ホルモン配合剤

このようにエストロゲン単体の薬と、エストロゲンと黄体ホルモンが混合された薬、プロゲステロン単体の薬の3種です。エストロゲンの薬はエストラジオールというエストロゲンを構成する主成分でできており、正しくは「エストラジオール≒エストロゲン」といった関係になっています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠するときや妊娠中に必要なホルモンですが、子作りの必要がない人にも子宮体がんのリスクを減少させるために補充する必要があります。

【ホルモン補充療法の副作用】

先ほどこのホルモン補充療法の副作用の懸念点にふれましたが、エストロゲンもプロゲステロンも「ステロイドホルモン」の一種です。ステロイドの効果と副作用については誰もが知っていることかと思いますがエストロゲンやプロゲステロンはステロイド剤ということです。

また、エストロゲンは増えすぎると甲状腺機能障害の原因となります。つまり、閉経で女性ホルモンが減少することは自然の現象ですがそれを無理やり食い止めるとなると、その他でエストロゲンが密接に関わっていた器官とうまく働くことができなくなり、脳の下垂体や甲状腺、卵巣といった内蔵分泌器系すべての器官で副作用が起きる可能性があるのです。ホルモン補充療法は安易に選択できない治療法といえます。

ショックを受ける女性

自然の食材でもエストロゲン似に作用の成分が摂取できる!?

なるべく自然に近い状態でエストロゲンに似た作用のある成分が摂取できたら体にはとてもいいです。エストロゲン様作用のある成分とは「大豆イソフラボン」と「ザクロ」です。(ザクロは成分の名称です)

大豆イソフラボンとザクロはどちらもポリフェノールの一種です。ポリフェノールは植物成分ですが女性ホルモンのバランスを整える作用に加え、美容や健康にもいいということから注目されています。

ザクロの種などがここ最近またスーパーフードとして話題になったかと思いますが、ザクロという成分はザクロから摂取が可能です。これらを主成分としたサプリメントも多く出回っていますが、このサプリメントに関してはアメリカでは乳がんのリスクを否定できないとのコンセンサスがあるようで誰も買わないようでアメリカの市場では出回っていません。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

ボトルにはいったサプリメント

自律神経のバランスを調整する薬「自律神経調整薬」の効果は

自律神経のバランスを整える薬として処方される薬で自律神経調整薬というものがあります。自律神経調整薬とは交感神経と副交感神経を整えるものですが、人間はこのふたつの神経でバランスをとっています。

自律神経のバランスが崩れると、クラクラするような立ちくらみやめまい、頭痛、疲れやすい、手足が冷えるといった症状に見舞われます。自律神経薬はそのような症状に働きかけるといわれています。

しかし副作用が少ない反面、効果も薄いので更年期対策として試してもいいのですが違う薬や治療法をまずは試してみる方がいいかもしれません。

更年期対策の市販薬品について

錠剤

CMでもおなじみのメーカーが出している市販薬品について見ていきましょう。

◯漢方のツムラ「ツムラ女性薬(ラムールQ)」

『ラムールQ』は、女性特有の諸症状に用いられている中将湯処方に鎮痛効果のあるエンゴサクや鎮静効果のあるカノコソウを配合して抽出したエキスに、センナエキス、8種のビタミンを配合して製したフィルムコート錠です。
「更年期障害」や「冷え症」に伴う「疲労感」、「肩こり」、「イライラ」、「頭痛」、「頭重」等の不快な症状を改善します。

価格:80錠(20日分)1700円、140錠(35日分)2500円

(引用:漢方のツムラ公式サイトより)

◯タケダの漢方薬「ルビーナ」

ルビーナは、漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」に由来した漢方薬です。血のめぐりを良くして体を温めたり、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整えたりすることで体全体のバランスを良くしていき、更年期障害やめまいなどを改善します。
ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、どうき、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などの症状があらわれる更年期障害によく効きます。

価格:180錠(20日分)3080円

(引用:タケダの漢方薬公式サイトより)

これらの市販薬はドラッグストアでも購入も可能ですが第二類医療薬品ですので副作用が出る場合もあります。

副作用のないサプリメントとは

疑問を感じる女性

これまでの通り、更年期障害対策で副作用のない薬や漢方薬はほとんどないのですが、唯一副作用がほぼ見当たらないのが高麗人参です。

高麗人参とは中国東北部で自生している薬用や食用にもちいられる自然由来の植物ですが、その効果はスタミナドリンクなどにも取り入れられるくらい注目されています。高麗人参は日本では生で販売されていないので知らない方も多いのですが、ひとつの高麗人参が育つのには4年から6年は最低でもかかるといわれています。

それほど養分を長く蓄えた高麗人参はホルモンバランスも自律神経のバランスも整えてくれる働きがあり栄養補給の総合バランス食といっても過言ではないそうです。さらに副作用がほぼないことから継続して取り入れても怖くありませんし、体質改善にも有効です。

安全な高麗人参を扱っているところさえ見つかれば、更年期障害の強いサポート役となってくれるかもしれません。

更年期障害で処方される薬たちのまとめ

更年期障害で処方される薬のほとんどは副作用があるので症状の重さに合わせて注意をし、選んでいかなければいけないということがお分かりいただけたでしょうか。

ホルモン補充療法のように効果が高く副作用の確率も高い、といった治療法を選ばなくてはいけなくなる前に、あなたの症状が多少なりとも軽いとしたら今から少しずつ改善できる方法を試していくことをおすすめします

症状が重くなってから対処すると時間やお金がかかったりするケースがほとんどですので、食生活の改善や運動などから始めてもいいと思います。食生活のサポート薬には高麗人参もいいでしょう。サプリであれば簡単に通販などで手に入ります。

しかし更年期障害の薬として第二医薬品などの薬を通販で購入することはおすすめできません。薬が必要なくらいつらいとしたらやはり専門の病院へいって診察してもらってから処方してもらうようにしましょう。医師へ相談してから治療法を選んだっていいのです。あなたの更年期が明るく健やかなものとなりますように。更年期障害で悩んでいるのはあなただけではありません。女性みんなで乗り越えていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参