美容に健康・ダイエットに注目されている黒酢が更年期障害にも作用してくれるということが話題になっています。

そもそもの黒酢人気の理由とは、お酢の持つクエン酸が体内エネルギーの燃焼効果がアップするので栄養が不足しがちなダイエット中でもより効果が高めることや、血糖値の上昇を抑える作用から太りにくい状態を作り出したり、血行促進効果から冷え性の改善を促し、肌の新陳代謝向上と利尿作用にようってむくみの改善など、その効果を並べると女性にとって嬉しい効果ばかりなので人気がでるのも納得できます。

毎日の生活にはちみつ黒酢ドリンクや黒酢をスプーン一杯習慣として摂り入れている女性はきっと多いと思います。ただ、「更年期障害にも効く!?」なんて聞くと万能すぎてなんとなく如何わしいですよね。

果たして黒酢の持つ、更年期障害への効果とは本当のところはどのような作用があるのでしょうか。また、より効果的な黒酢の選び方や飲み方はどのようなものなのか詳しく確認していきたいと思います。

更年期障害における黒酢の効果について

黒酢

まず、普通のお酢と黒酢の違いって何か知っていますか?

普通のお酢は米から作られているのはご存知のことと思います。原料となる精米を発酵させ約4か月という短い期間で発酵させて完成します。

一方、黒酢とは玄米または大麦を原料としじっくり長期期間発酵・熟成させ醸造することで完成します。普通のお酢と黒酢は原料から製造方法が異なっているということです。黒酢に配合されている成分は次のようなものです。

■黒酢に含まれる栄養素

1 必須アミノ酸

黒酢には豊富な必須アミノ酸が含まれています。
私たち人間の身体を構成している物質で内蔵、神経、骨、筋肉、皮膚、血管などすべての部位にアミノ酸が含まれています。

その中で20種類のアミノ酸のうち体内で合成できないアミノ酸が9種類存在し、それらは食事で摂取する以外補給する方法のないアミノ酸であることから「必須アミノ酸」と呼ばれています。

黒酢にはそんな必須アミノ酸が8種類も含まれている上に、それ以外の非必須アミノ酸もバランスよく配合されているのでとても万能な健康食品といえます。

また、このアミノ酸は身体を構成するだけでなく、脂肪燃焼効果効果が期待できるといわれていて、ダイエット中の人や更年期の肥満に悩む人にも積極的に摂り入れてもらいたい食品なのです。

2 酢酸

黒酢の主成分は酢酸と呼ばれるものになります。
酢酸は食欲増進や疲労回復の効果が期待できる成分ですが、この酢酸は体内に入るとクエン酸へと変換されます。

クエン酸は疲労を感じる物質、乳酸を分解してくれて疲労を回復させ、クエン酸を燃焼させることで体内細胞を活性化してくれる作用を持っています。
食欲が増進しても体内が活性化状態にあると、肥満になりにくく代謝が向上するので健康の良いサイクルができるのです。

3 ビタミンB群・ミネラル

黒酢のさらにすごい点は、現代人に不足しがちなビタミン・ミネラルも豊富に含まれているということにです。

ビタミンB2、B6、B12、ナイアシン、葉酸といったビタミンから、カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウム、リンといったミネラルまで、なかなか日常で継続的には摂取できない栄養素を豊富に含んでいるのです。

このような栄養素が更年期障害のさまざまな体調不良にも改善効果が期待できるということは嘘ではなさそうです。

必須アミノ酸による肥満予防からクエン酸による疲労回復や血圧の調整、ビタミン・ミネラルによる身体のむくみや便秘の改善、他にもカルシウムの吸収をサポートし、更年期に起こりがちな骨粗しょう症の予防まであらゆる症状への効果が期待できるということになります。

こんなにいいことずくめの黒酢ですが、その使い方に決まりはあるのか、また摂取方法などはどういったものなのか気になるところですよね。それでは黒酢の使い方をご紹介しておきましょう。

黒酢の効果的な摂取方法と使い方とは

お茶を飲む猫

■黒酢の飲み方

黒酢は毎日継続して飲むことが重要になります。確実に継続するためにはドリンクとして飲むことも効率的な摂取方法ですが、摂取量には注意が必要です。

一日の摂取量は約30mlが理想とされています。大さじでいうと約2杯ぶんですね。これを水で約10倍~12倍に薄めてください。一日にこれ以上の量を過剰に摂取してしまうと逆に身体への負担となりダメージとなってしまう場合があります。また、原液のまま飲んでしまうと胃腸を痛めますので必ず薄めて飲むようにしましょう。

そして空腹時に飲むもの消化器系への負担となってしまう場合があるので食後の摂取がおすすです。冷え性で悩んでいる人はお湯割りにして飲むのも効果的です。

■黒酢を料理に使ってみよう
黒酢を使った料理は案外身近にたくさんあります。酸辣湯(サンラータン)、もずくスープ、酢豚、黒酢のあんかけ(肉団子や白身魚、からあげなど)、黒酢の野菜炒め、黒酢ドレッシングなど工夫次第でなんにでも使えそうですよね。黒酢はあらゆる方法で楽しく食生活を改善できるので一日の摂取量を守り毎日の食生活に摂り入れてみましょう。

■黒酢はサプリメントで効率摂取も○

黒酢のツンとした味わいがどうしても苦手というひとも多いと思います。また、黒酢ばかり飲んでいたら飽きてしまったという人はサプリメントで摂取するというのもひとつ手段です。

最近では手軽に通販などで購入できるサプリがたくさん出ているかと思いますので、なるべく原料や品質にこだわっていて成分も凝縮されているものを選びましょう。

高額すぎるものですと継続できませんから、ある程度手ごろな価格で継続して摂取するということに注力することをおすすめします。

まとめ

やっぱり黒酢のもつ健康への効果は幅広かったということがお分かりいただけたかと思います。黒酢に豊富に含まれる必須アミノ酸とクエン酸で疲労回復効果と燃焼効果を高め、ビタミン・ミネラルが身体のリズムを整えてくれます。

これらの作用は更年期障害で悩みがちな肥満や、むくみ、便秘、下半身の冷えなどの対策には最適です。食べ物で摂取しようとすると一度の食事では摂取できないくらいの豊富な栄養素を含んでいるので、黒酢を料理に使ってみたり、サプリメントで摂取したり、自分に合った方法で習慣化できるよう工夫してみましょう。

楽しく継続できれば更年期障害も症状の改善だけでなく、疲れにくい体づくりをすることも大いに期待できます。繰り返しますが、黒酢を摂り入れる際のポイントは継続することです。これらの使用方法を守って、まずは黒酢生活にトライしてみてはいかがでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。