更年期になって起こるホットフラッシュやめまい、頭痛、頻発月経やイライラなど。女性ならではという症状とはいえその症状が辛すぎて悩んで居る方へ。

更年期障害という症状は個人差が大きく人によっては何も感じずに通り過ぎる方もいれば死にそうなくらい辛い思いをして終わる方もいます。

「家族に相談しても心配されるだけでそうにもならない」
「同年代の人がいなくてなかなか相談できない」

など個人差があるゆえに悩みを抱え込んでしまうケースが多いのが更年期障害です。

これではもっとうつ病のような症状が悪化してしまいますよね。更年期が一刻も早く終わって欲しいという方へ病院での処方と家でできる治療法をいくつかご紹介したいと思います。

この記事を読んだ後にいくつかのあなたの改善策が見つかることを期待します。

更年期障害の症状とその発症する期間について

ためいきをつく女性

更年期とは中高年に差し掛かった女性のことをいいますが、平均的にいうと40代から55歳頃までの「閉経」を迎えるための前後期間のことをいいます。

しかし、ストレス社会である今若年層でも閉経時のようなホルモンバランスや自律神経の乱れを発症する場合が増えてきており、若年性更年期障害という言葉まで存在するくらいですので、40代を超えたらいつ起きるかわからない症状であるともいえるのです。

そうはいっても全て更年期を原因にしていてはいけませんので、まずは更年期障害の症状について詳しくみていきましょう。

≪更年期障害の症状≫

あなたはいくつ当てはまるでしょうか。

□生理不順になってきた
□不正出血が起きることがある
□眠れず不眠が続くことがある
□急にのぼせて、発汗する
□関節が痛い
□動機・息切れがひどい
□イライラや不安を感じることが増えた
□なんとなく意欲が起こらない
□手足が冷える

更年期に突入しこの項目がひとつでも当てはまる方は更年期障害の症状の初期段階といえます。

また、2つ3つ当てはまった方は今後更年期障害の症状が悪化していく可能性があるのでその前に症状の特徴を踏まえその原因と予防策を知っておきましょう。

4つ以上当てはまった方は頻繁に更年期障害の症状に悩んでいる方だと思います。この後に説明する、更年期障害対策で明日からでもできる治療法を学びましょう。

ホットフラッシュのつらい症状。どのくらいの期間続く?

首を傾げる医師

ホットフラッシュとは更年期障害の症状の中で一番発症しやすいといわれています。
だからこそどこまで我慢したらいいのか不安になりますよね。

ホットフラッシュ特有の症状としてはこのような症状が一般的です。

≪ホットフラッシュの症状≫

□頭が暑く感じる
□のぼせ・ほてりが頻繁に起る
□急に暑くなって汗が止まらない
□運動をしなくても汗が流れ落ちるほどでる
□熱っぽさが続く
□ほてりの後、急に冷えを感じる

さて、いくつ当てはまりましたか?

このような症状が頻度でいうと個人差が大きくあり、1週間に数回から1日に10回と大きく違います。1回の時間でいうと数分〜30分近くまでとまさに個人差があります。

しかし、発症率としては更年期の女性の40%〜80%程が発症するといわれており多くの更年女性が悩んでいる症状なのです。ですから無理に我慢する必要なんてないのです。我慢をすることよりも改善していく方を選んで行きましょう。

あとつけ加えたいのですが、更年期の期間とホットフラッシュの期間はイコールではありません。ホットフラッシュは女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下していく際に体が異変に反応して起こります。

逆を言えば初めて生理がきた時の安定までの期間と同じようなことなのです。体がその体制に慣れてくれば必然とホットフラッシュの症状も落ち着いていきます。平均的にはホットフラッシュの症状が続くのは2年といわれています。

これももちろん個人差が大きくありますが、確かに私は2年弱で落ち着いたような気がします。

これはあくまで私と周りのお友達の体験ですが若い頃より急激に体重の増減が合ったり、病気を抱えたり、生活習慣が不規則な生活をしていたりするだけでより症状の期間や重さがちがうんだなという印象でした。

更年期障害の生理不順と頻発月経とは

体調の悪そうな女性

更年期になる頃には女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量はだんだんと減少することで生理不順が起き始めます。

経血量が少なくなったものの、短い周期で生理が来たり、だらだらと少量の生理が続いたり頻発月経に悩まされていると思いっていたら、しばらくすると生理の周期が長くるなど、今までにない不規則な生理不順が起きます。

このような症状は基本的には閉経を迎える前の期間に経験することとなりますが、その期間も人それぞれで2〜3年の人もいれば8年ほど生理不順が続く人もいてかなりの幅があります。

そして最終月経から1年以上生理が来なくなった時に初めて「閉経」と診断されるのです。

生理不順の種類

この閉経までの期間に起る症状としては基本的に以下の種類の症状が起きます。

  1. 頻発月経・・・・24日間以下の短い周期で月経が起きることをいう。
  2. 稀発月経・・・・39日間以上の長い周期で月経が起きることをいう。
  3. 過多月経・・・・通常よりも出血量が多い月経のことをいう。
  4. 過少月経・・・・通常よりも出血量が少ない月経のことをいう。
  5. 不正出血・・・・エストロゲンの低下等が原因で、月経以外のタイミングで出血が起きることをいう。

先ほどお伝えしたように生理不順の時にはホルモンのバランスが安定していないことで起きるのでこの様な症状に加え体はあらゆる不調が起きるのです。

更年期の生理不順発症から閉経までの流れまとめ

生理不順が起るようになってから閉経するまでの流れを簡単にまとめると以下のようになります。

  1. 頻発月経が起きる。そして生理の周期が短くなる。
  2. その後、稀発月経に変わっていく。生理周期が短くなる。
  3. 月経の回数が減っていく。生理周期が読めなくなる。
  4. 不正出血が起きる。月経のタイミングと別に出血する。
  5. 一年生理が来なかった後に、閉経する。

このような生理不順は更年期に入った女性みんなが経験することです。

この期間に生理不順が始まったら、慌てたり不安になったりせずに冷静に対処していきましょう。気持ちの浮き沈みの激しい時期ですから体としっかり向き合って落ち着いて対処していくことが重要です

更年期の期間になると、どうしてこんなに体調不良が起きるの??

更年期障害の症状はさまざまな体調不良の症状があるので、“まずはしっかり原因を把握する”これが正し治療法を選ぶための基準となるので、きちんとその症状の原因を知っておきましょう。

虫眼鏡でこちらを見る医師

≪更年期障害の原因とは≫

閉経に伴い更年期障害の症状が起こるのにはこんな理由があったのです。

  1. 女性は更年期に差し掛かると卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが減少していく。
  2. 体内のエストロゲンが足りないと、脳がそれを察知しエストロゲンを増やそうとして脳の下垂体から性腺刺激ホルモンを過剰に分泌させる。
  3. 卵巣の機能は改善できず、エストロゲンは増えない。
  4. 性腺刺激ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、体内のホルモンバランスは乱れて脳が混乱をきたす。
  5. 脳は自律神経と密接しているので、脳が混乱をすることで自律神経をのバランスも乱れることでさまざまな体調不良となって症状に現れる。

ざっくり解説するとこんなことが体内では起きているのです。

この時期は疲れやすかったり、イライラしてしまったりで精神的にも肉体的にも振り回されますから、塞ぎこんでしまいがちだと思います。

でも、更年期障害は病気ではないのでいつかは必ず完治します。こんなに大変なことが体で起きているのですから少しのんびりしたっていいのです。イライラしたって仕方ありません。気持ちを大きく持ち、自分をゆったりと大切にしてあげましょう

ただ、あなたにお伝えしたい本当のことはここなのですが“更年期障害なるべくつらい期間を短くし、更年期障害を治す方法”を説明したいと思います。

更年期障害の対策に知っておきたい、治療法の種類について

はてなマークを浮かべる女性

更年期障害の治療法にはいくつかの種類があります。

病院と家でできる方法を知り、より効果的に素早く治す方法を見つけていきましょう。あなたに合った方法を探し無理のない程度にまずは試してみることが大切です。

案外、更年期障害の症状が◯◯によって楽になった、思ったより早く終わったという方は多いです。

もちろん個人差があるものですから、どの治療法があなたに合うか選んでみてください。複数をいくつかトライするとより効果的でしょう。

ホルモン補充注射

ホルモン補充注射は聞いたことがあると思いますが読んで字のごとく、女性ホルモンを補うための注射です。

病院にいくとまず、問診があった後に血液検査、尿検査、子宮・卵巣超音波、乳がん検診、細胞診、骨量測定などの検査を行います。この検査によって現在のホルモン分泌量がわかるのでその後最適な薬の量が処方されるということです。

ここで注意したいことはホルモン注射には副作用があるということです。外部の製剤を体内に注射するので副作用は起こりそうだと想像がつくかもしれませんが、不正出血や乳がんのリスクが高くなるのに加え、体重が増加しやすくなります。処方されるときにも食欲が増すので注意を受けるようです。

病院のサイトだと当たり前ですが良いこと事が書いてあるのでホルモン注射をやってもいいとは思いますが自己責任ということですね。

プラセンタ注射

プラセンタとは胎盤のことであるということはご存知でしょうか。

哺乳類が胎児を育てるときに働く器官で、赤ちゃんを体内で育てるきに欠かせない器官となります。哺乳類は妊娠をすると胎児を育てるためにへその緒を通して胎盤から豊富な栄養を与え、不要なものの排除など赤ちゃんをを育てるすごいパワーを持っています。

しかし注射となるとその効能はまた注意すべきことがあるようです。注射製剤としては人から抽出したヒト胎盤を使用するのですが、効き目がはとても強いようです。

そしてその分副作用も強く、生理不順がさらに悪化したり発疹を起こしたり、発熱などが起きる可能性があります。また実はサプリメントへヒト胎盤の使用をすることは認められていません。基本的にはブタ・ウシ・ウマなどの胎盤が原料となっています。

また、10年ほど前くらいからプラセンタ注射経験者は献血できないということを厚生労働省が決定しているので、安全性が確保されているといえない血液になってしまうということです。

また、プラセンタ注射には通院が必要なので、費用もかかることも考慮してから始められることをおすすめします。

病院

病院で処方される医療用医薬品

更年期障害の症状で病院へいくと処方されるののは漢方薬かうつ病や精神状態が不安定の時に処方される睡眠導入剤抗うつ・抗不安剤などの薬が処方されたりします。

漢方療法でいうと帰芍薬散エキス顆粒(めまいや頭痛、冷えなどに)や、加味逍遥散エキス顆粒(不眠・不安・イライラや肩こりに)、桂枝茯苓丸エキス顆粒(のぼせ、めまい、ほてりに)などいくつか症状の種類によって処方されます。

これは更年期障害の症状に合わせた、症状の鎮静化には即効性がありますがこちらも根本的原因への対処ではないので症状が重い時に処方してもらうことを検討してもいいと思います。

睡眠導入剤や抗うつ・抗不安剤なども依存性が心配なので選ぶなら漢方薬で一時的治療をされた方がいいと思います。眠導入剤や抗うつ・抗不安剤などの薬は通院に時間と費用はかさみますし、副作用がないわけではないので通院を継続されることはあまりおすすめできません。

食生活の改善

バランスのいい食生活へに改善をすすめること関して、こちらの療法に即効性はありませんが、美容健康にも良い効果をもたらし、肥満防止などいい副産物もあるので日々気をつけていくことはとてもおすすめです。

女性ホルモンの似た役割を担ってくれるといわれている大豆イソフラボンはほてり発、汗といった症状に働きかけ、血行が良くなることで子宮の働きが良くなりホルモンバランスの乱れを整えられます。

ブロッコリーや人参などの緑黄色野菜にはビタミンA・Cや繊維質が豊富なので自律神経に働きかけ、ストレスの解消、美肌効果も期待できます。

にんにくはいろんな効能を秘めていて疲労回復や更年期の倦怠感を取り除く効果や脂肪燃焼作用もあるのでおすすめです。

他にも摂取をしてほしい成分はタンパク質や・ビタミンB群ミネラルなどがありますがどれも基本的にはバランスよく摂取していただくことで、体内の臓器や肌がつくられる際にいい状態でターンオーバーできるので体質も改善されることが期待できます。

適度な運動

ウォーキング

運動とは健康維持のためには欠かせない条件です。

運動を全くしない人と少しだけど適度な運動が習慣化されている人では、体調不良や病気になった際の症状の重さは大きく変わってきます。更年期障害の症状にも影響は大きいと考えられます。

今までに運動をしてこなかったという方も、軽いウォーキングや水泳など始めやすい運動からスタートしてみてください。フラダンス教室でもヨガでもリラックスできるような運動なんでも良いのです。

運動は習慣化させることがとても重要です。運動をすることで血液は全身に循環し、体全体の溜まった老廃物も流れていくでしょう。まずは無理のない運動と他の治療法をあわせて始めてみましょう

運動はストレスも解消でき肥満防止肌の活性化などこちらも更年期障害の症状の緩和を促しながらいい効果の副産物も期待できます。あなたが楽しく続けることのできる運動を見つけましょう。

漢方で根本の原因を撃退できるすごい食材

先ほど帰芍薬散エキス顆粒(とうきしゃくやくさん)や、加味逍遥散エキス顆粒(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸エキス顆粒(けいしぶくりょうがん)漢方薬の紹介をちらっとしましたが漢方薬は長年効果が認められています

病院で処方される漢方薬の成分を少なくして販売されているのがドラッグストアに売っている医薬部外品の漢方薬です。

この他におすすめの漢方として高麗人参エキスが更年期障害の症状緩和にいいです。更年期障害はホルモンの分泌量の低下とそのホルモンバランスの乱れにより、脳が混乱し自律神経も乱れます。
ホルモンバランスと自律神経の乱れ両方のサポートをしてくれるのが高麗人参といわれています。

喜ぶ女性

高麗人参ってそもそもなんだっけ?」と思う方も多いと思いますが、高麗人参は4〜6年の歳月をかけ作られる食材でひとつの球根でその土壌すべての養分を吸い取ってしまうようなすごいパワーを持っています。
日本のスーパーで見かけないのは、必要な歳月と栽培の難しさから国内で栽培することができない食材なのです。

高麗人参は普通の野菜とは違い高額で希少なため、煎じたりサプリメントとして摂り入れたりすることが一般的ですが、骨粗しょう症の進行を食い止めたり体内のコラーゲンやヒアルロン酸の減少を食い止めたり関節痛の予防をしてくれたりと、まさに万能薬といわれています。

更年期障害の症状以外にも黒髪や美肌効果、脂肪燃焼などこちらも副産物の効果が期待できるといわれているので、体に負担のかかる薬よりも、オーガニックの食材としてサプリメントなどで手軽に取り入れてみることをおすすめします。

ここでひとつだけ留意したい点ですが薬との飲み合わせの場合、高麗人参とワーファリンの飲み合わせだけ軽い副作用があることがわかっています。ワーファリンを病院で処方されている方は医師と相談し飲むタイミングなどをずらすなど対応を確認してみましょう。

更年期障害が早く終わりたい人へのまとめ

更年期障害の症状の原因とその対策にあなたに合った方法はみつかりましたでしょうか?

総評からするとやはり無理のない程度の体質改善が一番好ましいです。
適度な運動を毎日何かひとつ続けることと、食生活の改善として女性ホルモンにいいとされている食材を意識すること、また薬に頼らなくていい場合は高麗人参などの天然の食材をサプリで取り入れてみることが体に一番やさしい対処法といえるでしょう。

あなたの元気で健やかな毎日を家族も期待していると思います。一人でこんこんと悩まずに、いくつかの方法をトライし始めましょう。何か効果を感じたらお友達に教えてあげてもいいでしょう。女性特有の症状ですから助け合って乗り越えられたらと思っています。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。