一般に40~50代で閉経を挟んだ10年を更年期と呼びます。この時期、女性は女性ホルモンのバランスの変化により、体に著しい変化がありますが、そのうちでも不快な症状を伴う変化を更年期障害と呼んでいます。
良く知られている更年期障害の症状には、生理不順、不眠、のぼせ、ほてり、発汗、頭痛、めまい、手足の冷えなどがあります。
最初に上げた年代の方で、最近、なんか体の調子が悪いと思っている人は更年期障害を疑ってみる必要があるかもしれません。
また、すでに更年期障害と医療機関などで診断を受けている方もいらっしゃると思います。
そうした方の中には、日々続く不快な症状を早くなんとかしたい、いつになったらこの症状から解放されるのかと思われている方も多いと思います。
果たして、いつ頃、更年期障害の症状はなくなるか、症状を軽くするために何をすればいいのかそう思われている人のために、ここでは、更年期障害がどれくらい続くのか、また有効な治療法あるのかについて詳しくご説明していきたいと思います。

不快な更年期障害の症状はいつまで続くのか?

悲しそうな顔をしているハート型のキャラクター

最初にも少し触れましたが、一般に更年期と呼ばれているのは45~55歳の間の閉経を挟んだおよそ10年間を指します。
この期間は、男女ともに体に様々な変化がありますが、特に女性は、女性ホルモンの減少による影響が非常に大きく、この期間に様々な体の不調を感じる人が多いのです。
この体の変化による不快な症状を総称して更年期障害と呼びます。
不快な症状は千差万別、感じ方にも個人差があります。通常40代後半から多くの人がその症状を感じるようになるのですが、早い人では40歳前後から症状を訴える人もいます。
◎一般的な更年期障害の症状
・生理不順 ・不眠 ・のぼせ、ほてり ・発汗 ・頭痛 ・めまい ・関節痛
・手足の冷え ・動悸 ・息切れ ・イライラ ・不安 ・鬱 ・意欲低下
また、近年、20~30代の比較的若い女性にも更年期障害に似た症状を訴える人が増えています。これを若年性更年期障害と呼びます。
女性の社会進出が当たり前になり、生活環境が変化したことにより、様々なストレスでホルモンや自律神経のバランスが乱れたことが原因と言われています。この若年性更年期障害は不妊の原因にもなる可能性がありますから、心当たりのある方は早めに専門の医療機関を受診することをおススメします。
さて、話を更年期障害に戻します。
更年期障害の症状の感じ方は千差万別、症状をまったく感じない人もいれば、日常生活に支障をきたすほど重く感じる人もいます。
特に症状が強くなるのは、1~2年と言われていますが、これも個人差があり、長い人では7~8年もの間、症状が続く人もいるようです。
症状の内容、感じ方、症状が続く期間において個人差がありますが、ご自分の症状をしっかり把握し、更年期障害についてしっかり理解をして治療に取り組むことでその症状を緩和することが可能です。
では、ここから、先に上げた一般的な更年期障害の症状のうちでも代表的なものについて、症状と発症期間についてご説明していきます。

ホットフラッシュってどんな症状?いつまで続くの?

汗をぬぐっているネコ

「更年期障害と聞いて、最初に思いつく症状として何がありますか?」と聞かれて、多くの方はきっと「ホットフラッシュ」を上げるでしょう。
ホットフラッシュは更年期障害の代表的な症状のひとつですね。
しかし、この症状について正しく理解されていない人が多いのではないでしょうか?
ですから、まずは、このホットフラッシュについて、説明したいと思います。
ホットフラッシュを経験するのは更年期に入った女性のうちの40~80%くらいと言われているので、多くの女性がこの症状を経験されていることになりますね。
ですから、更年期障害の代表的な症状とされているのです。
一般にホットフラッシュの症状は、急に体がほてって汗が噴き出るということが知られていますね。
この症状についてもう少し詳しく説明しますと以下のようになります。
・のぼせ ・ほてり ・突然の発汗 ・頭が重く感じる ・熱く感じる
・紅潮 ・頻拍 ・寝汗 ・ほてりが治まるときの冷える感覚 ・指のうずき
・急に熱くなって、じわじわ汗がでる
・首から上がひどく熱い、下半身は冷える
・こめかみから汗が流れ出る
・洋服に汗染みができる
・熱っぽい
以上のような症状が、個人差はありますが、1週間に数回から1日に10回くらいの頻度で発生します。
1回あたり、症状は数分から30分近く続くと言われています。
ホットフラッシュは発症からどれくらいの期間続くかについては、諸説ありますが、一番有力だと言われているのが、生理が初めて起きてから安定するまでの期間と同じくらいと言われていますので、だいたい2年くらい続くと言われています。
よく勘違いされているのは、ホットフラッシュは更年期の間中ずっと続くと思われていることです。これは、間違った認識ですので注意が必要です。
ただし、人によって、ホルモンの量も体質も異なりますから、だいたい2年と申し上げましたが、これについても変動はありますのでご注意ください。

生理不順、頻発月経とはどんな症状?生理はいつまで続くの?

泣いているウサギ

更年期障害の代表的な症状であるホットフラッシュについてご説明してきました。
更年期と聞いて、多くの方が思い浮かべるのは、生理が来なくなることではないでしょうか。
生理が来なくなることを正式は「閉経」と言います。ここでは、更年期に入って、どのように閉経を迎えるのかをご説明します。
よく勘違いされる方いるのですが、更年期に入ったからといって急に生理が来なくなるわけではありません。
更年期に入ると閉経に向けて、徐々に体は変化していきます
一番顕著な症状は生理周期が不規則になる生理不順が起こります。それと同時に生理の経血の量も不安定になります。
その平均的なプロセスをご紹介すると以下のような感じです。ただし、これも個人差がありますので、全ての方に当てはまるというものではありません。
①24日以下の短い周期で月経が起きる頻発月経が起きて、それまでの生理に比べると生理周期が短くなります。

②しばらくすると今度は、39日以上の長い周期で月経が起こる稀発月経が起こります。②に比べると生理周期が長くなります。

③頻発月経、稀発月経が起こった後に、月経がくる回数が減り、その周期も安定しなくなります。

④生理が起こる時期ではないときに出血がある不正出血が起こります。

⑤最終的に閉経します。

①~④までの期間は、だいたい2~8年くらいで、最後の月経から生理が完全に来なくなって1年が経つとその時点で⑤の閉経と判断されます。
この期間は最初にも述べましたが、個人差があります。しかし、女性であればどなたでも経験することです。ですから、ここで大切なことは、生理不順の期間に入ったと感じたら、慌てたり、落ち込んだりすることなく冷静に対処することが症状の回復のためには肝心です。

更年期障害ってなんで起こるの?そのメカニズムを知り更年期を乗り切りましょう

疑問を感じるネコ

ここまで、更年期障害で起こる様々な体の変化についてその期間についてスポットを当ててご説明してきましたが、ここで、なぜ更年期に入ると様々な体の変化が不調となって現れるのかご説明します。
なぜ、不調が起こるのかを知ることで、実際に症状が起こっても慌てることなく冷静に対応することが可能になりますね。
更年期障害が起こるプロセスは以下の通りです。
①更年期に入るともう妊娠する必要がなくなると体が判断することで卵巣の機能が低下します。

②それに伴い女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ります。

③脳はなぜエストロゲンの分泌が減ったのかを理解していないので、エストロゲンの分泌を促そうとして、性腺刺激ホルモンを分泌します。

④性腺刺激ホルモンが分泌されても、卵巣機能が低下していることに変わりはないので、エストロゲンの分泌は増えません。

⑤脳はそのことに混乱してさらに性腺刺激ホルモンを分泌しようとします。

性腺刺激ホルモンを分泌するのは脳下垂体と呼ばれている部分ですが、ここは、自律神経のバランスもコントロールしていますので、この脳の混乱が自律神経のコントロールにも影響して、自律神経のバランスが乱れます。これにより体調に様々な不調が起こるのです。
自律神経の乱れにより不調が起こりますから、更年期障害の症状が自律神経失調症の症状に似ているのはこのためです。
医学的には、更年期障害は自律神経失調症の一部とされています。
自律神経失調症は治療をしなければいつ治るかは明言できませんが、更年期障害は、更年期が過ぎれば、確実に解消されます。
でも、個人差はありますが、10年近く辛い症状を抱えていることほど辛いことはないですよね。
いずれは治るなら、その期間をできるだけ短いものにしたいというのは当然のことです。そこで次の項で更年期障害を治療して、辛い期間を少しでも短くする方法についてご説明したいと思います。

辛い更年期障害の期間を短くするための有効な治療法とは

更年期障害の症状を緩和するための治療法には色々あります。
医療機関で行われているものからご家庭でできるものまで様々です。その代表的なものをご紹介します。

ホルモン補充注射

注射

前述の更年期障害が起こる原因でもご説明しましたが、更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ってしまうことにより起こるので、これは、そのエストロゲンを注射によって体に補充してやることで、症状の緩和を図ることが目的の治療です。
注射ですので、一般の人が自ら行うことはできませんから、専門の医療機関を受診して実施することになります。
ただ、注射してもらうだけなので、手間がかからずお手軽ではありますが、治療には副作用の発症というリスクがあります。
外見的には、ホルモン補充注射をすると太ると言われています。また、それよりも重篤な副作用として、ホルモン補充注射をすることで不正出血、乳がんのリスクが上げられています。ですから、過去に乳がんを患ったことのある人はこの注射を行うことはできません。

プラセンタ注射

医師と中年女性

プラセンタとは、哺乳類が胎児を育てるときに体内に作られる胎盤という器官のことです。
胎児が育つために必要な栄養を母体から胎児に供給したり、胎児の排せつ物を体外に排出したりするためになくてはならない器官です。
通常、胎盤は妊娠と同時に形成され、出産時に外に排出されてしまいますが、この胎盤には女性に必要な成分が多く含まれています。
人以外の動物は通常、出産時に母親が排出された胎盤を食べてしまうことが確認されています。
その胎盤を更年期治療に使用するようになったのはおよそ50年前からです。
もちろん使用にあたっては、洗浄、殺菌、酵素分解などの処理を施します。注射には、ヒト胎盤を使用します。それ以外のサプリメントなどには、ヒト以外の哺乳類であるブタや馬などの胎盤が使用されます。
プラセンタが更年期障害に有効とされるのは、プラセンタに含まれる成長因子と栄養成分が女性ホルモンの分泌が減ることで乱れた女性の体を整える作用があるとされているからです。
しかし、いくら更年期障害に有効だとしても、自分以外の他人の胎盤を注射よって体内に取り込むことには抵抗がありますよね。
また、プラセンタ注射をしてしまうと、その後献血を行うことはできません。それは、使用したヒトプラセンタに病気が含まれている可能性が排除できないため、第三者への感染を防ぐための措置です。

医療機関の処方される更年期障害治療薬

お薬手帳

更年期障害の治療を医療機関で行う場合、上記のホルモン補充注射やプラセンタ注射以外にも処方薬による治療もあります。
ただし、この場合、個々の症状を緩和するための薬が処方されるので、更年期障害の根本治療ではなくて、あくまでも対処療法になります。
例えば、うつ症状のような不安感などを解消するためには睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などが処方されます。
処方薬ですので、病院を受診しなければ手に入れることはできませんし、薬そのものも効果があるぶん体には負担が大きいものばかりです。薬によっては、命に関わる副作用があるものもありますので、使用にあたっては細心の注意が必要です。

食事療法

フライパンを持つネコ

バランスの良い食事をすることは、更年期障害のためだけでなく、健康な体のためには必要なことです。
なかでも女性ホルモンを補うとされる大豆イソフラボンビタミンEなどを含む食品は多めに食べることをおすすめします。
ただし、前述のホルモン補充注射や治療薬などの治療法と一緒に試するのが良いでしょう。

運動療法

ラジオ体操をするネコ

適度な運動は、更年期障害の症状の緩和に効果があるとされています。
軽いウォーキングラジオ体操などの有酸素運動を取り入れると良いでしょう。ただし、普段から運動をしていない人が、急に運動を始めると却ってケガをしたり、更年期障害の症状を悪化させてしまったりすることがありますので、注意が必要です。運動を始める場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめします。

更年期障害の治療。副作用が心配な人は漢方を利用してみては

さて、更年期障害の治療法についていくつかご説明してきました。
どれもメリット・デメリットがありますね。副作用が気になるものもありますよね。
また、ご紹介したものの多くが更年期障害の根本的原因を取り除くというよりは、症状緩和に焦点を当てたものが多いのが気になる方も多い方と思います。
そのような人におすすめしたいのが副作用の少ないと言われている漢方です。
その中でも特におすすめしたいのが高麗人参です。
指さすイヌ
高麗人参は別名万能の漢方とも呼ばれているくらい、様々な症状の助けになる力を持っていると言われています。
しかも2000年以上前から世界各地で多くの人に重用されている実績もあります。
植物由来の漢方は他の医薬品に比べて副作用が少ないと言われていますから、医薬品の副作用に気を使われている人には特におすすめしたいと思います。
また、副作用の少なさは、他の薬と飲み合わせた場合にも発揮されます。
高麗人参の一番の特徴は、人の体のバランスをサポートする力にあります。
更年期障害は女性ホルモンや自律神経のバランスの乱れが様々な症状を生み出しているので、その乱れたバランスを整える力になる高麗人参は更年期障害で悩んでいる人にはうってつけの漢方と言えるでしょう。
前述の治療法の実施と併せてこの高麗人参を試してみるのがよいでしょう。
ただし、先ほど、副作用が少ないとお伝えしましたが、ワーファリンを服用されている人には、何らかの副作用の可能性がありますので、使用される際には医師に相談の上服用するようにしてください。

まとめ

更年期に入り、様々な症状に悩まされていたり、もうすぐ更年期に入るので、更年期障害ついて心配されていたりする方にとって、その症状がどれくらい続くのかというのはとても気になるところですね。
どの症状についてもどれくらい続くとかいつ始まるといったことを言えるものはありませんが、どの症状も早めに治まってくれることが一番ですよね。
そのためには、更年期障害について正しく理解して、いつでも対処できるようにしておくことが肝心です。
そのために、おうちでできる対処方法を積極的に取り入れつつ、様々な症状に対応できて、体への負担の少ない高麗人参などの漢方を普段の生活に取り入れて試してみることをおすすめしたいと思います。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参