加齢と共に年々生理不順が著しくなったり、生理前に限らず、のぼせ・ほてりといったホットフラッシュの症状や、肩こり、頭痛、めまい関節の痛みなどの体調不良が増えたりしてきて、「私って更年期障害かも」と思うようなタイミングが増えてきていませんか?

現代の40代50代はまだまだ若いとはいえ、女性の体内では閉経に向けた準備を見えないところで着々と行っています。その際に起こる体調不良が更年期障害という症状です。

更年期障画を疑い始めたら、まず病院を受診するべきだとは思いますが、いまいちどんな検査をするか不安ですよね。

事前に情報を知ってから検査をするのか何の情報もなく検査するのでは心の持ちようも、その後の対策も大きく変わると思います。

この記事では更年期障を疑った際に病院を受診すると行う検査の種類とその費用について詳しく解説して行きたいと思います。

更年期障害を疑ったら受ける病院は何科?そして受診のタイミングとは

病院の建物

更年期障害の症状は、のぼせ、ほてり、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、関節痛から、イライラ、うつ、不安症といった精神症状まで幅広い症状が起こるため、いざ病院を受診しようと思ったときに何科を受診するべきなのかわからないというケースが多いです。

まず、更年期障害を疑ったら受診するべき病院は「婦人科」または「更年期外来」がベストです。

更年期障害は閉経に伴い、卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌量が低下していくことで起こります。婦人科や更年期外来では血中ホルモンの量を検査することができるので一発で更年期障害が起きているかどうかがわかります。

場合によっては内科を受診することも考えられますが、内科の血液検査とは異なる検査なのです。内科であれば血中コレステロールの値と骨粗しょう症のリスクを調べることが可能です。

うつや不安といった精神的症状がひどい場合には心療内科や精神科を受診することもあるでしょう。

一番悩みやすいのはどのタイミングで婦人科や更年期外来を受診するのかということについてですが、「私って更年期障害かも?」と思ったとき、または「更年期の症状によって生活に支障がでている」と思ったときが病院へ行くタイミングです。

頭を抱えている体調の悪そうな女性

女性は今まで生理における体調不良と戦ってきたということもあり、体調不良をがまんしやすい生き物です。

更年期障害は閉経の前後2年~5年で落ち着くとはいいますが、症状が重すぎる場合にはがまんして放置したりせず、まずは婦人科を受診しましょう。

婦人科を受診するタイミングとしてひとつだけ注意しておきたいことは生理中の検査です。

もちろん、血液検査のような検査は行えますが、子宮頸がんの検査などは受けられなくなりますので、せっかく婦人科を受診するのであれば生理中は避けたほうが無難かもしれません。

更年期障害の検査方法とその費用は?

女性物のピンクの財布

更年期障害の検査で婦人科に行くと検査にもいくつか種類があり、費用も異なります。

全ての検査を受けるとなると費用も嵩みますが、どの検査が必要でどの検査が必要でないのかは全くわからないですよね。更年期障害の検査方法とその費用について詳しくみていきましょう。

採血の数値でわかる女性ホルモンの量について

更年期障害のときにまず行う検査は血液検査です。血中のホルモン量の数値をみれば、ホルモンバランスが今どういう状態かすぐにわかるからです。血中のホルモン量を調べることは具体的には3つの項目があります。

①卵巣の機能はどうなっているか調べる(E2検査)

卵巣ホルモンの主成分であるエストラジオール(E2)の濃度を測ると、卵巣機能の状態から更年期障害、閉経の時期まで推測することが可能です。

エストラジオール(E2)の値はチェックする月経周期の時期によって数値が変動します。

月経周期が正常な人の値の目安はこちらです。

・卵胞期前期:10~80 pg/ml
・卵胞期後期:30~200 pg/ml
・排卵期:100~400 pg/ml
・黄体期後期:~250 pg/ml
・閉経後:~30 pg/ml

この数値が50 pg/mlを下回ってくると、女性はホルモンバランスを崩し更年期障害が出やすい体になってきます。

②黄体形成ホルモン(LH)を調べる

黄体形成ホルモン(LH)とは主に妊娠には欠かせないホルモンで、子宮内膜を厚くし、基礎体温を上げるなど機能を持っています。

黄体形成ホルモン(LH)は脳の下垂体から分泌され、徐々に卵巣機能が低下するのに対しLH値は高くなり、40代後半になるとの数値が急激に上昇してしまう場合もあります。

正常な黄体形成ホルモン値の目安はこちらです。

・卵胞期:2~12 mIU/ml
・排卵期:10~90 mIU/ml
・黄体期:1~14 mIU/ml
・閉経期:6~60 mIU/ml

このLH値が低すぎると、月経異常や不妊症が考えられますし、高すぎると女性ホルモンの分泌が促されにくくなることから子宮体がんの原因となります。LH値はとても注意が必要な値といえます。

ショックをうける女性

③卵巣刺激ホルモン(FSH)を調べる

卵胞刺激ホルモンとは卵巣へ卵子を放出するように指令を出すホルモンで脳の下垂体から分泌されます。

こちらも加齢とともに数値が上がり、平常値よりもこの数値が高いことで更年期や閉経の時期を知ることができます。LH値とFSH値のどちらも数値が高い場合には更年期障害が起きるということです。

平常値はこちら。

・卵胞期:3~14 mIU/ml
・卵排卵期:4~20 mIU/ml
・黄体期:1.5~8 mIU/ml
・閉経期:25~140 mIU/ml

この数値より20~30 mIU/mlほど高い数値が出たら間違いなく、更年期です。

超音波検査について

超音波検査とは、子宮がんや乳がんを調べる際にその対象物へ超音波を当てることで、その対象物から反射されたものを映像化する検査方法です。

妊娠したときのエコーはこれと同じもので、超音波の反射から赤ちゃんを映像化して様子をうかがうことができますよね。実は妊娠だけでなく、体内の状況を目視でき、病気やなんらかの腫瘍や異常も確認できるのが超音波検査です。

更年期には子宮がんや乳がんになる可能性が高くなり、更年期障害の症状と思ってがまんしていたら実はその体調不良はがんであったというケースも大いに有り得るため、更年期を迎えていたら定期的に確認しておきたい検査のひとつでしょう。

子宮頸がんの細胞検査について

青ざめる女性

子宮頸がんとは20代30代女性増加傾向にある子宮の入り口付近に腫瘍ができ発症するがんです。
子宮頸がんの原因はほぼ100%が「HPV:ヒトパピローマウイルス」が原因とされ、「HPV」自体の種類は100種類ほどあるといわれており、子宮頸がんになるウイルスはそのうちの15種類ほどです。

感染源は性行為により粘膜が接触することで起きるといわれており、女性の約80%は一生に一度は感染するといわれているほど感染率の高いウイルスです。

ただし、そのうちの数%のウイルスががんを発症させる原因となるためHPVに感染したからといってみんなががんになるわけではありません。

検査方法としては子宮の頸部からめん棒などで細胞をかき出し採取して、その細胞を検査します。検査結果が出るまでには1週間ほどの時間がかかります。

その発症率の高さから最近では地方自治体でも無料で定期健診が行われているのでそれだけは必ず受けておきたい検査といえます。

乳房検査について

乳がん検査をする女性

最近乳がん検査が注目されることが多くなってきましたが、乳がん検査には先ほど紹介した超音波検査(エコー)の他にマンモグラフィ検診という乳房専用のX腺撮影による検査方法があります。触診ではわかりにくい、小さなしこりや早期がんも捉えることができるといわれています。

ただし、乳腺の発達している若い女性の場合は乳腺が白く浮かび上がってしまい判別が難しいようです。

2006年からは乳がん検診に対する厚生労働省の指針が代わり、40代以上の女性は2年に一度、地方自治体で無料検診をしてくれる場所がほとんどになりました。

40代になる前にも近親者に乳がん経験者の人がいたら早めに一度検診することをおすすめします。その際は、超音波検査がいいのか、マンモグラフィ検診がいいのかは婦人科で判別してもらいましょう。

検査費用について

更年期障害かどうかを調べるのであれば、医療機関によっても異なりますが血液検査だけであれば5000円程度で行ってくれるところが多いです。初診料、診察料含め高くても1万円までかと思います。

これにプラス先ほど紹介した、超音波検査や細胞検診、マンモグラフィ検診など、どの検査を追加して行うのかによって変動しますが、ほとんどの検査は保険が適用される場合が多いです。

それでも念のため予約の際前もって病院へ問い合わせておくほうが安心ですね。(保険適用外の検査があるだけで急に値段が上がってしまうので)

病院へ行くほどでもないからセルフケアを始めたいという人は

笑顔で手を差し出す白衣女性

更年期障害の症状は、その人の生活習慣よって作られてきた体質が大きく関係しているともいわれているので、逆にいうと更年期のセルフケアで更年期障害の症状を予防、緩和していくということも可能です。

症状がまだ重くなくて、「病院へ行くには面倒だし、検査費用も考えるとハードルがある」という人は生活習慣の見直しをまず行ってみましょう。

あなたの食生活は栄養バランスが摂れた食生活であるといえるでしょうか。また、毎日の生活の中で適度な運動は行われていますか?

そして、ストレスは溜まっていないでしょうか。これらは全て更年期障害の症状を悪化させる原因となり得ます。寝不足や不眠といった習慣もよくありません。

まずは、栄養バランスの摂れた食生活へ改善しましょう。サプリメントなどで更年期にいいとされる成分を補助するのも効果的です。そして適度な運動取り入れて、しっかり睡眠をとってください。

更年期障害のときに病院で行う検査についてまとめ

更年期障害のときに受診する病院はまず婦人科か更年期外来を受診しましょう。更年期障害かどうかを判別する検査は5000円ほどでできるので早めに検査しておいて損はないです。

もしそれで更年期障害でなかったとしたら、その症状に適した病院を受診する、という順番が一番正しいです。

そして、婦人科で検査できる病気は更年期障害以外にも子宮がんや乳がんの検診も同時に受診することが可能です。

地方自治体で提供してくれる無料検診は2年に1回の提供しかないこと場合が多いので、できれば毎年定期検診で乳がん、子宮がんの検診は受けることをおすすめします

自分の体を守れるのは本当に自分しかいません。昨今定期検診をしていたとしても、がんにかかってしまう芸能人も多発しているように思います。

一つの病院を信じきるのではなくセカンドオピニオンの病院も作っておき、頻繁に検査をできる環境を作っておくということも大切です。

ただし、考え過ぎはこの時期体にも心の健康にもよくありません、セルフケアについてはすぐにでも始めてみてください。

栄養バランスの摂れた食生活、適度な運動、プラスアルファのサプリメントなどを持っておくなど工夫して明るい更年期を過ごしましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。