40代半ばから50代に入ると、なんとなく手や足がカサカサし始め、冬でもないのに乾燥肌や春の花粉アレルギーに似たかゆみがでる状態が続き、「これって乾燥肌?それともアレルギー?」と悩む女性が増えています。

手足以外にも、デリケートゾーンのかゆみや後頭部のかゆみ、夜は眠れないほどにあちこちがかゆみに襲われて、その部分やかゆみの程度には個人差があるものの、スルーできないほどの症状が起こるケースがあります。

これらの症状は更年期とリンクしているとはなかなか考えづらいので、がまんをしてしまったり、対象法がわからず無意識にかいてしまうことで、肌荒れが悪化してしまったりしていませんか?

実は、更年期とその時期のかゆみには原因がリンクしているケースも多く、女性ホルモン低下によりかゆみを発生させる場合があります。この記事では更年期に相談しにくい「かゆみ」の原因とその対処法について詳しく解説していきたいと思います。

更年期の乾燥による皮膚のかゆみの原因は

心配そうな顔をしている女性

40代後半を過ぎて冬でもないのに極度の乾燥を感じたり、皮膚の乾燥が原因でかゆみから湿疹を起こしてしまったりという人は以外と多いです。

平均でいうと女性は50歳前後に閉経が起きるといわれており、その前後の期間は更年期と呼ばれています。
この時期に女性の体内では卵巣機能の低下と共に女性ホルモンであるエストロゲンが減少し始めています。

そしてエストロゲンが減少することでホルモンバランスが乱れ、かゆみがでる原因のひとつとなります。普段、エストロゲンは肌のハリや保湿にひと役買っていますがこのエストロゲンが減少し肌の保水力が低下することで、乾燥を招き肌のバリア機能が急激に損なわれ、肌荒れ、乾燥、湿疹が起きるといわれています。また、かゆみが起こる原因は「ヒスタミン」という科学物質であるといわれています。

ヒスタミンは通常皮膚の細胞内に存在していますが何らかの原因で皮膚の表面上へ排出される場合があるそうです。ヒスタミンが表皮へ排出されるはっきりとしたメカニズムは解明されていないものの、更年期には肌のバリア機能が低下しているためそれが起こりやすくなっているともいわれています。

他にも肌がかゆいときに皮膚をこすることで放出される「神経ペプチド」という物質は、皮膚からヒスタミンを排出させ、かゆみをひどくさせる場合があり、その結果皮膚のかゆみや乾燥から湿疹を伴うケースもあるのです。更年期のかゆみは急激に襲ってくるという人もいて、ただのかゆみと考えていると悪化してしまう可能性があるので少しでもかゆみを感じでいる人は注意してきましょう。

更年期の頭皮や額、そして陰部のかゆみの原因は

困り顔の看護師

更年期に起こりやすいといわれるかゆみの中でも頭皮、額、そして陰部であるデリケートゾーンにかゆみを感じる人が多くいます。

そもそも皮膚のかゆみとはアトピーの人でも同じことがいわれますが、ストレスに弱く、寝不足などの生活習慣が乱れている人などは悪化しやすいといわれています。
更年期にはさまざまな免疫が低下していますのでかゆみが起こりやすい状況でもあります。

それぞれ更年期に起こりやすいかゆみの原因をみていきましょう。

更年期の頭皮のかゆみと髪質の変化

エストロゲンが減少すると肌が乾燥するということは、同時に頭皮も乾燥し始めます。頭皮が乾燥するとかゆみに加えてフケが増えたりする他、髪質までも変化してきます。毎日お風呂に入っていても、頭がかゆいと感じたり、今まで通りのスタイリングではうんともすんともまとまらなくなってきたりと変化を感じる人は多いでしょう。

更年期には土壌である皮膚が乾燥しているのですから、砂漠に生える木と同様で髪までもツヤやコシがなくなり毛量も減ってきます。人によっては年齢を重ねるごとに髪が細くなることでうねり始めたり、抜け毛はもちろんのこと白髪が増えきたりします。

女性ホルモンは髪質の女性らしさもサポートしていたということです。女性ホルモンのピークは20代から30歳ごろまでなので、頭皮や髪質が変化していくことは女性にとっては避けられないことではありますが、更年期の過ごし方によってそのスピードや変化の度合いは変わってくるでしょう。

綺麗な髪の女性

更年期の額のかゆみ

更年期のエストロゲンの減少で肌のうるおいや肌バリア機能が低下しているということは、肌が本来持っていたヒアルロン酸やコラーゲン、エスラチンといった肌のみずみずしさと若々しさを保つ成分を作り出す機能が衰えてきているということです。さらに女性は男性と比べ毎日メイクをしている人がほとんどといえますが、メイクは肌にとっては異物ですから乾燥を招く原因のひとつです。

そして毎日のクレンジングに洗顔といった作業はメイクをする人にとっては欠かせない行為ですが、肌の乾燥を進行させる原因になります。そんな乾燥しやすい状況下の中で、さらに肌のターンオーバーやバリア機能低下し、肌荒れしにくかった人でも肌の表皮から真皮まで乾燥した状態が続き、肌の水分量はどんどん低下します。

そして乾燥した肌は荒れやすい状態になり、一番乾燥しやすい額がかゆみを発するケースが多いのです。砂漠でひび割れした地面をイメージするとわかりやすいと思いますが、肌にも地割れのように乾燥によってひび割れしそうな状態が起きていてかゆみが発生するのです。もちろんそのまま放っておくと肌荒れがシワやシミのできる原因となるのです。

更年期の陰部のかゆみ

青ざめる女性

更年期にはエストロゲンの減少で肌が乾燥するということはわかったと思いますが、更年期のデリケートゾーンも乾燥の危機にさらされています。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少するということは、これまで妊娠をするためにあった膣内の分泌液の減少し乾燥します。このときに分泌液によって守られてきていた膣内の菌に対するバリアや機能も低下しているために雑菌が繁殖しやすい状態になり、膣炎も起こりやすくなっています。更年期のデリケートゾーンのかゆみはあまり無視してはいけないのです。

更年期のセックスで痛みを感じる人が多いのも原因はここにあります。デリケートゾーンは肌と同じで乾燥しているので無理に痛みを感じるようなセックスを続けてしまうとさらに雑菌が繁殖しやすい状態に陥ってしまう可能性もあります。
まずは更年期に陰部のかゆみを感じたら病院へいくことをおすすめしたいのと、更年期のセックスに痛みを感じたら体に負担のかからない方法でスキンシップを試してみましょう。

更年期のかゆみへの対処法とは

更年期のかゆみ対策でいくつか有効な方法をみてきましょう。
でもかゆみがひどいと感じている人は、何度もいいますが皮膚科を受診してください。そうなる前に、自分でできるかゆみへのセルフケア対策を紹介します。

入浴後は全身保湿ケアを怠らないこと

美容クリーム

入浴後にボディークリームを塗るということは最低限徹底しましょう。肌のみずみずしさが損なわれるとうるおいの低下だけでなく、ひび割れの原因になります。また、湯船の浸かり方にも注意が必要です。お湯は41℃以上のお湯は反ってからだに良くないです。

そして20分以上の入浴も乾燥の原因となります。水中の中にいると手がしわくちゃになるのを経験したことがあるかと思いますが自らの水分を湯船に溶け出しているんです。これは大きな乾燥の原因となります。

また、お風呂で使用するボディスポンジやボディタオルにも注意が必要です。実は日本人の肌は洗いすぎで乾燥気味といわれており、毎日体を洗う必要はないという説も有力になってきています。

もちろん汗をかきやすい脇、頭、足指、デリケートゾーンなど明らかに臭いを発しそうな部位は毎日洗うべき部分ですが、腕や足、肘や膝など乾燥しやすい部分を毎日ゴシゴシと洗う必要はないのです。
乾燥した肌をスポンジやタオルで洗ってしまうとさらに乾燥を悪化させる原因となります。毎日お風呂にはいる人は手洗いで肌のうるおいを保ち、入浴後は保湿クリームをしっかり塗ってあげましょう。

十分な睡眠を取り、美肌を生み出せる環境を

皮膚のかゆみによって睡眠不足に陥ってしまう人もいるかと思いますが、それはさらに肌のコンディションを悪化させます。

人間の体が寝ている時に動いている機能と、寝ているときに動いている機能は違います。寝ているときに動く機能の多くが、回復や修復をする機能となります。肌は寝ているときに再生と生成を促します。十分な睡眠がかゆみによって妨げられているとしたら、まずはかゆみを止めるために皮膚科を受診することが先決です。

もし、ストレスや過労による不眠であれば夜は紅茶を飲んだり、クラシックを聴いたりするなど就寝前に神経が休まる時間を作ってあげましょう。入浴も就寝の1時間ほど前だと効果的といわれています。

そしてその日中に寝ることはとても重要です。12時までに寝ることができればお肌のゴールデンタイムにも間に合いますし、ある程度の睡眠時間は確保できますよね。十分な睡眠をとる環境を整えて、美肌を生み出せる環境を整えましょう。ぞうすればかゆみを防止できるはずですから。

肌着の素材に注意すること

ワンピース

今までアレルギー体質ではなかったという人も、更年期になって急に肌が敏感になりアレルギー体質になって肌が荒れてしまったという人も多くいます。

更年期にはさまざまな免疫が低下しているので、今まで出ていなかった肌のアレルギー症状も些細なことをきっかけに発症してしまうケースがあるのです。化学繊維の衣類は肌荒れの原因となり得ますし、合成洗剤も合わない場合には肌荒れの原因となるってくるのです。

途中までは気づきにくいかもしれませんが、乾燥している肌であれば尚更肌のアレルギー体質を悪化させます。肌のかゆみが急に気になってきたという人は、そのかゆみが悪化する前に綿100%のようなオーガニックの天然素材の生地を肌着として選びましょう。肌着以外にも首筋、手首、など生地の裾が肌の触れるようなものも可能であれば天然素材の生地であると安心です。

かゆみに効果を発揮する漢方薬

かゆみは皮膚科の薬で表面から治療することも、症状がひどい場合には重要ですが体の中からかゆみが起こりにくい体質づくりをするということも重要です。かゆみに効くといわれている漢方薬をいくつか見ていきましょう。

◯八味地黄丸(はちみじおうがん)
冷え性で胃腸が丈夫な人向きの漢方薬。乾燥肌によるフケ、かゆみ、湿疹などの症状から夜間頻尿、足腰などの下半身のしびれ、血行不良などにも作用します。吐き気や嘔吐を起こしやすい人には向かないので注意してください。

◯当帰飲子(とうきいんし)
冷え性で体力があまりない人に向く漢方薬。湿疹やかゆみに用いる薬で、血行を促進し体を温め皮膚へうるおいを与えます。こちらも胃腸が虚弱な人で嘔吐や下痢を起こしやすい人は要注意です。そうでない人は空腹時に飲んでみましょう。

◯温清飲(うんせいいん)
体力は中等度で精神不安の症状も起きている人向きの漢方薬。皮膚はカサカサでツヤを失い、月経不順でのぼせほてりといった症状に作用します。さらにホルモンバランスを整えてくれることから女性向けの漢方薬として知られています。こちらも胃腸が虚弱な人は注意が必要です。

漢方薬はどれも少なからず副作用があるので購入する際は必ず薬剤師の相談のもと処方してもらうことが重要です。これ以外にも漢方薬は何十何百と種類があるので専門薬剤師に処方してもらいましょう。

かゆみの体質改善サプリ

ボトルに入ったサプリメント

更年期のかゆみの症状はエストロゲンの減少によってホルモンバランスと共に自律神経の働きが乱れ、今まで自律神経がコントロールし調整してくれていた血流にも影響を及ぼし、血行不良によりさまざまな疾患症状を招きます。血行が悪くなるということはもちろん基礎代謝も低下し、肌細胞への栄養補給も悪化していきます。

それらの原因は加齢という変えられない原因の場合もありますが、体質改善に良いサプリを摂取してみるのも十分効果を試せるでしょう。その中でも自律神経へ働きかけるとして有名なのが高麗人参のサプリです。

更年期のかゆみは乾燥によるものですが、その乾燥を引き起こす皮膚への水分量や血行の循環をサポートしている自律神経に本来あるべき機能を取り戻してもらうことで、更年期のかゆみやそれ以外の更年期障害の症状緩和へも作用してくれ、体質改善を促してくれるのが高麗人参という植物が持つ効能です。

高麗人参は漢方でも使われる生薬の一種ですが、高麗人参だけはその素材だけでも十分な作用をもつことから単体でもサプリメントとして売られていますが、さらにはサムゲタンや薬膳鍋など食用としても親しまれています。副作用もないので常用し体質改善を図りたいという人は薬ではなくサプリメントを始めてみるのも賢い手段といえます。

耐えられない更年期のかゆみ対策まとめ

40代後半以降にやってくる更年期の耐えられないかゆみの原因はただの老化や乾燥によるものではなかったということがお分かりいただけましたでしょうか。

乾燥がひどいからといった粉吹く顔や体にクリームばかり塗っていても、皮膚などをコントロールする大元の神経が弱っていては、皮膚は一向に蘇らず乾燥とかゆみを悪化させ、表皮は砂漠化しひび割れ、頭皮のフケや額のシワなどの原因となっていきます。
頭皮や額、デリケートゾーンへのかゆみが増加していると感じたらまずは、入浴方法の注意と入浴後のケア、そしてしっかりとした睡眠、肌着の選定を行ってください。

さらに漢方薬や高麗人参のサプリメントなど自身に合った更年期の体質改善策をみつけておきましょう。皮膚のかゆみはアトピーと同じで悪化すればするほど、かゆみを助長させのかゆみの部分を拡大させていきます。そんなかゆみがひどくなる前に、かゆみに強い皮膚と体質づくりを始めることが更年期のかゆみに対する大きな回避策といえるのです。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参