40~50代に入って、それまで特に不調を感じなかった関節が急にこわばって痛みを感じるということはありませんか?
朝起きると腰が痛くて動けないとか、椅子から立ち上がろうとすると足首やひざが痛くて立てないとか。転んだり、ぶつけたりしたわけでもないのにと不思議に思った経験をきっと多くの方がしていると思います。
そんなあなたの関節痛、もしかしたら更年期障害かもしれません。
一般に40~50代で、特に女性は閉経を挟んだ10年を更年期と呼びます。
特に女性は閉経を迎えることもあり、体に大きな変化が訪れます。この変化がさまざまな不調となって現れることを更年期障害と呼びます。
でも、更年期障害の症状というとほてりやのぼせ、大量発汗といった症状や、イライラや不安などの、うつ症状が良く知られていますね。でも、実は「関節痛」も実は多くの人が訴える症状の一つなのです。
ここでは、そんな更年期障害が引き起こす関節痛について、その原因と対処方法をお知らせします。

関節がこわばったり、痛んだり。更年期障害による関節痛の症状

説明するお医者さん

まずは、更年期障害による関節痛についてご説明する前に一般に言われる関節痛の症状についてご説明しておきましょう。
関節痛は、いわゆる関節が痛むものから、筋肉のこわばりまで、さまざまな症状の総称です。特定の疾患の名前ではありません。
症状によっては色々な個別の病名が上げられます。
なので、症状を上げてしまうときりがありませんが、多くの方が訴える代表的な症状を上げておきます。
  • ひざ、股関節、ひざ・手・足・肘の関節痛
  • 筋肉痛
  • 足や手のしびれ
これに対して、更年期に現れる関節痛とはどのような症状なのでしょうか?
一見すると一般的な関節痛とあまり差がないようにも見えますが、そうでない部分もあります。
更年期障害によって引き起こされる関節痛で顕著な部位はひざです。正座をする、階段を上るなど生活のあらゆる場面で痛みを発します。
◎更年期に現れる関節痛の症状

  • 体の関節の動きが鈍い
  • 手や手首、足首、ひじ、ひざ、腰の関節がこわばる、痛む
  • 正座をするとひざが痛い
  • 階段の上り下りがつらい
  • 重い荷物が持てない

更年期障害で関節痛はなぜ起こるのか? その原因とは・・・

うずくまるウサギ

更年期障害で関節痛がなぜ起こるのかをご説明する前に、まず、なぜ関節は痛むのかについてご説明しましょう。
関節は骨と骨とのつなぎ目です。そのままでは、常に骨と骨が直接ぶつかってしまって、すぐに骨がすり減ってしまいますから、そうならないように骨と骨の間には、軟骨でできたクッションがあります。このクッションがあるので、普段、関節は痛みを持つことはありません。
しかし、加齢や日常的な激しい運動、同じ動作の繰り返しなどによりこのクッションが摩耗、さらに加齢による体力の低下とともに筋力が低下すると骨と骨が直接ぶつかりあって、関節周辺の組織が傷つけられることにより骨の形が変わり、関節のそばを通る神経が圧迫されることにより痛みを発します。これが痛みの起こるメカニズムです。
では、更年期になるとどうして関節に痛みが出るのか、そのメカニズムもみていきましょう。
骨は生まれてから死ぬまでの間、形成と破壊を繰り返しています。
女性ホルモンのエストロゲンは、実は人間の成長に関わる成長ホルモンでもありますが、その働きとして、骨の形成を助けて骨の破壊を抑制します。
つまり、骨が体を構成していくためにはなくてはならないホルモンなのですが、更年期になるとこのエストロゲンを分泌する卵巣の機能が低下してしまうため、エストロゲンの分泌量も減ってしまいます
エストロゲンが減ってしまうことで、骨の代謝のバランスが崩れて、骨の破壊が抑制されなくなってしまうため、破壊するスピードの方が上がってしまい骨の形成が追い付いていかないため、軟骨はすり減り、骨の中身はスカスカな状態になってしまいやすくなるのです。
これがいわゆる骨粗しょう症と言われる状態です。
また、エストロゲンは軟骨の主成分であるコラーゲンの生成にも関与しているので、エストロゲンの分泌が減るとコラーゲンも作られなくなるので、軟骨も作られなくなるため、関節のクッションは摩耗していく一方ですね。
このように関節を保護するものがなくなり、関節自体も変形してしまうことで痛みが発生するのです。

更年期障害による関節痛、このままでいいの?

疑問を感じるウサギ

ひざが痛い、肩が痛いからといっても、仕事や家事が忙しいし、ただの関節痛だからと湿布をはってそのまま様子をみる人は案外多いと思います。
でもその関節痛、放っておいてもよいのでしょうか?
進行性の病気ではありませんが、ちゃんと手当をしておかないとそれ以上良くなることはありません
今のあなたの痛みがどの段階にあるか、ここでちょっと確かめてみませんか?
①関節痛レベル:最初期
関節の軟骨はまだ十分に厚みがあり、すり減ってはいない。
運動時に関節周りの腱や筋が痛む。
ひざを動かすと痛み、休むと痛みがおさまる。
朝起きた時や動いた時にひざがこわばり、違和感がある。
正座すると痛む。
②関節痛レベル:初期
ひざが腫れる、熱を持つ。
ひざを動かした時に強い痛みを感じる。
③関節痛レベル:中期
慢性的にひざが痛む、腫れる、熱を感じる。
関節の曲げ伸ばしをしきれない状態になる。
足が変形して、O脚になる。
ひざに水がたまる。
④関節痛レベル:末期
少し歩くだけで非常に強く痛む。
痛みが強すぎて全く動けなくなる。
関節が硬くなって、曲げ伸ばしができなくなる。
足が変形して、O脚になる。
さて、あなたのその痛みはどの段階あたりですか?
このチェックを読んだだけで怖くなった人も結構多いのではないでしょうか?
もちろん、あなたの関節痛レベルが間違いなく末期なら、ネット検索をしている時間に専門の医療機関を受診しましょう。
でもそれ以外なら、まだ、大丈夫、医療機関を受診する前に自分でできる治療法を実践すれば、関節痛の進行を食い止めることができます。

関節痛を自分で治療するために。有効なのは薬それとも漢方・・・

ここで、ご自分でできる関節痛を緩和するためのセルフケアの方法をご紹介しましょう。

食餌療法

料理をするネコ

食事によって関節痛の進行を食い止めることができます。
ただし、即効性はありません。素早い効果を期待される方にはむいていないかもしれませんが、バランスの良い食生活をすることはあなたの体にとってとても良いことです。
  • 更年期の時期に摂取するとよいとされている食べ物:更年期に減少するエストロゲンと似た形と働きをするもの

ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンC
亜鉛
大豆イソフラボン
タンパク質
鉄分

  • 関節痛に特に良い食べ物:摩耗してしまった軟骨成分を補うコラーゲンを含んだ食材

動物の肉や魚の骨や皮に多いコラーゲン
大豆イソフラボン

以上の2つの項目に共通する大豆イソフラボンは、閉経したラットの軟骨組織の変性を抑制するという研究結果が日本リウマチ学会で2015年に発表されています。

運動療法

ラジオ体操をするネコ

適度な運動をすることは骨の形成にとって有効なので、生活の中に取り入れていくことはおススメです。
ただし、運動することによってひざや他の関節に負担をかけてしまい炎症を悪化させてしまっては元も子もありませんので、無理をしないようにしましょう。
特におすすめしたいのは、ウォーキングやラジオ体操などの全身運動です。適度な運動は、更年期障害の緩和にも役に立ちます。

漢方

漢方を作るおじいさん

医療機関で処方される薬やドラックストアで購入できる市販薬は、お手軽ですが、副作用の心配があるとおっしゃる方には、天然由来の漢方薬を利用してみるのは如何でしょうか?
昔からあるものの中には、関節痛に効果があるとされるものも多数あります。
例えば、「疎経活血湯」という漢方は、四肢や腰など体の筋肉や関節の痛みに用いられてきました。この漢方は、痛みが体内を走り、或いは刺すような痛みがあったり軽い浮腫をともなったりする症状をターゲットにしています。
また、「桂枝加苓朮附湯」という漢方も関節痛に効果があるされています。
ここで紹介した漢方は関節痛による痛みを軽減する効果は確認されていますが、この投稿を読まれている方の多くが悩まれている更年期障害そのものへの効果を謳ってはいません。
これらの漢方によって関節痛による痛みは緩和できても更年期障害が緩和されたわけではありませんから、また、痛みがぶり返してしまう可能性があります。
ですから、もし、漢方による治療を希望されているのであれば、更年期障害の症状も緩和できる漢方を利用するのがおすすめですね。

体重

体重計に乗るネコ

治療法というわけでは、ありませんが痛みのあるひざ関節などへの負担を軽減するためにも体重はできるだけ減らすように気を付けましょう。更年期に入ると代謝が落ちて、筋肉量も減少しますので、体重は増加しやすい状態ですから特に注意が必要です。
体重コントロールには、先に上げた運動療法食餌療法が有効です。

体の冷え

寒がるシロクマ

これも直接の関節痛治療というわけではありませんが、体が冷えると血行が悪化し、全身に血が巡りにくくなります。関節に血が十分巡らないと関節痛が悪化し易くなることは研究により判っています。
真夏でも関節を冷やさないようにして、普段から軽い運動をして関節周りに筋肉は特に解すようにしましょう。

サプリメントや漢方は更年期障害による関節痛に有効なの?

さて、ここまで更年期障害による関節痛のセルフケアについてご説明してきました。
その中でも漢方について少し説明しました。前の項では、関節痛を緩和することをターゲットにした漢方をご紹介しましたが、ここでは、今回の関節痛の原因である更年期障害の症状緩和の助けになる漢方についてご紹介したいと思います。
ウィンクするイヌ
更年期障害は、更年期に入り、女性ホルモンの分泌が減少することによって引き起こされる体の不調です。女性ホルモンの分泌には脳下垂体が大きく関わっていますが、その脳下垂体は自律神経の働きにも大きく関わっています。
女性ホルモンのバランスの乱れに影響されて自律神経のバランスも崩れます。それが更年期障害の原因の一つとされています。ですので、この自律神経のバランスを整えることで更年期期障害の症状の多くを緩和できるとされています。
そこでご紹介したいのが高麗人参です。高麗人参は数ある漢方の中でも日本人には馴染みのあるものではないでしょうか?
この高麗人参には、ジンセノサイドという有効成分が含まれていますが、この成分は、更年期障害の症状緩和の大きな助けになると言われています。
特に自律神経のバランスを整えるための力を期待されています。自律神経のバランスを整えることで体内の巡りを改善する助けにもなりますので、体の冷えに対するサポート役としてはうってつけです。
また、このジンセノサイドには抗炎症作用があり、関節内の炎症を抑制する助けにもなります。
関節痛だけでなく、更年期障害に対するサポートも期待できる高麗人参を一度ためしてみるのは如何でしょうか?

まとめ

更年期に入って、体の節々が痛いけど、年を取ったのだから仕方ないと諦めてしまっていませんか?
もちろん、加齢による筋肉量の低下が原因の一つではありますが、もしかしたら、その痛み、更年期障害によるものかもしれません。
更年期障害の症状を緩和することであなたの関節の痛みが緩和できるとしたら?
治療に取り組んでみない手はないのではないでしょうか。
バランスの良い食生活、関節に負担をかけない適度な全身運動、そして副作用の心配のない漢方として高麗人参を取り入れて、更年期障害の症状を緩和するとともに、節々の痛みから解放されませんか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。