更年期とは40代後半から60代前半の時期を指します。この時期になると加齢やストレスによるホルモンバランスの乱れから、さまざまな自覚症状を伴う健康被害が出るようになり、その健康被害を総称して「更年期障害」と呼びます。
しかし、近年、まだ、更年期と呼ぶには早い30代という若い年代でも更年期障害と同様の症状を訴える女性が増えています。早い人では20代で発症するケースさえ確認されています。
若年層で更年期障害様症状を起こす場合は「若年性更年期障害(プレ更年期)」と呼び治療法に関しては、通常の更年期障害と同じ方法が選択されています。
更年期障害はホルモン分泌と自律神経のバランスの乱れからくる諸症状なので自律神経失調症のひとつに分類されます。薬や漢方薬を使って対策を講じることが可能です。
しかし中には副作用が確認されているのでおすすめできない薬もありますので、それらについて詳しく説明していきます。

更年期障害の治療ってどんなことをするの? ホルモン補充療法

説明するお医者さん

更年期障害は卵巣から女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が少なくなることから始まります。そして、エストロゲン(卵胞ホルモン)が出にくくなるとその後に分泌されるはずのプロゲステロン(黄体ホルモン)も出にくくなります。
これらは通常生理の前期中期後期でバランスを取りながら分泌されて いますが、更年期に入るとそのバランスが崩れるのです。医療機関での治療では、まずは生理の前期に本来出るはずのエストロゲンを体外から体内に補充するような治療法になります。
ただし、エストロゲンだけを長期間補充すると子宮体がんのリスクが高まるので、プロゲステロン(黄体ホルモン)をミックスした補充治療になる場合が多いです。
それでも女性ホルモンを人工的に増やすという「不自然」な治療になるので副作用は必ず出てきます。ですから、余程、症状が重い場合は別として、あまりおすすめはできません。
どうしても治療を受けなければならない方のためにどのような薬が処方されるかを以下でご説明していきます。

減ってしまったエストロゲンを補充するために医療機関で処方されるお薬について

ホルモン補充療法(HRT)というのは、急激に減少した女性ホルモンに対して必要量のホルモンを補充する治療法のことです。
薬は飲み薬と塗り薬があります。
  • エストロゲン単剤 :錠剤…結合型エストロゲン(プレマリン錠)・エストラジオール(ジュリナ錠)  貼り薬/塗り薬…エストラジオール
  • エストロゲン黄体ホルモン配合剤 :錠剤…エストラジオール/レボノルゲストレル  貼り薬…エストラジオール/酢酸ノルエチステロン
  • 黄体ホルモン製剤 :錠剤…酢酸メドロキシプロゲステロン・ジドロゲステロン・ノルエチステロン
●注意したい副作用
青ざめる女性
注意しなければならないのが、ホルモン補充療法によるリスクです。
平均5年以上ホルモン補充療法による治療を受けている女性では、受けていない女性と比べて乳がんの発症リスクが1.3〜1.4倍高くなることが解っています。ホルモン補充療法 を用いた場合は、定期的な検診を受けて注意をする必要があります。ただし、乳がんをすでに罹患している方については、 ホルモン補充療法を受けることはできません。
さらに注意すべき点として、以下の点をご留意ください。
◎子宮を摘出している女性は、エストロゲン製剤だけを単独で用いること
◎上記以外の女性は、子宮内膜がんの発症予防のため、エストロゲン製剤とともに黄体(おうたい)ホルモン製剤が併用すること(黄体ホルモン製剤を周期的に投与すると、月経に似た出血を繰り返しますが、続けて用いていると、次第に不正出血はなくなります)
ちなみに、エストロゲンもプロゲステロンもどちらもいわゆるステロイドの一種に分類されます。ステロイドについては、さまざまな疾患でその効果を上げていますが、重篤な副作用も確認されています。使用の増加に伴い甲状腺への影響なども懸念されています。
閉経、つまり女性ホルモンが減少するのは自然現象なので、それを無理やり食い止めて薬剤などでステロイドホルモンであるエストロゲンなどを投与すると 下垂体や副腎、甲状腺、卵巣などの内分泌器系すべてに副作用が出る可能性が大きいということです。摂取にあたっては十分注意してほしいところです。

大豆イソフラボンとザクロの実力?

?を浮かべるウサギ

病院で処方さる薬以外にも自然界に存在するもので女性ホルモンに似た作用をするものがいくつかあります。
ここではそれらについてご説明していきます。

大豆イソフラボン

私たち日本人には非常に馴染みの深い食材である「大豆」に含まれている「大豆イソフラボン」に高い関心が寄せられるようになりました。
その理由は大豆イソフラボンにはエストロゲンとよく似た働きがあり、このような働きをする物質を「フィトエストロゲン」と呼びます。
大豆イソフラボンはフィトエストロゲンの中でも代表的な存在で、また食品由来の成分ということもあり、安全性の面からも大きな期待が寄せられているのです。
エストロゲンとよく似た働きがあるとされるフィトエストロゲンを用いたサプリメントが日本では数多く流通していますし、商品の謳い文句もその作用を全面に押し出しています。しかし、私たち日本人には馴染み深い大豆から抽出される天然型のフィトエストロゲンとはいえ、過剰摂取すると乳腺への悪影響があるのではないかという論文が出され話題にもなりました。
当時の厚生労働大臣が会見を開き、乳がんの既往がある人は大豆イソフラボンの過剰摂取を控えるようにというコメントを出したことを覚えている方もいるのではないかと思います。
これはアメリカの研究機関が出した論文で、食用として摂取された大豆に含まれるイソフラボンにはフィトエストロゲンとしての作用が確認されるものの、サプリメントに加工された大豆イソフラボンの安全性は検証が不十分であり、却ってエストロゲンの過剰作用によってもたらされる乳がんリスクの上昇につながるのではないか?という主旨のものでした。
今現在アメリカでは大豆イソフラボンを主原料とした更年期障害向けのサプリメントはほとんど流通していません。これが現実です。
ショックを受けるネコ

ザクロ

ザクロもまたエストロゲンによく似た成分を含有していることが研究により解っています。
いわゆる、植物エストロゲンと呼ばれる成分です。このザクロに含まれる植物エストロゲンは、人間の持つエストロゲンと全く同じ化学構造を持ち、それゆえに女性ホルモンと同様な生ザクロの実理作用を起こすので、ザクロにはさまざまな効果があると言われています。その多くは種子中に含まれています。
種子は非常に苦く、かつザクロの実の全体からみると、ほんのわずかな量です。カルフォルニア工科大学ヘフトマンズ博士らの研究報告によると、含有量は種子1kg中にたった17mgしかないとのことです。
さらに、一般に市販されているザクロジュースには、果汁だけで種子のエキスが入っていないものもあります。果汁というのは一般的には圧搾法と言われ果実を絞るだけだからです。ですから、種子のエキスは含まれません。
ザクロの種に多くエストロゲン似の成分が含まれるのならば、ジュースではなく、種を食べればいいのではと思いますが、種は、かなり苦いので、そのまま食べるのは無理があります。「良薬口に苦し」といいますから、エストロゲンの摂るためにと我慢して食べることも可能は可能ですが現実的ではないですね。ですから、ザクロジュースを買う際には、そのジュースに含まれる成分をよく吟味したうえで購入することをおすすめします。
ただし、エストロゲンと同じ化学構造を持っていて、似たような作用をすると言われてはいますが、実際にどのような作用をするかについての論文はまだわずかしかなく、人への効果についてもまだすべてが確認されたわけではありません。
ガッカリする女性

更年期障害を引き起こす自律神経のバランスを整える薬について

更年期障害は自律神経失調症の一種であると先ほどご説明しました。
ですので、医療機関では、ホルモン補充療法以外の治療法として自律神経のバランスを整える薬(自律神経調整薬)を処方することがあります。
自律神経調整薬とは、視床下部に作用する薬です。 交感神経と副交感神経のバランスを整える働きがあります。
体質的に自律神経のバランスが乱れやすい「本態性自律神経失調症」の人や、体に現れる症状が軽い人に対して主に使用されます。 自律神経の中枢である「視床下部」に働きかけるので、作用もおだやかで副作用も少なく、眠気を誘う程度です。
※本態性自律神経失調症とは?
本態性自律神経失調症とは、先天的・体質的に自律神経が乱れやすい人が発症するもの。交感神経と副交感神経の切りかえがうまくいかないためにバランスが乱れやすいもので、比較的珍しいケースと言えます。
子供のころから、めまい、立ちくらみ、といった症状が現れることがあります。特に、朝礼のように長時間立ち続けていたり、横になっている状態や座っている状態から急に立ち上がったりすると、クラクラッと立ちくらみを起こしたりします。
ほかにも、体調をくずしやすい、乗り物酔いをしやすい、虚弱体質である、冷え性傾向である、だるい、疲れやすい、といった傾向があります。
しょんぼりするウサギ

主な自律神経調整薬とその特徴

  • 製品名:グランダキシン(一般名:トフィソパム)

働き:交感神経が高まることで起こる肩こり、頭痛、手足の冷えをやわらげて改善する
注意点:眠気を伴うので、服用後は乗り物や機械類の運転をしない
1日の服用量:150mg

  • 製品名:ハイゼット(ガンマオーゼット)(一般名:ガンマオリザノール)

働き:更年期に起こる冷え、のぼせ、発汗異常をやわらげて改善する
注意点:副作用は少ない
1日の服用量:30mgから75mg

主な自律神経末梢作用薬 とその特徴

自律神経末梢作用薬とは自律神経の末端に働きかける薬です。
体のすみずみに張りめぐらされている自律神経の末端部分に作用する薬。体の特定の部分にだけ症状が出ている場合に使います。
  • 製品名:インデラル(一般名:プロプラノーロール)

働き:交感神経が高まることで起こる動悸・不整脈・不安・緊張をやわらげて改善する
注意点:ぜんそく・低血圧の人は使用できない
1日の服用量:30mgから90mg
副交感神経遮断薬

  • 製品名:ブスコパン(一般名:臭化ブチルスコポラニン)

働き:痙攣(けいれん)性の胃痛など胃腸の症状をやわらげて改善する
注意点:眠気を伴うので服用後は乗り物や機械類の運転をしない。15歳以下は服用しない。
1日の服用量:10mgから30mg
交感神経興奮薬

  • 製品名:リズミック(一般名:メチル硫酸アメジニューム)

働き:めまい・立ちくらみ・低血圧など起立性失調症候群をやわらげて改善する
注意点:高血圧症、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、狭隅角緑内障、残尿を伴う前立腺肥大の人は使用できない
1日の服用量:20mg

※ 働き・注意点・服用量などは、あくまでも目安です。服用にあたっては、必ず医師の指示に従ってください。
自律神経調整薬や末梢作用薬などで症状をやわらげることもできますが、やはり薬に頼るよりも普段の生活を見直して自律神経を整えるようにしたいもの。
そこで、食べ物、お風呂の入り方(お湯の温度・湯船につかる時間・いつお風呂に入るのがいいか)、効果的な運動、眠りを深くするなどして自律神経を整えましょう。
風呂に入っているネコ

更年期障害の症状改善をターゲットにしたサプリメントの真の実力とか?

更年期障害の症状改善をターゲットにしているサプリメントと言えば、タケダの漢方ルビーナツムラのラムールQが有名ですね。
特にルビーナは江戸時代から伝わる「連珠飲」という漢方を処方しています。血のめぐりを良くして体を温める「四物湯」と水分代謝や自律神経の乱れを整える「苓桂朮甘湯」とを組み合わせた漢方をベースにしたサプリメントです。
ルビーナは臨床実験では、ほてりやのぼせ、冷え症など更年期障害の症状において改善効果が報告されています。3週間の服用では8割近くの方が有効性を感じています。
ラムールQについても、更年期障害による冷えや疲労感、頭痛やイライラ、肩こりなどの症状を改善してくれる医薬品として開発されたものなので、その効能に期待が持てます。
しかし、更年期障害の対策に最も有効なホルモンバランスを整えることと恒常性への効果が薄く、更年期障害を根本から改善するには物足りないかもしれません。ということは、ホルモンバランスと恒常性への対策をプラスして行うことで、さらに効果が期待できますね。
ただし、これらのサプリメントは第二類医薬品ですので、人によっては副作用が出ることがありますので、使用の際には注意書き等をよく読み、もしも体調に変化があった場合には直ちに服用を止めて、医療機関を受診してください。

体のバランスを整えるサポートを期待するなら、自然由来で副作用がない高麗人参はいかが。

指をさすお医者さん

昔から漢方の世界では万能選手として名を馳せてきたのが「高麗人参」です。高麗人参にはサポニンの一種である「ジンセノサイド」という栄養素が含まれています。 ジンセノサイドは数あるサポニンの中でも高麗人参にしか含まれていない成分です。
一般的なサポニンとジンセノサイドの違いは過剰摂取をした時に出るとされています。サポニンは食べすぎると毒性を示すことが知られていますが、ジンセノサイドにはこの毒性がありません。
そして以下のことへのサポート力に優れていることが、科学的に証明されています。
  • めぐりを良くする
  • 体を温めてくれる
  • 体の中が錆び付かないようにしてくれる(抗酸化力)
  • 侵入してきた異物を速やかに取り除く
また、ジンセノサイド以外にも豊富な栄養素(「ミネラル」「アミノ酸」「ビタミン類」)が含まれていて、体が必要としている栄養素を補ってくれるのです。
ホルモンのバランスが乱れていることで起こるとされている女性特有の悩みを助け、足りないものを補ってめぐりを良くすると自然と全体の調和が保たれるようになるのです。
さまざまな不調を抱えてしまうホルモンのバランスの乱れを解消するにはめぐりをサポートしてくれる高麗人参を生活の中に取り入れてみてはいかがですか。

まとめ

更年期障害の辛い症状は、ホルモンバランスの乱れによるものとされています。
バランスの乱れ」という言葉からも解るように、乱れを整える=調整することで症状は確実に緩和されるのです。
しかし、このバランスの乱れは、加齢によるもので自然現象ですからそのままでは防ぐことはできません。
そこで、落ち込んでいく調子を整えるためにまずは「足りないものを補って」全体的な調和が保てるようにすることが肝心です。
そのためには何かしらの方法を考えなければなりませんが、副作用のある治療薬をあれやこれやと服用するよりも、漢方の世界では万能選手と言われている「高麗人参」はいかがでしょうか?
不調を解消するなら今必要とされる色々な栄養素も合わせて補給できるので日々の家事や仕事で忙しい方にはうってつけではないでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参