40代も半ばを過ぎると、体にさまざまな不調を感じるようになってきます。「ああ、これが更年期障害っていうやつかしら」と思いながらも自己判断をすることもできないので欝々した日々を過ごされる方も多いと思います。
また、似たような症状の自律神経失調症うつ病などとも区別をすることが難しいため、一体自分はどうなってしまったのかと悩まれている方もいることでしょう。
これらの症状を見分けるポイントと辛い症状を少しで解決できるように、薬や漢方も含めてご説明していきたいと思います。

更年期障害と自律神経失調症との違いは

ためいきをつくウサギ

一般に更年期と言われる45歳~55歳前後になると、症状や程度に個人差があるものの閉経にむかい、頭痛や肩こり、のぼせ、不眠、疲れやすい、不正出血などさまざまな症状が起こってきます。
それは加齢とともに次第に卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少することによって起こる症状と言われています。
女性ホルモンの減少は、残念ながら女性であれば誰にでも起こる自然現象ですのでこれをどうにかすることはできません。
それよりも問題は卵巣からの女性ホルモンが減少することではなくて、卵巣にむかって「女性ホルモンを出しなさい!もっと出しなさい!」と強く指令を出している脳の下垂体という器官にあります。問題が起こるプロセスについて順を追ってみていきます。

①この下垂体という器官は、加齢により次第に機能が低下しつつある卵巣の状態を無視して、種の保存という動物としての本能のためにまずは女性ホルモンのエストロゲンを出し続けなさいと命令を続けます。

②下垂体が無理難題をいくら出したところで、すでにその機能が低下しつつある卵巣からエストロゲンの分泌は少ないままです。
しかし、下垂体はあきらめず、さらに「もっとエストロゲンを出さないと、プロゲステロンが働けない」として指令を続けます。でも、やはり卵巣はどうしても十分にはエストロゲンを分泌することはできないのです。
③そんなやり取りが続くと「どうして卵巣は言うことを聞いてエストロゲンを出さないの!どうなっているんだ!」として混乱します。この混乱が下垂体に強いストレスを引き起こします。
④下垂体がストレスを感じると、ノルアドレナリンという神経伝達物質が副腎髄質から出されます。ノルアドレナリンはアドレナリンの前駆体になりノルアドレナリンは主に神経を緊張させ興奮状態を招きます。
⑤ストレスを敵として感じるので、それらに対して「戦闘態勢を整えろ!戦うんだ」と神経に命令をします。
⑥自律神経が働き無意識に体の各臓器や器官を動かします。
自律神経は、交感神経(活動時、緊張している時、ストレスを受けている時に働く)と副交感神経(休養時、リラックスしている時、眠っている時)とで役割が分かれていますが、ノルアドレナリンは交感神経に対して「戦う姿勢を整えなさい」と指令をします。
あわてている看護師さん
以上のようなプロセスを経て出された指令が一時的なものであれば何も問題はありませんが、更年期で卵巣から女性ホルモンが出ないことで下垂体はつねに混乱していて、ずっとストレスにさらされている状態です。
この時、ノルアドレナリンが出っ放しになっているので交感神経も高ぶったままです。
通常、自律神経は交感神経と副交感神経とが相互にバランスを摂りながら働き、体の各機能をコントロールしているのですが、更年期の間では長い方だと10年間近く交感神経が高ぶり続けている状態になってしまうのです。

交感神経が高ぶったままだとどうなるの

交感神経が高ぶりっぱなし=交感神経が優位状態では、夜になってもなかなか寝付けず不眠を引き起こします。
自律神経でコントロールされている血管もこのような状態が長く続くと血管が収縮し続けている状態で血液が通る道が狭くなります。
寝付けず困っている女性
その結果、血圧が上がることにもつながります。血管が収縮した後で、副交感神経が作用して血管がゆるめば血液は元気に流れ体内の血のめぐりはスムーズになるのですが、更年期障害で交感神経が優位な状態が続くので血管がゆるむ暇がなく全身の血のめぐりが悪くなります。
すると、体の器官の隅々まで栄養素が行き渡らなくなり、全身が倦怠感を感じるようになります。
ここまで、お話してきたように、更年期障害で直接体に悪い影響を及ぼしているのは実は自律神経の乱れです。
それによってさまざまな体の不調があらわれていることから、更年期障害は自律神経の一種として医学的に分類されているのです。
更年期障害と自律神経失調症は、ほぼ同じ病だと考えられ、唯一違うのは、原因のはじまりがホルモンバランスなのか、あるいはそれ以外に原因が考えられるのかです。
ですから、更年期障害による症状なのか、ただの自律神経失調症なのかをこの原因のはじまりによって区別することができます。
不調の原因を明らかににしたいのなら、婦人科なのでホルモン検査をすると更年期障害なのか自律神経失調症なのか明らかになると思います。

更年期障害とうつ病の関係

更年期に入ると症状として「うつ症状」を訴える女性も多くなります。医学的には自律神経失調症の一種とされているうつ病ですが、更年期によるうつ症状なのか、通常の「うつ症状」なのか判断はつきにくく、うつ病は自律神経失調症の延長戦上にあると例えると分かりやすいかもしれませんね。
自律神経の乱れを招くノルアドレナリンは、更年期の女性ホルモン減少だけが引き起こすわけではなく、人間関係のストレスや環境の変化、疲れなどによるものと考えられます。
うつ病には、さらに脳の青斑核という場所も関係しています。ノルアドレナリンは青斑核からも分泌されることが解っていて、青斑核からノルアドレナリンが出ると、脳内のみにイライラ状態を誘発し、縫線核から分泌される別名「幸せホルモン」というセロトニンの分泌が抑えられてしまいます。
つまり、青斑核からノルアドレナリンが出続けていると幸せホルモンから幸せを感じにくくなってしまいます。本当は幸せなのにセロトニンが分泌されないので脳内の視床下部が幸せを感じられなくなり、ネガティブな発想ばかり考えてしまいます。
涙を流すウサギ
更年期障害とうつ病は、どちらも自律神経失調症のひとつで親戚のようなものになると思います。
自律神経失調症になった原因が、更年期による女性ホルモンの減少と関係が認められれば更年期障害の延長によってうつ病になったと考えられ、病院などの検査で女性ホルモン量の減少が認められなければ、更年期障害によるうつ症状ではなく、自律神経失調症の延長線上にあるうつ病として考えられるようになります。

更年期障害におけるうつ病の症状について

ここでは更年期障害による、うつ病の症状をご紹介します。

  • 疲れやすい
  • イライラする
  • 涙が出る
  • 何も興味が出ない
  • 心配事が多い
  • 不眠症
  • 完璧にこなさないと落ち着かない
  • ネガティブなことばかり考えてしまう
  • 些細なことに神経質、几帳面になる
これらの症状は、通常のうつ病でも起こる症状なので、ただのうつ病なのか更年期障害によるうつ病なのかは病院でホルモン値の検査をしないとはっきりと判りません。

治療をするには何科にかかればいいの

?マークを浮かべるネコ

そろそろ更年期かなという年代に入り、特に原因が思いあたらないのに体調が悪く、更年期障害なのか自律神経失調症なのかうつ病なのか区別がつかず、医療機関を受診しようにも何科にかかるべきか迷った場合、更年期外来という科がある病院をおすすめします。
しかし、医師の考えもそれぞれですので、更年期障害、自律神経失調症、うつ病をご一緒にしてしまったり、原因と結果が混ざり合ったりしてしまう場合もあります。ですから、受診したらまず一番はじめにホルモン検査をした方が良いです。
婦人科であれば、ホルモン検査の必要性を理解しているので、どちらでも検査をおこなってくれるはずです。
更年期障害は風邪と似たような症状や疲れやすいなどの感覚もあり、体調が悪いからと内科にかかるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、内科ではホルモン検査はまずしませんし、理解されにくいことが多いので、やはり最初は婦人科を受診しましょう。

年齢が若くても油断はできない

更年期障害は、だいたい40歳を過ぎてからが目安ですが、最近では2~30代と若い年代にもかかわらず更年期の症状があらわれる「若年性更年期障害」が増えてきています。
40代以降の更年期障害では、女性ホルモンを分泌する能力が低下していることが原因でホルモンのバランスが崩れることが原因ですが、年齢が若いうちでの更年期障害では、ストレスが原因で自律神経が不安定になったことが原因のひとつとして考えられています。
年齢が若いからといってまだまだ更年期障害には関係ないという保証は全くないので、体調が悪くなったら婦人科にいってホルモン検査をすることが大切です。

更年期障害の症状改善に期待できる薬

薬の説明をするお医者さん

更年期障害の治療では、複数の薬を併用する場合があります。代表的な4種類をご紹介します。

自律神経調整薬

脳の視床下部に働きかけ、交感神経と副交感神経のバランスを調整し、自律神経の働きを整える薬です。

女性ホルモン製剤

女性ホルモン製剤とは、女性ホルモンを補充し症状の改善を目指す治療(HRT)に使われる薬です。

プラセンタ製剤

プラセンタとは日本語で胎盤を意味し、ホルモンを調整する働きがあります。プラセンタには小さな一個の受精卵を10ヶ月の間に人間に育てる驚異的な力を持っています。

漢方薬

副作用が少なく長期に服用できると、漢方薬は多くの病院で処方されています。
ここに挙げた薬は漢方薬以外副作用があります。よほど症状が重い更年期障害でない限りは服用するか否かは慎重に見極めるべきです。

更年期障害におすすめする漢方薬

更年期障害向けの漢方にはいくつか種類があります。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力がなく冷え性や貧血の症状があり疲れやすい女性に効果、効能があり更年期障害の治療にも所要されています。

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

疲れやすい、イライラ、肩こりなどの症状があり多少体力をお持ちの女性に処方されます。

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

比較的体力がある女性向けで、めまい、のぼせ、頭痛、更年期障害の諸症状に効果を発揮します。

そして、もうひとつ、有効な漢方として「高麗人参」をご紹介します。
古くから日本にも伝わる高麗人参には体内のめぐりをスムーズにして、こころのバランスをサポートする力があると言われています。
ストレスなどで乱れやすい内面を安定させる助けをしてくれるので、更年にかけてのお悩みにもピッタリです。また、成分も自然のものなので副作用もなく漢方の成分としては、ちょっと抜きんでている存在であります。

まとめ

更年期障害を迎える年代は、社会的にも個人的にも心身ともにバランスを崩しやすい時期でもあります。そして、その時期にあたる誰もが安心して穏やかに毎日を過ごしたいと願っているはずです。
更年期障害、自律神経失調症、そしてうつ病には明らかな違いはなく、それぞれがつながりあっている関係でもあります。
婦人科や更年期外来にかかっても、はっきりとした線引きが行われるかは医師によって違います。そして、治療にあたっては何かしらの薬が処方されることが多いでしょう。
しかし、薬には何らかの副作用がつきもので一度服用するとなかなか止められなくなる依存性もあります。
日々の生活を穏やかなものにするために、処方薬の前に、効き目は穏やかですがその分副作用もなく安心な高麗人参などの漢方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参