「もしかしてこれって更年期障害の症状かな?」と思っていてもすぐに病院へ行ったほうがよいかまだしばらく行かなくてもいいのか迷っていませんか?

まだ症状に波があるし、ひどいときには行きたいとは思うけどついついタイミングを逃している」ですとか、「そもそも病院が嫌いで腰が重い」「市販薬で対処を試みたけど効果がない」なんて人は多くいると思います。

あなたのその症状はどのようなものですか?

ほてりやのぼせ、めまいに頭痛、関節痛と加齢によってホルモンバランスと自律神経のバランスが崩れることで、さまざまな症状を起こしてしまうのが更年期障害です。この更年期障害の症状の種類やその重さなど、個人差に大きな幅があるので、安易に放っておくと生活に支障が出るほどつらい症状を引き起こしてしまう人もいます。

一体いつ病院へいくべきか、更年期障害の診察とはどんなものなのかについて詳しく解説していきたいと思います。

更年期障害の病院へ行くべきタイミングとは一体いつ?

病院の受付

更年期障害かどうかについては自分では判断できません。

年齢的にいうと40代後半から50代後半頃までの閉経を挟んだ前後10年間の間に体内環境の変化により起こる少症状の総称を更年期障害と呼びますが症状が軽い場合には体調不良と更年期障害の違いはわかりにくいでしょう。

一般的に推奨されているタイミングは「日常生活に差し障りがある」というくらい症状が発症し始めたら病院へ行って診察を受けるべきといわれています。というか、病気は早期発見するに越したことがないといわれますが、更年期障害も一緒でしょう。

症状が重くなって身動きが取れなくなる前に早めに自分の状態を知っておくということはとても重要です。症状が軽いうちに抑えることが出来れば、そんなにつらい思いをしなくても済むかもしれませんので早めの受診をおすすめします。

しかし、病院が嫌いで腰が重いという人はこのような症状が現れていたら病院へいく参考にしてください。

  • 仕事に集中できないことが増えた
  • イライラして動悸が起こるときがある
  • 頭痛がするので頭痛薬が手放せない
  • めまいがしてフラつく
  • 眠れない日が続いている
  • ほてり、のぼせで汗が止まらなくて困る
  • 関節が痛くて曲げられないことがある

こんなことが起きていたら更年期障害の疑いが大きいですし、放っておくと怪我をしたり症状が重くなってしまったりする可能性もあります。我慢をしてしまわずに素直にまずは病院を受診してみましょう。

更年期障害の治療ってそもそも何科?

笑顔の看護師さん

よく聞かれるのが更年期障害のときに受診すべきは何科?という質問ですが、更年期障害の疑いがあるまたは自覚があるという人は、ずばり「婦人科」か「更年期外来」を受診しましょう。

更年期に起きる症状とはめまいがしたと思ったら頭痛、肩こり・腰痛に悩まされたり、不眠、食欲不振になったりなど一貫性がないので何科に行けばいいのかとてもわかりにくいです。

しかし、更年期障害の起きる根本の原因は、卵巣機能の低下によるホルモンバランスの崩れとそれに伴って起きる自律神経の崩れです。婦人科と更年期外来には更年期障害のときに重要なホルモンの検査があるので、「自分は今どんな状態で何の数値が上がっているから、この症状が出ているんだな」とかいった情報が一発で分かります。

婦人科へいくとまず問診からスタートし、内診、血液検査、骨量・骨密度測定、心理検査いった検査を行うことになりますが、血液検査では特に今現在の血中ホルモンの濃度を測定できます。この数値によって更年期障害かどうかを診断します。その後、あなたの症状に合わせた治療法を行っていくことになります。

この病院の受診でひとつ注意したいのは、「うつ」のような症状がひどい場合には、心療内科または精神科を受診する必要が出てきます。これは婦人科の検診後に医者に相談してから受ければいいと思いますが、うつの症状を抑制するには心療内科が有効なケースもあるということを頭の片隅に入れておいていただければと思います。

更年期障害の病院での治療と薬の種類について

病院であなたが更年期障害と診断された際に行う治療法とその薬の種類に関して詳しく見ていきましょう。更年期障害の治療法には主に「ホルモン補充療法」「プラセンタ注射」「漢方薬」「その他の薬物療法」がありますが、病院によって処方される薬の種類もさまざまです。事前の準備情報としてチェックしておきましょう。

ホルモン補充療法

袋に入った薬

ホルモン補充療法とは更年期に不足している女性ホルモン(エストロゲン)を何らかの形で補充して補うという療法で。国内では錠剤、貼り薬、塗り薬が主によく使われています。

◯薬の種類
・エストロゲン単剤(錠剤、貼り薬、塗り薬あり)
・エストロゲン黄体ホルモン配合剤 (錠剤または、貼り薬)
・黄体ホルモン製剤 (錠剤)

◯費用について
費用としては医療機関によって大きく異なってきますが、自費診療の場合、初診料が約3千円〜5千円程度、検査費用は3万円〜5万円程度、薬代として1ヶ月3万円〜5万円程度と結構お値段が張ってきます。保険診療も病院によってはあり、薬代が1ヶ月5千円程度で合計1万円程度だったりするので事前に調べてから受診したほうがよいでしょう。

◯副作用について
ホルモン補充療法はで心配されている副作用は乳房の張りや痛み、下腹部の痛み、おりもの、食欲不振、吐き気などを感じてしまう人もいるようです。また、乳がん・子宮体がんなどの発がんリスクが高まる、高まらないといった論争があるようですが、これはどちらが正しいとはいいにくいので発がん性のリスクは多少なりともあると考えたほうがいいかもしれません。

プラセンタ注射

注射を受ける女性

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことを指し、プラセンタ注射の原料は国内のヒト胎盤エキスを使用しています。現在日本で使用が許可されている製剤は下記2種のみで医療機関でしか処方できません。

◯薬の種類
・メルスモン製剤
・ランネック製剤

◯費用について
医療機間によってことなりますが、自費治療で2千円から9千円が一回の注射の金額です。何回注射するべきかについては個人差があるのでその人の実感度合いによってきます。保険適用だと5百円ほどで処方してくれる病院もあります。

◯副作用について
献血ができなくなります。(何かのリスクが否定できないということ)副作用のリスクは基本的に低そうですが念のため禁止されているようです。他にも人によっては発熱、発疹に注意してください。

漢方薬

粉薬

漢方薬とは伝統中国医学の一種で、東洋医学の理論に基づき幾つかの生薬を組み合わせて処方される自然素材の薬。比較的副作用が少なく、効果も緩やかなのが特徴といえます。更年期障害にいいとさられている代表的な漢方薬をまずはご紹介します。

桂枝茯苓丸エキス(けいしぶりょうがん)

◯生薬の種類
桂枝(けいし)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、芍薬(しゃくやく)、芍薬(しゃくやく)の5種の生薬から成り立つ。
◯効能
血液の流れを良くし、熱のバランスを整えてのぼせや冷えを改善する。比較的体力があり、めまい、頭痛、のぼせ、下腹部の痛み、月経不順、足の冷え、肌荒れに効果がある。

加味逍遥散エキス(かみしょうさん)

◯生薬の種類
柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)、当帰(トウキ)、生姜(ショウキョウ)、薄荷(ハッカ)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)、山梔子(サンシシ)、牡丹皮(ボタンピ)の10種の生薬から成り立つ。
◯効能
血液の流れを良くし、体を温めながら上半身ののぼせなどの熱を冷ます。肩こり、のぼせ、ほてり、月経不順、不眠、神経症に効果があり、ホルモンバランスを整える働きがある。

当帰芍薬散エキス(とうきひゃくさん)

◯生薬の種類
当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、川きゅう(センキュウ)、白朮(ビャクジュツ)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)の6種の生薬から成り立つ。
◯効能
血液の流れを良くし、貧血を改善、痩せ型で強弱な人向きの処方。生理痛や肩こり。めまい、貧血症状、むくみ、不妊症、月経痛など幅広い症状に適応。

漢方薬の価格については1ヶ月1万円〜2万円などが目安ですが薬局や病院によって大きく違います。また、保険の適用も病院によっては使用できます。これ以外にさまざまな生薬の種類があるので、漢方薬局や病院を探し処方してもらうのもいいでしょう。ちなみにインターネットで買える漢方薬は薬と同じでさらに効き目が弱めになっています。

その他の薬物療法

錠剤

更年期障害が精神的な症状である場合には、心療内科や精神科にて抗うつ・抗不安薬・睡眠導入剤などが処方されます。のぼせ、ほてりでは自律神経調整薬が処方され、交感神経と副交感神経のバランスを調整します。

更年期障害を感じたらいつ病院にいくべきかのまとめ

更年期障害の自覚が少しでもあったら、その時点で病院を受診しましょう。症状と原因と自分の症状について理解するだけで気持ちの持ちようは変わってきますし、その先の症状が重くならずに済む可能性もあります。

更年期障害にはさまざまな治療法がありますから、始めやすい治療から取り組み、自信に合ったものを見つけましょう。初めは副作用のない治療法から取り組むことをおすすめします。あまり効果があり過ぎて使用を継続していたら他の病気を引き起こしてしまったら元も子もありません

また、がまんし過ぎは体によくありません。かえって体調不良を悪化させる原因にもなりますので、まずは婦人科、更年期外来で安心して通うことの出来る病院を見つけましょう。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。