更年期障害は人によって始まる年齢や症状が異なります。

その中でもホットフラッシュのように更年期障害だと分かりやすい症状もあれば、「胃もたれ」のように普段の体調不良と見分けがつかない症状も存在します。

特に胃もたれは、食べ過ぎや飲み過ぎ、といった日々の生活を要因として起こることが多い症状なので胃もたれがしばらく続かない限り、他の原因を疑うこともしないのです。
ただし、この胃の不快感の原因が食べ過ぎや飲み過ぎでないのであれば、根本の原因を突き止めない限りその症状は治りません。

この記事では更年期に起こりやすい胃もたれが起こる原因と対策、またその他の原因で考えられる病気のリスクについて解説していきたいと思いますので、この記事を読んで更年期に胃もたれの解消法を知ることで毎日の健康を取り戻していただければ幸いです。

更年期障害で起こる胃もたれについて

胃もたれを感じる女性

胃もたれは暴飲暴食や脂っこいものを食べたり、夜食を食べることが原因で胃の中で食べものの消化に時間がかかり、胃が張った状態が続いたり、むかつきを感じたり、重く感じるといった症状で、食べた物が消化され十二指腸へうまく排出されずに胃の中に滞っているときに起こります。

このとき胃の本来の機能が一時的に低下しているので、逆をいえば胃の機能低下を引き起こす要因を起こすと胃もたれした状態になるのです。

更年期障害で胃もたれが起きる場合についてですが、更年期障害は女性ホルモンの分泌量が著しく低下し、ホルモンバランスが崩れることによって自律神経のバランスまでもが崩れることによって起こります。

自律神経とは走ったり集中したりする際に使用する交感神経と眠ったり体の機能を回復する際に使用する副交感神経の2つで成り立っています・この自律神経のうちの副交感神経が胃腸の働きをコントロールしていることから、更年期障害で自律神経のバランスが崩れることによって胃腸の働きが低下し胃もたれという胃の不調が起こることもあるのです。

更年期のストレスでも胃はもたれます

更年期のストレスは普段感じるストレスとは異なります。更年期障害で女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、イライラやうつ、不安を感じやすくなり、それに加えて自律神経の乱れによりホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、発汗、めまい、頭痛、疲労の蓄積。

関節痛などさまざまな体調不良が体を襲ってきたりすることで、精神的にも肉体的にもストレスが溜まりやすくなります。さらには、更年期を迎える50代前後の女性は調度ライフイベントの第二段階目に差し掛かり、子供の受験や独立、夫の転勤や定年、親の介護といった形で、今後の人生の行く先を考えさせられる大事な時期と生活環境の変化が起こる時期と重なるのです。

胃腸はもともとストレスに弱いのでこのような更年期におけるさまざまなストレスの影響を受け、胃もたれという症状となって現れるのです。

胃もたれを引き起こすその他の病気の種類

ウサギの医師

もしも、あなたの胃もたれの症状が慢性的に続いている場合にはその他の病気のリスクも考えられますので念のため胃もたれを引き起こす病気を簡単にチェックしておきまましょう。

○食中毒・・・食中毒はサルモネラ菌や大腸菌などの病原菌によって汚染された食べ物を口から摂取してしまうことで、発症しますが通常嘔吐や下痢をしてしまう食中毒ですが、感染後胃もたれが続き食欲が沸かないとう症状が続く場合もあります。

○胃アトニ―・・・胃アトニーとは胃が正常な位置よりも下がってしまい、胃下垂の進行とともに胃の機能低下がみられた状態のことをいいます。原因としては暴飲暴食、過労やストレスなどが挙げられ、胃もたれ・胃痛・食欲不振といった症状が起こります。

○慢性胃炎・・・・慢性胃炎とは胃の粘膜が炎症することによって発症します。急性胃炎はストレスや飲酒過多によって起こり原因がなくなるとほとんどの場合で治まるのに対し、慢性胃炎は胃炎が長期間、繰り返し起こることで慢性化する状態のことをいいます。症状としては胃痛や胃もたれ、吐き気といった症状が起こります。

○胃がん・・・胃がんはかつて日本人の死亡原因の一位といわれてきた病気です。胃がんは早期発見が完治における最大のカギとなり、その初期症状として胃のむかつき、胃もたれ、みぞおちの不快感
等が挙げられます。

このように胃を原因とした病気は軽度のものから重篤なものまでいくつも存在しますが、胃もたれという症状自体は体のどこかで異変が起きていることには違いありません。

胃もたれが更年期障害が原因であってもそうでなくてもたかが胃もたれという風に軽率な考えでいてはいけなさそうですね。

まとめ

更年期障害で胃がもたれるという現象は、女性ホルモンの低下により自律神経のバランスが崩れることで起きるのです。
更年期という期間は人によってその症状を発症する期間は異なり、更年期を迎え更年期障害と向き合う期間が2〜3年で済む人もいれば5年〜10年かかる人もいて、個人差の幅が大きくあります。

更年期障害で胃もたれが起こる人はこの期間の間ずっと胃もたれに悩まされることも大いにあるのです。もし、あなたの胃もたれの原因が更年期障害であるならば、治療法としては女性ホルモンをサポートしてくれる食生活を始め、自律神経が整うような規則正しい生活を行いましょう。

豆腐や大豆類のイソフラボンが豊富な食材を毎日の生活に摂り入れることと、加えて更年期によいとされるサプリメントを摂り入れることで栄養補助を効率よく行い、さらに質の良い睡眠をしっかり取り、適度な運動を行うことで、疲れにくく自律神経が整いやすい体づくりを行いましょう。

ただし、胃もたれが他の病の初期症状であったとしたらその対処法や治療法は大きくことなってきますので先ほど紹介した病に思い当たることが少しでもあればすぐに病院を受診してくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参