母親が更年期と呼ばれる50代前後になり、ヒステリック状態で家庭環境が悪化し困っている家族はたくさんいます。

今まで温厚な性格だった母親でも、更年期になると人によってはイライラや八つ当たりがエスカレートすると、身近である家族が一番頭を抱えます。

夕食や掃除、洗濯など些細なことで怒りだしたと思ったら機嫌の悪い状態が一週間続いたり、「私はお手伝いさんじゃないのよ!」と急に声を荒げたり、その夫や家族にとっては毎日のことになるので、しまいには離婚や別居などを考えざるを得ない状況になる人もいるほどです。

もちろん母親が更年期だからといって、家族がずっと我慢するわけにはいきませんが、更年期障害は病気の一種でもあるので家族が支えて上げなくてはいけません。

この記事では母親の更年期障害が始まったら、その家族はどうするべきなのかについて詳しく解説したいと思います。

更年期障害でヒステリックになってしまった母親への対応策とは

顔を真っ赤にして怒る女性

更年期とは女性が閉経を迎える前後の時期を指し、その体内環境の変化によって起こるさまざまな体調不良を更年期障害といいます。

女性であれば誰もが起こる可能性がありますが、中には更年期になっても何の不調も感じない人もいます。

そんな更年期障害の症状で、精神不安やヒステリックになってしまった母親または妻に対してどう接していけばいいのかまたはどんな対策があるのかみていきましょう。

まず、更年期障害の母親への対応で一番困るのが、本人が自分の更年期障害を自覚してくれないという点です。

更年期障害はいつか終わりが来るので我慢できる程度の八つ当たりであれば、そのまま我慢して通り過ぎる神様のような夫もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの家庭では母親の機嫌が悪いと家庭内の環境は悪化します。母親の更年期障害の症状を緩和させるためには、まず病気と同じで本人がそのことを自覚し改善策を自ら取り組むことが重要です。

ただ、ここ注意したいことは“母親に更年期障害であることを直接伝えてはいけない”ということです。

母親や妻に直接「それって年期障害の症状なんだよ。」と直接伝えた事例のほとんどが逆上されてしまい、さらに家庭内の環境悪化に繫がってしまったという人ばかりだからです。

だからといって距離を置いて放っておいては母親の更年期障害病状は悪化する一方です。

家族ができる対策としては、母親の実母や姉、親戚、友人など更年期障害を体験した第三者を通じて、自分の更年期障害の症状に気付いてもらうことが一番有効的な手段です。

私も50代のとき更年期障害で体調がとっても悪かったの。」とか「思い返せば50歳くらいで私はイライラが止まらなかったわ。」など、体験談を話してもらい自分と重ね合わせてもらうことで自然と自覚できたりするものです。

怒るうさぎ

日本の性教育が遅れているのと同じで、誰も更年期障害のことについて学校で教わっていないと思います。

一般的には「更年期障害=老化」というイメージが強いですから、あなたは更年期障害なのよと断言されたら怒りたくなるも分かります。

何とか工夫して本人に自覚させることができたら、病院を受診することで効率よく治療を始めることができるでしょう。婦人科では自分が更年期障害かどうかはっきりと判定することができるので、更年期障害対策を始める大きな一歩となります。

更年期障害のときは家族の支えが一番の力になりますから、たまには愚痴や文句も優しい心で聞いてあげてください。更年期障害は一定期間を過ぎればいつか必ず終わりがきます

大変なことが多いとは思いますが家族で支え合い、逆境を乗り越えてください。

更年期障害でヒステリックになってしまった母親への対応策まとめ

更年期障害は女性なら誰でも通る可能性があるものですが、自分ではなかなか認めたくないものです。

また、体調不良に重ねて精神不安などどれも今まで起こったことのない症状が重なったりするので本人が混乱するのも仕方ありません。

そんな母親・妻を支えてあげるために、まずは更年期障害を本人が自覚できるように工夫をして伝えましょう。そこからが治療のスタートです。

病院を受診しセルフケア対策を選ぶか、ホルモン補充療法などの医療機関の治療を選ぶかはその後考えればいいのです。母親がヒステリックになったら、その怒りを真に受けず対応してみてあげてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。