女性は閉経を迎える前後の約10年間に更年期と呼ばれる体内変化が起こる時期を迎えます。日本人女性は平均的には50代前後がこの時期にあたるとされています。
そんな中で突然のめまいやふらつきに襲われ、電車のホームで歩いているときにヒヤッとしたり、車の運転中には脇道に停車しなくてはならないほどの症状が起こる場合があります。
その症状が起きたときに歩くのを止めたり、車を停めるといった行動が間に合えばいいのですが、いつどんなときにこのような重い症状が起こってしまうかわからないのが更年期障害の症状です。
万が一のことがあってからでは遅いですよね。初期症状として軽いめまいやふらつきを日常から感じているという人は特に気を付ける必要があります。
この記事ではどんなふらつきやめまいが更年期障害といわれる症状なのか、また、その予防策や対処法について紹介します。

更年期障害で起こるふらつきとは

目を回すフクロウ

そもそも「ふらつき」とは何らかの原因で平衡感覚を失うことで足元がおぼつかなくなるような状態のことです、このふらつきという症状には「めまい」を伴うこと多いのでくらくらするような状態になります。
その症状は重症な人もいれば、ふらつきが起きても安静にしていれば治るという人もいて自然と回復してしまうことも多いことからその症状を放って置いてしまいがちなのです。
更年期になると女性は急激に女性ホルモンが低下しますが、このときに女性ホルモンのバランスとともに自律神経が乱れることで、自律神経がコントロールしている血管にまで影響が生じ、血流が悪化することで脳内に十分な血液と酸素が行き渡らないことでふらつきやめまいといった症状が起こるといわれています。
もし、このときにふらつきなどの症状を我慢したり、放置したりしてしまうと女性ホルモンと自律神経のバランスはお互いが悪化させ合う一方で他の更年期障害の症状も発症していくようになります。
ただし、更年期障害が原因でない場合のふらつきやめまいには次のような可能性が考えられます。
■更年期障害以外のふらつきの原因
1 日常で考えられる要因
体内環境の影響でなく、飲酒、乗り物酔いといった外的要因でもふらつきは起こります。この場合は自分でも原因がはっきり自覚できていると思いますので症状がひどい場合には、これらのめまいの要因となるものを控えたりよく休んだりするようにしましょう。血圧の変化や体調不良などでもふらつくことがあるので注意しましょう。
2 考えられる他の病気
先ほど紹介したように、日常生活の中の何かの原因によってふらつく場合は改善しやすいですが、病気でふらつきが起きている可能性もあるでしょう。
ふらつきやめまいの症状が出る病としては、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、メニエール病といった重病の初期症状の可能性もあるので、万が一それらの病気が少しでも考えられる場合、または重い症状でなくても継続的なふらつきやめまいに悩まされているという人は病気のサインの可能性も考えられますので早期のうちに病院を受診してください。

まとめ

めまいやふらつきといった症状は何らかの原因で脳への血流が悪くなり発生します。これが更年期障害を原因とする場合には女性ホルモンの低下を原因としているので婦人科を受診しましょう。
婦人科で血液検査をすればあなたのその症状は更年期障害なのかどうかを判別することが可能です。(内科では更年期障害かどうか検査をすることはできないので注意してください。)
もし、更年期障害を原因として発症しているのであれば更年期障害における予防や対策を行う必要があります。女性ホルモンや自律神経をサポートしてくれるサプリメントを摂り入れたり、生活習慣を見直したりするようなことが効果的です。更年期障害または血圧の変化や乗り物酔いなど思い当たる原因が全く見当たらないという場合には、内科を受診してみることが必要です。
脳梗塞や脳内出血の初期症状は小さなサインから始まるといいますので少しでも不安があるのであれば早期のうちに病院へいくようにしましょう。めまいやふらつきはくれぐれも我慢せず、原因をしっかり見つけてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参