お腹にガスが溜まってしまい苦しいけれど、なかなかガス溜まりを改善できなくて悩んでいる女性は案外多くいますが、それが更年期という40代半ばから50代頃になると特に多くなってくるんです。

これは更年期障害のせいなのでしょうか。

お腹にガスが溜まりやすい人の特徴としては普段から運動が少なく長時間座っていることが多い人や、もとから便秘気味で腸の運動が弱い人、さらに家でも会社でもおならをがまんしなければいけないタイミングが多いという人もお腹が張りやすいです。

これを腹部膨満感と呼びますが、実は更年期障害で起こるストレスや不眠や冷え性の悪化などでもガスが溜まりやすい体質を助長させてしまうことがあるんです。

この記事では更年期障害で悪化するガス溜まりと腹部膨満感の原因、そしてその対策について解説したいと思います。

更年期障害で起こる腹部膨張感とは

お腹を抑える女性

まず、ガスなどのせいでお腹の張りを感じる状態になる腹部膨張感がどうして起こるのかについてですが、人間は食事を摂ると必ず体内でガスを発生しています。

そのガスは食べ物を消化する際に消化器官で発生し、それが溜まると定期的にゲップやおならという形で体外へ排出されるのですが、このガスの排出がうまくいかず、過剰にガスが溜まってしまっていると「お腹が重い」「お腹が張ってくるしい」「お腹がごろごろする」といった不快感を感じるようになります。このガスが過剰に溜まり腹部膨張感が起こる原因は次のようなものです。

1 過剰なストレス

ストレスでなぜガスが溜まるのかと思われるかもしれませんが、過剰なストレスや緊張による負担で空気を余計に飲み込んでしまうような症状があります。これを「呑気症」といいます。

他にも過剰なストレスによって自律神経に異常が起こり、消化器の機能低下が低下することで腹部膨張感が起こる場合があります。

ストレスに消化器官は弱いといわれていますが、胃腸の不調からこのような腹部膨張感という症状へ発展しているという場合もあるのです。

2 腸内悪玉菌によるガスの発生

肉類やたんぱく質、脂質の多い食事をすると悪玉菌がたんぱく質を腐らせる、腐敗ガスを発生させます。中でも肉類は消化するまでに時間を要するため、他の食べ物と比べても腸内にとどまる時間が長くなります。

この時間が長いと腐敗した状態が続くので腸内環境は悪化しより多くのガスが発生しやすくなります。

他にも繊維質の多い食事やイモなどの炭水化物も実は消化には時間を要するといわれているのでこちらも多く食べると体内でガスがしやすく食べ過ぎには注意が必要です。

3 運動不足や便秘

普段の移動手段が車や電車のみだったり、運動不足であったりすると腸を刺激する習慣がなくなり活動や動きが鈍くなります。

すると、消化管の機能も低下し腹部膨満感を引き起こしやすくなり、便秘になり、便秘の状態が続くことで、腸内環境は悪くなりガスが発生しやすく排出量も低下するという悪循環が起こります。腸が動けない状態は腹部膨満感になりやすい状態になるのです。

これらがお腹にガスが溜まりやすくなる原因となりますが、更年期障害とどのような関係があるのかというと、女性は更年期と呼ばれる40代半ばから50代にかけた年齢で女性ホルモンが急激に減少する時期だからです。

このときに女性ホルモンの低下に伴って自律神経が乱れます。自律神経は消化器官と深く関わっており自律神経が乱れると下痢や便秘、食欲不振、冷え性といった症状を起こしやすくなります。

このような症状が起こると腸の動きを悪くさせることでお腹に腸が溜まりやすい環境を作り更年期の腹部膨張感も発症しやすくなるので、更年期には女性ホルモンへの対策と腹部膨張感の改善に対する対策と2つの面で改善策を打つ必要があるということなのです。

それではここでは腹部膨張感を改善させるための解決策とはどのような対策対策なのかということにクローズアップしてみていきましょう。

お腹にガスを溜めないための対策

虫眼鏡でこちらを見ているうさぎ

お腹にガスが発生してしまうのはなかなか食い止められませんのでお腹のガスをこまめに排出することが腹部膨張感の改善に一番有効的な対策です。

○食事は時間をかけてゆっくり噛んで食べること
・・・早食いは食べ物を消化しにくい状態のまま胃に流し込んでしまうということになるので、消化しにくい分ガスが発生しやすくなります。よく噛むことで唾液という消化酵素が分泌され消化しやすくなりますので食事はゆっくり噛むことを心掛けましょう。

○自律神経が乱れないようストレスを解消する
・・・胃腸はストレスが溜まると働きが悪くなるといわれています。ストレスはこまめに発散させることが大切ですのでリラックスする時間を作ったり好きなことだけを行う時間を作ったりと日々の習慣からストレスを溜め込まない工夫をしましょう。

○きついベルトや締め付け感のある洋服を避ける
・・・体を締め付けるような洋服は血液の循環を悪くし腸の働きも悪くさせることにつながります。特に寝るときは圧迫感のある洋服は避け、部屋着でもリラックスできる締め付け感の少ないものを選ぶようにしましょう。

○ガスを発生させる食べ物は控えること
・・・どんなにガスを排出させる努力をしても気づけばガスを発生させる食品ばかりを過剰摂取していてはいつまで経っても鼬ごっこです。ガスを発生させやすいいも類、※、パン、ラーメン、炭酸飲料、お菓子などの過剰摂取は控えましょう。

更年期障害で悪化する腹部膨張への対策まとめ

更年期には女性ホルモンの影響もありガスが溜まりやすい環境になりやすくなっています。

更年期にガスが溜まりやすくなったなぁと感じたらまずは更年期対策として女性ホルモンの分泌をサポートしてくれるようなサプリメントや大豆イソフラボンなどの食品を積極的に摂るようにしましょう。

そして腹部膨張感の改善策としては食事をする際はよく噛んでゆっくり食べるように心掛け、日々の生活ではストレスを溜めこまないように工夫をしましょう。

また、締め付けを感じる洋服や寝巻きは避け、ガスを発生させる食べ物の摂り過ぎにも注意しましょう。日常でおならを我慢する習慣になってしまっている人は朝と寝る前に寝ながら骨盤周辺を動かすストレッチを行いガスが抜けやすい状態作ってあげるというのも効果的です。

このようにいくつも改善策はあるので少しずつトライし健康的な腸を取り戻していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参