「そろそろ更年期障害がつらくなってきたな「病院へ行ったほうがいいのかしら」と思いながらも、ついがまんを繰り返し向き合うことを恐れていた人へ。

更年期障害で婦人科を受診することは、とても面倒ではあるけれどあなたのつらい症状を把握し改善へ導くための第一歩ですが果たして本当に適切な治療をしてくれるか不安ですよね。

とは言っても突然やってくるホットフラッシュや、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、関節痛などは体の悲鳴ですからそもそもがまんしてはいけないのです。

放っておくとさらに違う病を引き起こしかねません。この記事では更年期障害で婦人科を受診したらどんな検査と治療を行うかについて詳しく解説していきたいと思います。

病院へ行くことでつらい更年期障害が完治することに直結するわけではないですが、その治療法やリスクを知り、あなたが更年期障害の症状に対してどんな治療を行うか判断する目安になれば幸いに存じます。

更年期障害の症状を婦人科で検査すると

疑問を感じる女性

更年期障害かな」と思ったときに受診するのは婦人科または更年期外来です。

女性は40代後半から50代にかけて女性ホルモンの低下によって更年期障害というさまざまな症状を発症しますが、まずはそれってどんな症状なのか、そして婦人科または更年期外来を受診するのであればどんな検査をするのかについて見ていきましょう。

更年期障害の症状とは

更年期障害の際に起こる症状で一番発症率が高いのがホットフラッシュと呼ばれる症状です。

運動もしていないのに急に汗が噴出したり、ほてり、のぼせてしまったり、発汗が止まらなくて回りがびっくりしてしまうほどの量がでてしまったりと、これらの症状をホットフラッシュと呼びます。

他にも頭痛、めまい、でふらついてしまったり、生理不順、下痢といった症状だったり、肩こり、腰痛、足腰の冷えなどさまざまな症状が起こります。

さらには、精神的な症状ではイライラやうつ、不安症といった症状も更年期障害が起因となり発症したりします。

とても幅広いさまざまな症状が襲ってくるので、病院でも何科を受診すればよいのかわからなくなってしまうことがあるかと思います。

もしあなたが少しでも更年期障害かなと思い当たる症状があれば、まずは婦人科または更年期外来を受診しましょう。

婦人科での検査とは

女性医師と女性患者

更年期障害で婦人科を受診するとまず、問診からスタートします。問診の結果から必要があれば、子宮や卵巣に状態を触診したりして内診をします。

そこからさまざまな検査を提案されるかと思いますが、種類としては超音波検査でエコーを使い子宮の状態を確認したり、血液検査で女性ホルモンの血中濃度を測ったり、細胞検査といって子宮頚部から細胞を採取しがんがないか検査をしたり、乳がんの検査をすすめられたりします。これが婦人科で検査できることです。

更年期障害かどうかが決定的にわかるのはこの中でも血液検査です。血液検査には3つのホルモン検査があり、E2検査といってエストラジオールの数値を検査し、FHS検査で卵胞刺激ホルモンの数値を、そしてLH検査で黄体形成ホルモンの数値を検査します。

これは卵胞期または黄体期の血液なのかでそれぞれの数値は変わってきます。最後の生理がきて何日目なのか生理周期を確認しておくようにしてください。

E2検査のエストラジオールとは

エストラジオールとはエストロゲンの主成分です。そのエストラジオールの検査では卵巣機能の状態や更年期そして閉経の時期や可能性などがわかります。

この数値が低ければ低いほど卵巣機能は低下しているということです。この数値が低い40代以降の女性は更年期だと診断されるでしょう。

LH検査の黄体形成ホルモンとは

黄体形成ホルモンとは脳の下垂体から分泌され排卵やプロゲステロンの分泌を促す機能があります。

FHS検査の卵胞刺激ホルモンとは

卵胞刺激ホルモンとは脳の下垂体から分泌され、エストロゲンが分泌できていないときに数値が高くなってきます。この数値は年々高くなり、閉経が近いかどうかがわかります。

このようにただの血液検査ではなく、女性ホルモンのバランスや濃度を検査することで更年期障害かどうか、閉経が近いかどうかを決定的に判断することができるのが婦人科での血液検査です。

更年期障害の症状を婦人科で治療とは?その薬の種類

お薬手帳

更年期障害を病院で治療する際に処方される薬はいくつかあります。
その種類を確認しておきましょう。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法とは減少したホルモンを人工的に補充する治療法で、飲み薬、パッチ剤、ジェル剤などがあります。

基本的にはエストロゲン剤だけを必要としていますが、エストロゲン単体の摂取だと子宮がんや乳がんになる確率が高くなるといった情報が出回ったことがありました。

それ以来、ホルモン補充療法ではエストロゲンとプロゲステロンの療法の女性ホルモンを投与することになっています。即効性が一番高い処方なので更年期障害の症状が重い方はこちらをすすめられることが多いです。

しかし、そのがん発症のリスクに関しては結局のところ本当にリスクはないのか、リスクはあるのか断定できていないという実情があります。

ホルモン補充療法の長期的な摂取はおすすめできないのと、がんのリスクを少しでも回避したい人は医師によく相談して決めましょう。

プラセンタ療法

プラセンタのサプリ

美容業界でプラセンタブームが起きて以降、プラセンタは世間で名を知られるようになりましたがその原料については詳しく知らないという人が多いです。

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことを英語に訳したものです。プラセンタはアンチエイジングで注目されていましたが実は更年期障害にも作用することが国で認められ厚生労働からは「メルスモン」とヒト由来のプラセンタが医療用として使用の許可が下りています。

よく美容サプリなどで出回っているプラセンタのサプリの原料はブタ・ウシ由来のものなので異なります。メルスモンは注射で処方され、卵巣か活動をサポートするといわれています。

ひとつ注意をしておきたいことは、プラセンタ注射を打つと献血はできなくなるということです。

95年ごろBSE感染牛を食べクロイツフェルト・ヤコブ病にかかったといニュースが日本でも話題になりましたが、ヒトのプラセンタによるその感染のリスクは未だ否定できないからです。世間ではそこまでこのリスクは危険視されていませんが気にしておきたい事項のひとつといえるでしょう。

漢方薬

漢方薬とは東洋医学に基づき、いくつかの生薬を複合し処方したもので中国医療などでも使用され続け伝わってきた処方薬です。更年期障害にいいとされる処方薬をいくつか見ていきましょう。

〇桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・比較的体力があるタイプの女性向けです。月経不順、月経痛、肩こり、めまい、皮膚炎、ニキビなどうっ血気味で血液循環が悪い人へ作用します。

〇当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・比較的虚弱タイプの女性向けです。月経不順、むくみ、めまい、貧血で月経トラブル以外にも不妊治療にも使用されています。

〇加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・比較的体力が中位の女性向けです。月経不順、のぼせ、ほてり、肩こり、疲労感、イライラ、不安といった精神症状へも働きかけるといわれています。

このように漢方薬は他にもさまざまな種類があり、その人の症状や体質に合わせて処方できるよう細かく分類されています。その人の体質を見極めずに処方してしまうと、間違った薬を選んでしまい効果が出なくなってしまうことや、副作用を起こしてしまうこともしっかり医師と相談し処方してもらうようにしましょう。

病院ではなく、今はセルフケアで治療したい人には

手を振る医師と看護師

ここまで婦人科での検査や治療法について詳しく説明してきましたが、「やっぱり病院はまだ早いかな」とか「なんとかセルフケアで治療したい」という結論に至った人には更年期障害に作用してくれるサプリメントをお伝えしておこうと思います。

それは“高麗人参を使用したサプリメント”です。

高麗人参はそもそも朝鮮半島などの限定された地域でしかとれない、栽培から収穫まで4年から6年は必要とされる植物です。

最近アフリカなどのジャングルのような生息地で採れたスーパーフードが流行っていますが、高麗人参もスーパーフードに近く、厳しい気候で長い間生息し収穫されているので豊富な栄養素と高麗人参特有の栄養素も含んでいます。

こんな理由もあって希少価値が高いため日本では生で販売はされていませんから、サプリメントで手軽に入手し、毎日の食生活にプラスしてみるのもいいかと思います、高麗人参特有の栄養素とはサポニンと呼ばれる栄養素で更年期障害のさまざまな症状の緩和や改善に作用してくれます。

体質改善をしてからそれでも更年期障害の症状が治らなかった場合に病院へ行こうと思っている人にも、病院の薬に何かプラスして治療していきたいという人も、試す価値のある成分を高麗人参は持っているといえます。

更年期障害で婦人科を受診したときの検査と治療法のまとめ

更年期に婦人科を受診したら更年期になりやすいとされる婦人病も一緒に診察してもらうことができるので、更年期障害の症状がつらく毎日の生活に支障が出てしまっている人は婦人科を受診しましょう。

ただし、その治療法にはいくつか種類があります。婦人科によって処方できる薬の種類が違ったり、副作用のことについてはあまり説明してくれない病院もあったりするので、その辺は近所の人の口コミやその病院のHPを事前にしっかり調べてから受診したほうが良いでしょう。

または、病院で重病の可能性がなかった人で薬の使用については悩んでいたり、また病院へ行くのはまだ先と思っていいたりする人は生活習慣や食生活を見直し、サプリメントなどで補助してみるというのもいいかもしれません。

症状が重症でなければまずは高麗人参を試してから考えてみてもいいでしょう。更年期障害は女性誰でも起こりうることです。一人で悩みこまず、しっかり予防と改善策を立てていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。