40代後半に突入し体の冷えが強まって困っていませんか?

なんだか寒くて眠れなくなったり、日中でも手先・足先が冷え込むことが増えてくると気づけばのぼせ・ほてりが激しくなったり、倦怠感や吐き気、頭痛、めまい、腰痛、関節痛などその他更年期障害の症状まで悪化してしまうことがあります。

一方で、冷えを解消するためにお風呂にじっくりと浸かったり、サウナやホットヨガなど体を温める習慣がある人は更年期障害の症状が現れたとしても収まりやすかったりするという体験談をよく耳にしますよね。

果たして、更年期障害の症状はどうして起こるのでしょうか、また更年期障害の症状は冷え性の人の方が悪化しやすいのでしょうか。そして、体を温めるという手段は度更年期障害の症状緩和に効くのでしょうか。

この記事では更年期障害と体の冷えの関係性について詳しく紹介していきたいと思います。

更年期障害で起こる冷えの原因と対策とは

寒がるひよこ

まず、更年期障害は加齢による女性ホルモンの低下によって自律神経の働きも低下するという二つの要因で起こります。

自律神経とは交感神経と副交感神経のふたつの神経がバランスよく交互に働くことで体の中の血流をコントロールすることで、体温を調節したり免疫力を保ったりして体のバランスを保っています。

しかしこの更年期に自律神経のバランスが崩れることで血の巡りが悪くなり、体温を調整する機能が低下します。

また、女性は男性に比べ筋肉量が少ないため体が冷えやすくい作りになっているので、この血流が悪化した状態が続きやすい更年期の女性はいつも以上に冷えが悪化しやすい状態であるということなのです。

それでは温めても、温めてもどうにもならない頑固な更年期の冷え性対策としてどんな手段が有効なのか確認していきましょう。

体を冷やさないためのセルフケア対策

女性の冷え性は頑固です。単に体を温めるだけでは全く改善されない場合もあるのです。生活習慣からできる次のようなセルフケア対策を行い、冷え体質を改善していきましょう。

体を冷やさないための服装と日常の過ごし方

当たり前ですが薄着でいることが多い人は体を冷やしやすいです。更年期障害ときには汗が止まらなくなるようなホットフラッシュを起こす人もいるので、気づかぬうちに薄着でいたままになってしまう人も多いです。

ホットフラッシュのような急なのぼせやほてりで熱くなったとしても、それは一時の症状でその後は体が冷え切ってしまっていませんか?

とにかく体を冷やすことのないように、肌を露出したような服装は避けること、そして血の巡りをこれ以上悪化させないためにも体を締め付けるようなぴったりした服装は避けましょう。

そしてゆったりした服装に腹巻などの体を温めてくれる温活グッズを利用してみてください。もしもそれでホットフラッシュが起きたときは上着で調節するようにして治まったらそのまま冷えが進まないように工夫をしましょう。

笑顔の猫

入浴方法を見直しすること

毎日の入浴をシャワーだけで済ませてしまっているという人ももちろん、熱めのお湯にさっと浸かることを習慣にしているという人も入浴方法を見直す必要があります。

シャワーというのはどんないに熱めの温度で長時間浴びたとしても体の表面にお湯がかかり続けるだけですので体を芯から温めることは出来ません

一方で、熱すぎるお湯にサクッと浸かるのが習慣であるという人はリラックスできず交感神経が優位になってしまったり、体は熱いと感じていたとしても体は全然芯まで温まっていなかったりする場合もあります。

正しい入浴方法としては少しぬるいと感じる程度のお湯に15分から30分ほど浸かるという方法が最適です。

ぬるめのお湯の方が結果としては長時間疲れることで体を芯まで温めることができるのでだいたい38℃~40℃のぬるめのお湯に設定し、半身浴などでリラックスしながら長めに浸かれるように工夫しましょう。

適度な運動を習慣化すること

女性は男性に比べると筋肉量が圧倒的に少ないです。加齢とともに体の節々が痛くなってくるとし自然と運動量も減りがちになります。

適度な運動を行うだけで日常に必要な筋肉量が変わってくるので体はその筋肉量を保とうと機能し始めます。

適度な運動とはマラソンやテニスといったような大それたものではなく、毎日のウオーキング量を増やしたり、自転車、水泳などの有酸素運動を始めたり、室内でできる運動としてはスクワットやストレッチ、ヨガなど気軽に取り組める運動を追加してみましょう。

始めは10分でも20分でも30分でもいいのです。できる限り毎日運動を行うことが大切なのでまずはあなたが楽しいまたは継続できると思う運動を何かひとつはじめてみましょう。その筋肉が血流をよくし、体の冷えを退治してくれる味方になります。

バランスボールに乗る猫

体を冷やす食べ物を知って置くこと

更年期には特に食生活には気を配って欲しいものですが、食べ物には体を冷やす食べ物と体を温める食べ物があるということはご存知ですか。簡単なので次のルールを頭に入れておくと食材選びに便利です。

1. その食材が育つ季節を考える
夏野菜であるナスやレタス、キュウリ、トマトが体を冷やす食材であるということは有名かもしれません。その食材が育つ季節は体を温めてくれるのか、冷やしてくれるのかが決まってきます。夏野菜のように温かい季節に育つ食材は体を冷やします。反対に冬の寒い時期に育つ食材は体を温めてくれるのです。更年期には季節に限らず体を温めてくれる寒い国や地域・冬に育つ食材を選ぶように心掛けましょう。

2. その植物が育つ場所を考える
芋やショウガなどの根菜が体を温めてくれるということもよくいわれることですが、その植物が育つ場所として地上に育つのか、地下に育つのかがポイントです。現に、地上で育つキュウリやトマトといった食材は体を冷やし、芋やショウガなどの土の中で育つ食材には体を温める働きがあります。他にもサツマイモや人参、大根、玉ねぎ、里芋といった土の中で育つ食材を選ぶようにするといいでしょう。

3. 調味料の色を見る
調味料で白い色の砂糖やお酢は体を冷やすといわれています。逆に、濃い色をしている発酵された味噌や七味などは体を温めます。あまり甘いものや酸っぱいものばかりを食べていると冷えやすい体を作り、塩辛いものや香辛料の効いている調味用は体を温める傾向があるので更年期の食事の調理法を考えるときも参考にしてみましょう。

食事をする女性

更年期障害で体を冷やさないための対策まとめ

女性は40代後半から更年期に差し掛かることで、女性ホルモンが低下し自律神経のバランスが乱れます。女性は男性に比べ筋肉量が少ないため普段から冷えやすいことと、更年期による血流の調整と体温調節機能の悪化、免疫力といった体のコントロール機能が低下するのです。

更年期障害の冷えは体が冷えるだけでなく、その更年期障害で起きている症状をさらに悪化させていってしまうのです。

更年期の冷え対策としては生活習慣から見直し冷え体質になってしまっている体の機能の改善を行う必要があります
日常の服装は絶対に体を冷やさない服装を選び、ほてりやのぼせを感じたときは上着を脱ぎ着出来るような服装にするなどして工夫をしましょう。

そして入浴は毎日38℃から40℃のぬるま湯の湯船にゆっくり浸かり、リラックスする時間を確保しましょう。さらに毎日継続できる適度な運動を生活に取りいれ、食事では食材選びから体を冷やさないものを選ぶようにしてください。

ちょっとした毎日の工夫であなたの冷えが少しずつ改善され、更年期障害の症状緩和へも十分期待ができます。

また、冷えは万病のもととも昔からいわれているのですから、これらの対策をすぐに始め健康的な毎日を取り戻し、その後の将来もそのまま明るく健やかに過ごせるよう準備していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参