あなたは鍼灸を試したことがありますか?

鍼灸というと四十肩や、五十肩、腰痛やぎっくり腰などに効くイメージが強いですが、鍼灸治療の効果は今や美容や更年期障害まで幅広いことで知られ話題になっています。

鍼灸は東洋医学の治療法で、「1996年WHO(世界保健期間)が鍼灸治療は更年期障害に効果がある」と正式に認めています。東洋医学なので歴史はとても古いのですが、小顔対策やダイエット、スポーツ選手への治療などでも話題になり、最近知られるようになってきました、まだ鍼灸がどういったものなのかご存知ない方も多いかと思います。

今まで「鍼灸を受けたことがない」また、「鍼灸って気になっていたけど詳しく分からない」そんな方々へ、この記事では鍼灸ってそもそも何?というところから、更年期障害へどう効果があるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

つらい更年期障害の症状も鍼灸のパワーで一気に緩和

元気な女性

鍼灸とは中国医学系伝統医学で用いられる治療法のひとつで、身体に鍼や灸を使用し刺激を与えることでさまざまな疾病への治療を行うことができる医療技術のことをいいます。

東洋医学は自然治癒力を高めるところに着目しており、西洋医学のように足りないものを追加して治療していくとい考え方と比べると大きく違いがあります。

鍼(ハリ)治療とは

鍼治療をする女性

鍼治療には大きく分けて2種類あり刺してすぐ抜くタイプの「単差し」と差したまま放置する「置鍼」があります。

よくテレビなどで見るのは置鍼タイプが多いかもしれませんが、これは患者の状態や治療内容によって医師が判断し決められ、置鍼の場合は鍼を差した状態で10~15分放置します。見た目は鍼が刺さっているのでいまだ驚く人とも多いですが、血管を避けて差しているのと鍼が極細の細さの為、ほとんど痛くありません

鍼治療は血行を促進させるだけでなく、身体のバランスを整え、自然治癒力を向上させます。費用は保健適用外になることが多いので最低でも3千円~7千円の費用がかかります。芸能人を治療するような有名な先生だと、かなりの料金になるところもあるようです。

副作用はあまりないといわれていますが、初めは刺入時の痛みや、針の跡が残ったりするのが気になる場合もあります。また先生によっては合う・合わないがあったりするので、万が一、めまいや貧血吐き気が出た際はすぐ申し出るなど注意が必要です。

灸(キュウ)治療とは

お灸をする女性

灸治療とは一般的には艾(モグサ)というヨモギの葉の裏にある繊毛を精製したものを使用し、皮膚上で燃やしその温熱刺激によって体調を整える治療技術です。

「お灸って熱くないの?」「火傷の跡は残る?」と思っている人が多いと思いますが、昔の治療では確かに強い熱刺激で故意に火傷をつくることで身体のさまざまな機能を巡らせ活性化と免疫力をつくっていました。

しかし現在では火傷の跡が残らない程度の心地よいと感じられる熱さのお灸(無跡灸)が主流となっているので、リラックス効果や身体をあたためる効果があります。お灸も代謝機能の向上や月経痛、冷え性、不妊症、更年期障害など女性が悩みがちな症状へより効果が期待できます。

副作用としては、灸あたりといってお灸をすえた後に熱っぽさや倦怠感が残ったりする場合があります。マッサージでいう揉み返しのような表現に近いですがゆっくり休めば快復します。注意しておきたいことは。昔ながらの大きいお灸を使用していると所では跡が残る可能性があるので事前に先生に確認を取りましょう。

また、多量にステロイド剤を服用していたり、免疫力が低下してしまっていたりするような人は極力灸痕などの治療は避けた方がよいでしょう。

更年期に行う鍼灸治療の効果について

西洋医学でいわれている更年期障害の原因はホルモンの分泌量の低下ですが、東洋医学からみた更年期障害という症状は、老化により「」といわれる機能が衰えることによって起きるといわれています。

「腎」とは何を指しているのかというと、身体を司る五臓と呼ばれる、「肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓」の腎臓のことで「腎」は生殖機能や、自律神経を正常に動かすためのホルモンの分泌、水分代謝をコントロールしていますが加齢により一番影響を受けるといわれています。

「腎」が衰えるとホルモンバランスや自律神経に影響が出るのです。鍼灸で治療を行い適切なツボを刺激することによって、身体の冷えや血の滞り、新陳代謝などを良くし症状を緩和させます。

鍼灸のツボとはどんなものなのか詳しく見ていきましょう。

鍼

◇頭部

・百会(ヒャクエ)・・・頭頂部にあり目の中間と左右の耳を結び交差する部分。不眠や頭痛・めまい、目の疲れ、肩こり、自律神経失調症といった症状に有効。目が疲れたら自分の手で力を加減しながら15〜20回指圧するのもよい。

◇上肢

・内関(ナイカン)・・・手首のしわの中央から肘方向へ向かって指三本分下がった位置のところで、腱と腱の間にある内蔵の働きに関わるツボ。軟便やお腹の張り、胃痛、食欲不振といった、消化器系の症状に有効。胃のむかつきや吐き気、ゲップなどの症状も抑えてくれる。

・神門(ジンモン)・・・手のひら側の手首の横じわ上にあり、小指側の少しへこんだくぼみ部分にあるツボ。イライラしたり「心」の機能が乱れたりした際に、 緊張をほぐし気分を鎮めてくれるツボ。動悸や息切れの症状があるときに適している。

◇下肢

・三陰交(サンインコウ)・・・足首内くるぶしの骨の頂点より、4本の指分だけ上部に上がった位置にあるツボ。子宮などの生殖器に深く関わりがあり、婦人科系の不快な症状に有効。陣痛などを早めるときにも使うツボでむくみ、冷え性がある人は押すと痛い。

・太谿(タイケイ)・・・足首内くるぶしの骨の頂点とアキレス腱の間にあるツボ。下半身の冷えやむくみといった症状に有効。

・湧泉(ユウセン)・・・足裏中央部分より少し上、足の指を曲げるとくぼみができる部分のツボ。足の疲れやふくらはぎのむくみ、胃の痛み、肌荒れ、体力回復に有効。

◇背中・腰

・腎愈(ジンユ)・・・おへその真裏にある背骨から指幅2本の外側でウエストの一番くびれた部分にあるツボ。腰痛、ぎっくり腰、腰の冷えや、下腹部の内蔵から影響のある生理痛、不妊症などの症状に有効。

◇腹部

関元(カンゲン)・・・おへそから指4本分下にあるツボ。婦人科の治療にも使われており、お腹の調子が悪い時や、月経不順、月経痛、冷え性、といった女性特有の症状の緩和に適している。

他にもさまざまなツボがありますが症状に合わせてツボを選び、正常に機能していない内臓へ働きかけ症状を改善していきます。自然と身体の機能が働き出すように、ツボを微量な刺激を与えることで自然治癒を促します

更年期には体が疲れてしまっていることが多いと思いますので、マッサージへ行くならば一度は鍼灸を試してみてください。鍼灸へのイメージがガラッと変わるでしょう。

東京・大阪でおすすめしたい鍼灸院4選

鍼灸院

◇東京おすすめ鍼灸2選

①てらしま鍼灸治療院

住所: 東京都渋谷区東3丁目24−8
電話:03-6427-6318
定休日:月曜日
診療時間:午前10:00〜12:00 午後14:00〜20:00
価格:初診2000円(再診1000円)、治療費7000円
ホームページ: http://www.terashima-hari9.com/

恵比寿から徒歩3分という立地の鍼灸院。恵比寿にあるというだけあって、院内はとても綺麗で清潔感にあふれています。照明もリラックス出来るような明るさで通院するのが苦でないです。
診察時間も長めで土日も営業しているので仕事帰りや休日のお買い物中に立ち寄りやすいです。回数券だと割安でこの立地にしてはリーズナブルに感じます。
本当の口コミかどうかわからなかったけれど、お客様の声のページがリアルで効果がわかりやすいです。更年期障害の症状以外にもいろんな症状の人から評価を受けています。
(てらしま鍼灸治療院オフィシャルサイトより)

②青山鍼灸院

住所:情報未公開(セキュリティーのため)
電話:情報未公開
完全予約制・予約はメールにてhttp://form1.fc2.com/form/?id=742861
定休日:日曜日
診察時間:午前11:00〜午後21:00(最終受付19:30)
価格:7000円〜(オプションもあり)
ホームページ: http://aoyamasnq.sakura.ne.jp/index.html

代々木駅東口から徒歩3分で新宿駅南口から徒歩7分。新宿高島屋のすぐ近くにある鍼灸院。
ここの特徴はなんといっても女性のための鍼灸院なので女性の鍼灸師・あん摩マッサージ師が施術してくれるところ。電話番号も住所も非公開なのでプライベート感がすごいけど、カウンセリングもしっかりしていて治療室ももちろん綺麗。なのに青山ではかなりリーズナブル。一度伺う価値有りです。

◇大阪おすすめ鍼灸2選

①小西鍼灸院

住所:大阪市西淀川区柏里2-1-10 大阪市西淀川区柏里2-1-10
電話: 06-7504-3269
定休日:木曜日、日曜日午後(祝日午後)
診療時間:午前9:30〜午後18:30頃
価格:初診1000円、治療費4000円
ホームページ:  http://www.eonet.ne.jp/~k-shinkyuu/index.html

大阪梅田からアクセスしやすいJR塚本駅西口から徒歩1分。なんといっても治療費4000円が魅力。安いけどしっかり症状に応じて治療してくれる治療院。院長は男性で治療室はそっけないけど、安くて効く!“地元の助っ人治療院”という感じです。

②鍼灸院ほまれ

住所:大阪市北区天神橋2丁目2-10ハイマウントビル604大阪市西淀川区柏里2-1-10
電話: 06-6358−2230
定休日:木曜日、日曜日(水曜日不定休)
診療時間:午前9:30〜11:30 午後16:30〜19:30
価格:初診2500円、治療費4000円

地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅徒歩2分、JR 東西線「大阪天満宮」駅徒歩2分。ここはちょっと狭いけれど女性の院長さんで親身になってくれます。更年期障害で通っているお客さんが多いのでなんとなく入りやすい環境です。初診だけ高めだけど治療費はとても良心的です。近所だったら通いたかった治療院です。

更年期の鍼灸治療の効果まとめ

更年期における鍼灸治療がいいことづくめであるということがお分かりいただけたでしょうか。

一見、鍼やお灸が痛そうだったり、熱そうだったりするのですが、イメージと体感は全然違うのです。今や美容鍼灸さえも普及しているのですから症状改善のために一度は体験していただくことをおすすめします。

しかし、先生の合う・合わないはかなりありますから、先ほどで紹介したお店にプラス、友人やネット上のクチコミ情報なども参考にすると安心感が高まります。

更年期障害や婦人系疾患の症状以外にも、日常的な冷え・むくみ、便通の改善など女性には嬉しい効果ばかりです。鍼灸も劇的によくなるというよりも、徐々に自然治癒力が高まるというケースのほうが多いと思います。しかしホルモン補充注射などよりも安全で依存性もないので一度は足を運んでみて、あなたの身体を癒やしてみてくださいね。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。