40歳を過ぎてからだんだんと吐き気やめまい、頭痛、肩こりなどの症状が酷くなり、なんとなく体調が悪いなと感じる日々が増えていませんか?

更年期といわれる40歳から55歳の閉経を迎える前後の期間にはホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れることにより、吐き気を伴ったり、のぼせ・ほてりといった症状が続いたり、うつ状態になったりと症状は多岐にわたり起こります

病院での治療は継続的に通院しなければいけない治療法が多く、正直根本的に治す治療は進めてくれないケースがほとんどです。

さらに吐き気を伴う場合、女性はストレスという負担も大きく体調面でも精神的にもどんどん悪循環に入りますよね。

この記事では更年期障害の症状の原因と特徴、そして体に優しい治療方法について詳しく解説していきます。更年期の症状や特性を知ることで、行く先が見えないほど続くあなたの吐き気が少しでも改善されましたら幸いに存じます。

更年期障害で起きる吐き気の症状について

吐き気を感じる女性

あなたは吐き気という症状で悩んだことはありますか?

あなたのその吐き気は更年期障害の症状の可能性があるんです。40代を過ぎ更年期に差し掛かるとふらふらするようなめまいが続き、頭痛、耳鳴り、食欲不振などと共に継続的な吐き気に悩まされている方は案外多くいらっしゃいます。

更年期障害の吐き気は妊娠を経験したことがある方にはわかりやすいのですが、悪阻のような吐き気に似ており、個人差も大きいので吐き気のせいで何も手に付かないなど日常生活に支障が出過ぎてしまう方もいるほどです。

吐き気が継続的に続くと食べ物も美味しく食べられないことで、食欲不振になり栄養バランスがどんどん崩れていきますよね。十分な栄養が取れていないと、この時期には他の様々な更年期障害の症状を引き起こす原因にもなります。

特別な病気というわけでもないし、急にやってくる症状なのでなかなか予防できずとても本当に厄介な症状です。

ただの吐き気と更年期障害で起きる吐き気では原因が異なってくるため、対処法もそれぞれ違ってきますので、まずはあなたのその吐き気の原因を突き止めていきましょう。

更年期障害で起きる吐き気以外の症状について

首を傾げる女医

まずは更年期障害で起きる吐き気以外の様々な症状についても確認してみましょう。以下項目からあなたはいくつ当てはまりますか?

□生理不順や不正出血がある
□最近不眠が続いている
□頭痛やめまいが起きやすい
□のぼせたりほてったりすることが増えた
□動悸、息切れがする
□イライラしたり不安になったりすることがある
□うつや意欲低下を感じる
□手足指先が冷えやすい
□発汗が止まらないことがある
□体がだるく疲れがたまりやすい
□関節が痛む
□手足がしびれることがある
□視界がかすむようになった

あなたはいくつ当てはまりましたか?

これらの症状が吐き気の症状に加えて3つ以上当てはまった人は更年期障害の症状である可能性が高いです。更年期障害の症状は個人差があるため多岐にわたるため自覚していない方も多くいます。

先ほどお伝えしたように、その原因が風邪や病気ではなく更年期という原因であるからにはその原因に合った対処法があるのでしっかりとその症状の特徴と原因をつかみましょう。

いざというときのために知っておきたい吐きそうになった時の対処法

提案する医師

ここでまずお伝えしたいことは“いざ”というときのために、吐きそうになった時の有効な対処法をお伝えはしますが、これは根本的な治療ではありません
それはこの後説明をしたいと思いますが、吐き気はいつやってくるのかわかりません。

ですからまずは外出先や働いている最中、いつ何時“いざ”とうときが来てもいいようにその際の対処法について知っておきましょう。

楽な姿勢をとる

吐き気とは消化器官や脳の嘔吐中枢が何らかの原因によって刺激されることで吐き気という症状になって現れます。たとえば、食べ過ぎ・飲み過ぎ・乗り物酔いなどが一般的に消化器官や嘔吐中枢が刺激されてしまう例です。

ですので、まずは安静で体への負担が極力かからない体制をとるということが大切です。
立っている状態では消化器官や脳は刺激を受け続けることとなりますから可能な限り横になり体をリラックスさせましょう。

ミントやガムのタブレットを噛む

これは一見、車などの乗り物酔いの時に有効な手段に思われると思いますが吐き気は脳の嘔吐中枢からの指令により引き起こされるので、ガムなどで噛むことを続けると脳は活性化され違う中枢が忙しくなります。

すっきりしたミントなどのガムやタブレットはそもそも吐き気にはとても有効なのです。

吐き気に効くツボを押す

こちらも一時的な処置にはなりますが吐き気解消のツボを知っておくと便利です。

吐き気解消に効くツボは薬指の爪付け根の中心から小指側に5mmくらい寄った部分にあります。
関衝」と呼ばれるツボなので検索すればすぐわかるでしょう。

ツボ押しであれば席を外せない外出先やお友達との会話中など、またはテレビを見ながらでも押せるのでとても便利です。なるべく深呼吸を繰り返し、リラックスした状態でツボを押してみましょう。
意外とそんなことでも治まるケースもあるんです。

吐きそうになった時、あなたはきっと真っ青になっている状態ではあると思いますが、なるべく落ち着ける環境か精神状態を作り出し、神経をゆっくりとした気持ちで休めましょう

もちろん繰り返しますがこれは一時的な対処法です。根本的な原因への治療を行わないかぎり改善はできませんから、次になぜ更年期になると吐き気が起きるのか原因から見ていきましょう。

吐き気を起きないようにするために、知っておきたい吐き気の原因

フラフラとする女性

更年期に吐き気と、病気のときに起きる吐き気では原因が違います。原因さえ知っておけば吐き気が起きないように治療していくことが可能です。

吐き気の原因が病気の場合は治療が難しい場合がありますが、更年期障害は病気ではなく更年期に起きる症状のことですので更年期障害の起きる根本の原因をしっかり知り、正しい治療法を見つけていきましょう。

更年期障害で吐き気が起きるメカニズム

①女性ホルモン(エストロゲン)の減少
女性は40歳から55歳の閉経の時期ともに子宮の機能が低下します。子宮の機能が低下すると今まで卵巣から作り出し続けていたエストロゲンが分泌されなくなります。

②ホルモンバランスの崩れと自律神経のバランスの崩れ
エストロゲンが減少すると、ホルモンバランスが崩れ脳の視宋下部が混乱し自律神経のバランスが崩れます。脳ではエストロゲンが足りないので増やすように指令を出しますが一向にエストロゲンは分泌されないので、逆に卵巣刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンが過剰に分泌してしまいホルモン生成のサイクルが崩れる上に、自律神経にまで影響が及んでしまうのです。

③交感神経が働きすぎて胃腸の機能低下
自律神経とは興奮状態にあるときに必要な交感神経と、体が休むときに必要な副交感神経が交互に働くことにより成り立っていますが、卵巣刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンが過剰に分泌されると交感神経が働き続けてしまい胃腸が疲れてくるのです。胃腸は休めないことで機能が低下していきます

④食欲不振、胃もたれ、吐き気の発症
胃腸が疲れてくると胃もたれを感じたり、食欲不振になったり、吐き気といった症状が生まれます。この悪循環サイクルを生み出す原因はエストロゲンの減少によるものだったのです。しかしここでひとつだけ注意したいのはこのケースは、吐き気の原因が更年期障害の場合です。万が一病気が場合には全く違った原因になると思いますので要注意です。

更年期障害以外に考えられる病気の原因

ほとんどの方が更年期障害を芸意図した吐き気のケースが多いと重いますが念のため吐き気を生み出す病気の種類も紹介しておきます。

・胃潰瘍・・・食後に吐き気をもよおす。みぞ落ち辺りに痛みを感じる。

・急性胃炎,慢性胃炎・・・ストレスや薬などの刺激物の飲みすぎで胃が炎症した状態で、食後や空腹時問わず吐き気をもよおす。

・急性膵炎(すいえん),慢性膵炎(すいえん)・・・アルコールの摂取量が多い人や胆石がある人は膵臓に炎症を起こすリスクが高く、みぞおち奥辺りに痛みや吐き気をもよおす。

・胃がん・・・早期に自覚症状は現れない。進行すると吐き気や胸やけ、食欲不振を起こす。

このように吐き気を生み出す病気は重病が多いので、ほとんどの方は更年期障害の症状であるケースが多いでしょう。

吐き気って無理に止めないほうがいいってホント?

びっくりする女性

ここで余談ですが、吐き気は吐き気でも無理に止めないほうがいい吐き気もあります。

例えば「ノロウイルス胃腸炎」。これは吐き気を止めることはもはやできない場合が多いかもしれませんが、無理に吐き気止めで吐くという行為をやめてしまうと体が排出したい毒素を体に溜め込むことになってしまうのです。

これではいつまで経っても嘔吐が止まらなくなってしまいます。体内に侵入してしまったウイルスは何としても体外へ排出しなければなりません。どんな症状も根本的原因を改善しないかぎり症状は良くならないということです。

ですから吐き気には無理に止めないほうが良いというケースも存在するのです。

いくつか試してもらいたい!吐き気を改善するための治療法

これまでの通り吐き気をもよおす根本的原因は更年期障害が原因であることが多いです。更年期には吐き気だけでなく、様々な不調に襲われることが多くあると思います。

何度もお伝えしていますが根本的な症状の原因治すことが症状の改善につながっていきますのでこれから紹介するいくつかの方法を試してください。

医療用医薬品

薬

医療用医薬品とは病院でしか処方できない医薬品のことです。ドラッグストアなどで売られている医薬部外品より効果が高いものです。

例えばメルスモン注射やホルモン注射は更年期障害の治療のひとつで医師の診断のもと体内へ投与することが可能ですが、どちらも副作用が懸念されています。

そして極端にいうと無理やり治す手法なので、一瞬の効果は高いですが根本的治療ではないので継続的投与が必要になり、お金と時間を費やすこととなります。

一瞬更年期障害の症状と吐き気が改善されたとしても、その症状が感知せず注射の投与に頼り継続することになるので、しばらくした後に違う病気を引き起こすのです。単発的な利用は良いかもしれませんが正直おすすめできない治療法といえます。

軽い運動の継続

ウォーキングをする女性

運動は体に襲ってくる様々な不調に対する特効薬といっても過言ではありません。重度は病気出ないかぎり適度な運動の継続は健康な体へ導いてくれます。体内の健康だけでなく体内から美肌も生成られるのです。

体は運動することで、体内で血液が循環し、筋肉のこりなど滞っていたすべての機能が動き出します。運動は即効性こそないものの、ゆっくり自律神経を整えていき、更年期の吐き気以外にも様々な更年期障害の症状改善の一歩となり得ます。

肥満防止や美肌づくり肩こりや腰痛の改善など、運動をするだけでたくさんの副産物が得られますのでウオーキングやスイミングなどあなたが始めやすいと思う、小さな運動から始めてそれを継続してみましょう。

更年期に特に良い食餌療法

料理をする女性

食餌療法は運動と似ていてこちらも即効性は求められませんが、体は食べたものからできているので健康に気を遣った食事については、一生気をつけていただきたいくらい行く末の病気に反映されます。

更年期に特に気をつけて摂取してほしい栄養素とはご存知の通り、女性ホルモンの代わりを担ってくれるといわれる大豆イソフラボンや、骨粗しょう症になりやすいといわれる時期ですからもちろんカルシウムです。

食事とは摂取量ではなくバランスが特に大切なので、ビタミンB1,ビタミンC,タンパク質,鉄分を同じ食事内または一日にうまく摂り入れることが重要です。人間の血液は4ヶ月で入れ替わるといわれているくらいですから思っているよりもあなたの食べた食べ物は着々とあなたの体を作っているのです。

また、個人的に吐き気止めにおすすめの食材は生姜湯です。体の中から温めて代謝を良くしてくれると同時に張りつめた神経が和らぎますので是非おすすめです。

東洋医学“漢方のちから”

高麗人参

先ほど生姜をおすすめしましたが、もっと強力でおすすめなのが漢方でいう「高麗人参」です。
高麗人参は東洋医学の中でも欠かせない漢方の成分で自律神経の働きをサポートしてくれるので根本的に体の治療をしていくことができます。

富山大学和漢薬研究所の研究によるとストレスを過度に与えたマウスの胃はすぐに胃が溶けてしまう症状がみられましたが、高麗人参を与えたマウスにはすごい効果が見られたそうです。そもそも高麗人参には自律神経を鎮静させ、溶けた胃の部分を修復するための生合成を促進させるようです。

最近の生姜ブームの次に来るのは高麗人参ブームかもしれませんね。

更年期における吐き気の正しい治療法まとめ

更年期の吐き気の原因は女性ホルモン(エストロゲン)減少によるものということがお分かりいただけたでしょうか。
そしてどんな症状も根本の原因への治療法を試さないことには本当の意味での症状改善へ向かうことはできないのです。

体が悲鳴を上げている時に出る症状を無理に止めてはいけません。重度な症状でなければ、軽い運動を継続的に行い食事も更年期に必要な栄養素を意識してバランスよい食生活を心がけてください。

そのサポートに高麗人蔘を取り入れてみてもいいでしょう。高麗人参は生で入手することはできませんから、サプリメントなどで手軽に始めてみてください。もちろん生姜なんかはスーパーで売っていますから、こちらはサプリで摂り入れる必要はないですが。

何かひとつの方法だけでは改善できないのが更年期障害とその吐き気です。今いくつか上げた治療法を日常へ取り入れ継続してみてください。きっと少しずつあなたの悩ましい吐き気の症状は改善されていくはずです。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。