毎日、毎日、ご飯を作らなければいけない立場にある女性は、だんだんと食事を作りがとても億劫になり、ついには「ご飯を作りたくない病」が発生することがあります。

このご飯を作りたくない病の原因としてはいくつかの要因が重なりますが、特に女性は更年期と呼ばれる50代前後の年代でその思いがMAXになり、他にもイライラや反対にうつといった精神的な症状に表れる場合もあります。

女性は何十年も家族のためにご飯を作り続けている人の方が圧倒的に多いので、この更年期というホルモンバランスが変化する時期にそんな不満が爆発してしまうのです。

とはいえ、母親としては家庭のご飯を作らないわけにはいきませんよね。そんな更年期におけるご飯を作りたくない病が発生したときの原因と対処法について詳しく解説したいと思います。

更年期の女性にご飯を作りたくない病が発生する原因とは

料理をする女性

これまで不通にご飯を作り続けてきた女性に「ご飯を作りたくない病」が発生するという背景には更年期障害が関係しているケースが多いです。

女性は平均50歳くらいの年齢で加齢にともない、閉経を迎える準備が始まります。その時期は人によって大きく左右され40代から始まる人もいます。

この時期のことを更年期と呼び、その影響で起こるさまざまな症状を更年期障害と呼びます。更年期には女性ホルモンが低下しホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れることによって女性はやる気が起こらなくなったり、イライラしたり精神面でもコントロールが難しくなることがあります。

このような原因でご飯を作りたくない病が起こるのですが、他にも掃除や洗濯など同じ原因でおろそかになってしまうのです。

もちろんすべての更年期の人に同じ症状が起こるわけではありませんが、何となくやる気が起きない時はその原因を理解しているか、していないかで、自らの対策や周囲の家族の理解を得られるかどうかが変わってきます。

そもそも365日毎日炊事・掃除・洗濯などの家事をこなすことはとても大変なことです。更年期になると体調が万全でない期間が数年続くのでそのことを理解し対応していかなければいけません。

遠くを見つめる女性

更年期のご飯を作りたくない病が起きたときの対策としてはまず、すべてを完璧にこなそうと思わないことが大切です。まずは更年期にはどんなことが体内で起きるのか家族へ説明し理解を得ましょう。

そして少でも協力してもらう環境を作ってください、そして何事も時短を意識し家事をする時間を少しでも減らしましょう。

例えばすでにカットされた野菜を買い料理に使ったり、作り置き料理のレパートリー作ってみたり、掃除はたまには外部へお願いするなどいかようにも工夫はできます。

そして更年期障害の症状緩和のために、女性ホルモンに似た作用をもつといわれる大豆イソフラボンを積極的に摂り、サプリメントを摂取するなど対策をしていくといいでしょう。

更年期に「ご飯を作りたくない病」にかかったときの対策まとめ

更年期というのは女性であれば誰もが通る女性の宿命といえる期間です。

そのホルモンバランスが変化する時期に起こる症状の重さには個人差が大きく出ますが、万が一「ご飯を作りたくない病」が起きたらそれはあなただけのせいではありません。女性の体のメカニズムで起こっている可能性が高いです。

更年期のだるさは女性ホルモンが低下することによって起きるので、その対策としてはまずは家族や周囲からの理解を得るということと無理をしないということが重要です。面倒な炊事・掃除・洗濯を今まで通り完璧にこなそうという気持ちは捨てましょう。

そして時短できる方法に変えて、家族のサポートを得るなど工夫しましょう。

また、女性ホルモンのサポートとして大豆製品を積極的に食べ、サプリメントを摂取し更年期障害対策を行いましょう、どんなに健康な人であっても更年期の体内環境の変化には対応できないことだってあるのです。

ご飯を作りたくない病が発生したら、自分に対してもおおらかな気持ちで向き合っていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。