普段起こる下痢って何かの食べ物に当たったり、おなかを冷やしたりしてしまうと起こるケースがほとんどかと思います。このような下痢の場合、その食べ物がすべて排出されたり、おなかを温めたりすることで治ったりします。

一方で、更年期に起こる下痢の症状は、朝方に急におなかが痛み出したり、痛みが長時間続いたり、下痢ですべての排出物を出したと思っても、その後も水のような排出物が続いたりして、長時間腹痛や下痢に悩まされるような症状が起こります。

このような腹痛や下痢はいつ起こるかわからないので、一度発症すると外出時にはとても困るんです。出先でこの腹痛や下痢が起きるとその後も不安で生活支障が出る人もいるくらいです。

それではこの更年期障害で起こる下痢の原因とはいったいどのようなものなのでしょうか。この記事では更年期障害で起こる下痢の原因と対策を詳しく紹介したいと思います。

更年期障害で起こる下痢の原因とその解消法とは

お腹を抑える女性

更年期障害の下痢と普段の下痢の症状がなんとなく違うのにはそもそもの原因が異なります

まず、更年期は40代後半から50代の閉経を迎える前後の体内環境が変化する時期のことを指します。女性は加齢によって徐々に女性ホルモンが低下していき閉経に向かいますが、これと同時に脳内ではホルモン分泌の異常ととらえ、混乱が生じます。

このホルモン分泌をコントロールしているのが脳の視床下部といわれていますが、この同じ部分で自律神経のバランスもコントロールしています。ホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスまでも崩れるのはこのことが要因としてあります。

自律神経のバランスが乱れると自律神経のうちのひとつである副交感神経の働きが乱れます。副交感神経は消化器系へ指示をだす神経ですので、更年期に下痢が起こるのはこの自律神経のバランスが乱れ、副交感神経がうまく作用していないことで起こるのです。

更年期障害の下痢の解消法とは

指差す医師

胃腸の最大の敵「ストレス」を解消する

ストレスと一言にいったとしてもこれは、更年期障害の下痢を悪化させる大きな原因なるのでけして侮ってはいけません。更年期という時期はストレスや疲労が蓄積しやすくなっています。

胃腸という臓器はストレスや疲労の蓄積にとても弱い臓器でこれらの影響をとても受けやすくなっています。今まではそんなことがなかったとしても、更年期にはストレスによって下痢が起きる場合があるのです。

疲労を感じたらすぐに休息を取り、疲労を蓄積させない努力を行い、ストレスは上手に解消させるよう工夫していきましょう。

食物繊維を積極的に摂りましょう

下痢になると便通がこれ以上よくなってはいけないと考えて食物繊維を取らないようにする人がいます。これは大きな間違いです。

この胃腸の調子が悪いときに消化の良いものだけを食べているだけでは正しい便の形が成形されず下痢の治りが逆に遅くなってしまう場合があるので。下痢などの胃腸の不調の時こそ食物繊維の多く含む食品を摂り入れ便通良くし、胃腸が正常な働きに戻るように努力していきましょう。

おなかは絶対に冷やさないこと

おなかは空洞なので一度冷えてしまうとなかなか温まりにくい部分です。胃腸の働きを良くしたいときにはおなかを絶対に冷やさないようにしましょう。おなかを冷やさないためには、一番手っ取り早いのは腹巻きをすることです。

最近ではアウターに響かないように薄いコットンタイプのおしゃれな腹巻きもたくさんでてきています。他にも冬はヒートテックを欠かさず着たり、夏は冷房対策の羽織を持ち歩いたりなどして、おなかを冷やさない工夫をしていきましょう。

まとめ

更年期障害で起こる下痢は普通の下痢が起こる原因とは全く異なるものでした。更年期障害の下痢は自律神経のバランスの乱れによって起こるので更年期に下痢になりやすくなった人は、更年期が終わるまでその症状が続く可能性も考えられます。

まずは、自律神経が乱れにくい体質を取り戻すために、ストレス解消と疲労が蓄積しないような生活習慣を心掛けましょう。そして下痢を発症してしまった際には食物繊維を積極的にとりましょう。(もちろん過剰な摂り過ぎは禁物ですが)

そして、おなかは決して冷やさないようにして体を温める工夫をし、下痢の起こりにくい体質へ改善できるよう取り組んでみてくださいね。

世界売上No.1の高麗人参とは?

滋養強壮(活力向上)や健康維持のための最強の漢方といえば高麗人参で間違いありませんが、今一つ情報が少なく、どの商品を選んだらいいか分からないのが現状です。

しかし、実は世界的にはすでに決着がついていて、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参です。

今なら格安でお試しできるようですので、参考までに紹介いたしました。

正官庄 正官庄