飲み物を飲んだ後や食事をした後に、「なんだかゲップが止まらない!」という症状を体験したことがある人は案外多いのではないでしょうか。
これが更年期を迎えるとさらに頻発し、緊張したりストレスが掛かったりする場面などでゲップが止まらなくなる人という人もいて、「何かの病気だったらどうしよう…」とか「もしかしてガスが溜まっている…?」とかあらゆる病気のリスクが頭をよぎります。
それくらいゲップが頻発して起きてしまうことがあるのです。
さて、そもそもゲップが出る原因とは何でしょうか。ゲップが出てしまうのを抑制したり、発生しないように予防したりすることはできるのでしょうか。または、放っておいても問題はないのでしょうか。
この記事ではあまり知られていないゲップが引き起こる際の原因とその対処法について詳しく探っていきたいと思います。

更年期障害とゲップの関係

口を押さえる女性

まず、通常のゲップとは何らかの原因で胃の中に溜まってしまった空気やガスが体外へ排出される現象です。
例えばコーラやビールを飲むとゲップが出るのは、飲料に含まれる炭酸が胃の中で胃液と化学反応を起こし炭酸ガスを生み出すことで起こるので比較的ほとんどの人に起こりやすい現象といえます。
他にも食事の際に空気を一緒に飲み込んでしまっていたり、何らかのストレスを抱えることで胃腸の働きに影響を及ぼし、胃腸にガスが溜まることでゲップが止まらなくなっているというケースも考えられます。
これがゲップを引き起こす基本的なメカニズムとなりますが、これに更年期障害という要因が加わることによって次のような症状が起こる可能性が高まります。
更年期障害でゲップが引き起こるメカニズム

1 加齢によって女性ホルモン「エストロゲン」が減少
↓↓
2 ホルモンバランスが崩れ、自律神経のバランスも乱れる
↓↓
3 自律神経の乱れから胃腸の働きが悪化
↓↓
4 胃腸にガスが溜まりやすい状態になりゲップという症状が発生

このように更年期特有の女性ホルモンの低下を原因としてゲップが起こりやすい環境を生み出している場合もあるのです。
また、更年期にはホルモンバランスの乱れからストレスや不安といった感情へのコントロールが難しくなる時期でもあるのでストレスや疲労を抱え込みやすい時期に入ります。ストレスが溜まるとやはり胃腸の働きも伴って悪くなりやすいことから、ゲップが引き起こっているケースも考えられるでしょう。

更年期障害を原因として起こるゲップを改善する方法

ひらめくうさぎ

更年期障害のときにゲップが起こりやすい原因は自律神経の乱れまたはストレスによる胃腸の働きの悪化ということがお分かりいただけたかと思います。
これらの改善策としては、更年期障害の根本の原因とされるホルモンバランスや自律神経の乱れを整えてあげることが大切です。
ホルモンバランスと自律神経の乱れを整える手段としては、質の良い睡眠を取ること、栄養バランスの摂れた食生活をすること、ストレスが溜まらない生活または解消できるように工夫をすることが重要です。
そして、食事の際にはゆっくり噛んで食べることを実践するようにしましょう。食事を急いで食べる癖がある人が、食事の後にゲップをしていのをよく見かけませんか?私たちは無意識に空気も一緒に飲み込んで食事をしていることがあるので注意してみましょう。

更年期障害以外を原因としてゲップが起きている場合

もし、あなたのゲップが更年期障害以外の何らかの原因で起きているとすれば次のような病気の可能性も考えられます。その場合には、ゲップ以外にも体の不調が併発していることがあるのでその病気の種類について確認してみましょう。
逆流性食道炎…逆流性食道炎とは胃酸が食道に逆流することで起きる食道の炎症のことで酸性度の強い塩酸とされる胃酸が繰り返し食道へ逆流してしまうことで粘膜を傷付け、胸やけや不眠、疲労といった症状を引き起こす症状です。
胃がん…胃がんの初期症状としてゲップが出る人もいます。胃がんを引き起こすと胃液の分泌状態は徐々に悪化していくのですが、その際にいの機能が低下し消化不良を引き起こします。このことから、胃がんの初期症状では胃のもたれや不快感に加えゲップがでるようになるといわれています。
空気嚥下症(くうきえんげしょう)…空気嚥下症とはあまり聞き慣れない病気かもしれませんが食道から胃、腸にかけて多量の空気が溜まり過ぎてしまっていることでゲップや胸やけが起きる症状です。空気を飲み込む癖が付いてしまっているとこの空気嚥下症という病気を引き起こしやすくなります。
胃潰瘍…胃潰瘍でもゲップが引き起こしやすい状態を引き起こします。胃潰瘍になると胃が張ったような感覚で膨満感があったり、特徴的なのは胃酸過多によって口臭がしたり酸っぱいゲップが出るということです。このような症状に加え、吐血や下血していたらすぐに病院へ行ってください。
病院
このように単なるゲップと思っていても場合によっては何らかの病気でゲップが出てしまっているケースも考えられるのでこれらに思い当たる症状があればすぐに病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

更年期障害でゲップが止まらなくなるというのは本当でした。誰でそうなるわけではないのですが、もしあなたが更年期のゲップに悩んでいたとすれば、根本から治すためにも自律神経のバランスを整えストレスを溜めないということを意識してみてください。
そして空気を飲み込む癖があるかもしれませんのでそのことを意識しながらゆっくりと食事をすることを心がけましょう。空気を吸うのと飲み込むということは違う作業です。
空気を肺から吸うと二酸化炭素を吐くことで循環することができますが、空気を胃へ飲み込んでしまうと排出する機能はゲップかおならしかなくなってしまうので本来いらない作業が必要になってきてしまうのです。
もちろん、ゲップが悪いわけではありませんが更年期のゲップは減少させることができるということを覚えておきましょう。また、ゲップが頻繁すぎる場合には病気のリスクもあるということを頭の片隅に入れておいてください。
ゲップを我慢することはよくありませんが、他人からするとあまり気持ちのいいものではありませんので、なるべく減らしていけるといいですね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参