更年期障害で幻聴が聞こえるようになり、聞こえるはずのない声が天から声が聞こえてくるような感覚があったり、テレパシーのように頭の中で聞こえてくる感覚があったりすることがあります。

初めのうちは「気のせいかな」とか「何かのお告げかな」とか不思議な気持ちでその症状を放っておくと、だんだん被害網症に発展してしまい、誰かに盗聴されているように感じたり、目の前の他人に騙されているように感じたりと統合失調症のような重症な精神疾患を引き起こしてしまうこともあるのです。

このように更年期に幻聴のような症状が起こる人の特徴としては過労や過度な精神的負担を抱えている人の場合に多く発生するといわれています。幻聴を悪化させないためにも、少しでも幻聴が聞こえるように感じている人は早期対策が必要です。

この記事では更年期障害における幻聴への予防策・改善策を紹介します。

更年期障害で起こる幻聴の症状とは

耳をふさぐ女性

幻聴とは聞こえるはずのない声が聞こえてくることを指しますが、その幻聴の聞こえ方にはいろいろな聞こえ方があり自分の思っていることが声として聞こえてきたり、自分のことを見透かしたような内容で天からの声のように聞こえてきたり、テレパシーのように聞こえてきたりと人によってさまざまです。

このような幻聴の原因として考えられる病気は、過労や過度な心労によって統合失調症や心的外傷後ストレス障害(PTSD)またはアルコール依存症、薬物依存症が挙げられます。

統合失調症とは10代から20代でも起こりやすい病気で何らかのストレスなどによって家族や社会との交流を営む機能に障害を抱えてしまう症状で幻聴が聞こえることも多いそうです。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは家族の死別などの心に大きな傷を抱えてしまう場合に起こる症状で昔の体験がよみがえるような幻聴が起こったりします。

アルコール依存症や薬物依存症による幻聴はそれらを使用した際に起こる幻聴なので、更年期にキッチンドリンカーとなってしまう人にも起きやすいといえるでしょう。

このような病気の他にも、更年期のイライラや不安といった精神症状が重くなると幻聴という症状が起こるケースもあります。

更年期障害で幻聴が起きているとすれば同時にホットフラッシュやめまい、頭痛、月経不順といった更年期障害特有の症状が併発している可能性が高いです。

更年期障害が原因で幻聴が起きているということは更年期障害の根本の原因である女性ホルモンの減少や自律神経のバランスの崩れによる症状になるので、先ほど挙げた病気とは対処法が異なります。

まずは、その聞こえてくる声が「幻聴」なのかどうかはっきり自覚するためにも夫や家族など信頼できる人に相談をしてください。そして更年期障害の症状が併発して起きているとすれば婦人科を受診しましょう。

婦人科でホルモン補充療法など女性ホルモンのバランスを調整する治療を行うことで精神不安が改善・緩和されるケースもあります。更年期障害対策だけではどうにもならなかった、または更年期障害ではない場合は精神科を受診しましょう。

まとめ

更年期障害と幻聴の関係は、直接的な関係でなく更年期障害で起こるさまざま体調不良が重なって、幻聴を悪化させることがあるので注意が必要であるということです。

ただし、もしその他に更年期障害の症状がみられない場合は別の病気の可能性がありますのでどちらにしても早期のうちに病院を受診することが重要です。

また、大切なパートナーや家族の支えも必要ですから、自分が正しいと決めつけることは決してせず、身近な人に悩みを打ち明けられる環境を作るようにしましょう。幻聴が悪化してししまったら一番に困るのはあなたのパートナーや家族です。少しの不安でも取り除く努力をし、病院で何が原因かはっきりさせて治療に専念していきましょう

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。

高麗人参