エストロゲン」とは私たち女性が持つ女性ホルモンのことですが加齢によってその分泌量は大幅に減少していきます。

だいたい40代から50代で訪れるこの時期を更年期と呼びます。そんなエストロゲンと同じような性質・働きをする成分が自然界の植物にも存在します。それはフィトエストロゲン(植物性卵胞ホルモン様物質)という成分です。

このフィトエストロゲン植物を摂取すると、不思議なことに、外因性の成分にもかかわらず、体内分泌されたエストロゲン(女性ホルモン)と同じような動き方します。

化学構造式を見てみると私たち動物が分泌するエストロゲンとフィトエストロゲンが似ていることがよく分かります。このフィトエストロゲンを持つ代表的な植物といえば大豆製品の持つ大豆イソフラボンですが、他にも似たような働きをする植物は存在します。

更年期障害に有効な成分は大豆イソフラボンの他にどんな植物に当るのか確認してみましょう。

女性の更年期障害で知っておきたい!「エストロゲン様作用」のある植物

大豆

女性ホルモン「エストロゲン」が減少する更年期には体のさまざまなバランスが崩れることで、頭痛・めまい、吐き気、肩こり・腰痛、不眠、イライラ、不安といったように体の不調が表れ始めます。

そんな更年期障害の症状を緩和させるためには、体外から食事やサプリメントなどで女性ホルモンの働きをサポートしてくれるような成分を摂取することが必要なのです。

それでは更年期の正しいサプリ・食材選びのためにもエストロゲン様作用を持つ成分をみていきましょう。

■大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは女性にとってはすでにメジャーな成分かとは思いますが、納豆・豆腐・豆乳以外にも、厚揚げ、大豆の煮もの、みそ汁、きな粉といったように身近な食材にも多く含まれます。

■プエラリア
プエラリラとはあまり聞き慣れない成分名かもしれませんが、バストアップサプリなどによく含まれる成分で、タイ北部やミャンマーの山岳地帯に生息するマメ科の植物です。ミロエステロールという女性ホルモン様作用はイソフラボンよりも強いため、 副作用が懸念されているのも実状です。

■レッドクローバー
レッドクローバーとは別名ムラサキツメクサ、アカツメクサと呼ばれている、マメ科の多年草で豊富なイソフラボンを含みます。摂取方法はハーブティーで飲むことが一般的で、味のクセは少なくウーロン茶に似た風合いです。

■リグナン
リグナンとはポリフェノールの一種でアマニ油や、ゴマ、穀物、カボチャの種子、ブロッコリーなどに含まれます。リグナンはエストロゲン様作用の他にも抗酸化作用があるためアンチエイジング効果や免疫力アップの効果が期待されています。アマニ油ブームが到来し抵抗、大豆イソフラボンよりもいいという意見もあり注目されています。

サプリメント

これらはいずれも更年期障害の症状予防・緩和に効果的とされている成分ではあるのですが、なぜ大豆イソフラボンしかメジャーなものがないのかというと、実は強いイソフラボン効果は、女性は乳がんなどの婦人科系疾患のリスクを伴う可能性があるからです。

エストロゲンは女性にとっては必要な成分ではありますが、必要以上に摂取し体内に蓄積してしまうと、返って悪さをする可能性もあるのです。

このようなリスクを避けるためにもくれぐれも過剰摂取には注意して活用いただくことをおすすめします。

更年期障害対策でエストロゲン様作用のある植物に関するまとめ

更年期障害対策にはその際不足するエストロゲンを補うために、エストロゲンに似た働きをしてくれる成分を摂取することが必要です。

中でも有名な大豆イソフラボンは、大豆製品に多く含まれることから日常から手軽に摂取しやすい成分です。しかし更年期障害対策を目的とするのであれば定期的に必要な分量の大豆イソフラボンを摂取する必要があることからサプリメントでの摂取が効率的であるといえます。

その他の成分の、プエラリア、レッドクローバー、リグナンなども同じことがいえますがこれらは乳がんのリスクが懸念されている記事も多いので過剰摂取を避けましょう。

あなたの更年期障害が少しでも軽くなりますように参考にしてみてくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。