更年期障害対策のサプリメントで最近また新たに話題になっている「エクオール」ですが、エクオールとはそもそも何か知っていますか?

エクオールとは女性ホルモンに似た作用をもつ「エストロゲン様作用」を持っていて長らく女性の中では人気の大豆イソフラボンと同じような働きを持っているということになります。

エクオールに対する口コミを調べてみると、否両論でエクオールに満足したという人の意見では更年期の「精神的な不安感や落ち込みが落ち着いた」とか「肌の水分量が上がった気がする」といったような感想が多く見受けられました。

一方では、「子宮筋腫や乳がんなどの婦人科系の疾患を患っている人にはよくない」とか「高いわりには変化がない」という意見もあり一概にいいとも悪いともいえない印象です。

エクオールの持つ効果・効能は本当のところどのようなものなのか解説していきたいと思います。

更年期にエクオールをサプリメントで摂取する効果とは

目を輝かせる猫

まず始めにエクオールとは何かについて説明します。エクオールとは大豆製品を食べたときに大豆イソフラボンの一種が腸内細菌によって変化した成分です。

大豆イソフラボンには「ダイセン」「グリシティン」「ゲニスティン」の3種類がありますがその中でも“ダイセン”という成分だけが腸内細菌によって代謝されエクオールへと変化します。

エクオール事態のエストロゲン様作用はそれほど高いものではないものの、エストロゲンが体内で不足している更年期には活躍してくれることと、かつエストロゲンが過剰なときにはエストロゲンの働きを抑制してくれるという調整作用を持っています。

その効能はエストロゲンの持つ作用のおよそ100分の1から1000分の1ととてもわずかではありますが、大豆イソフラボンのダイセンの成分のまま体内に吸収されるよりかは、エクオールに変換されて吸収される方がその効果はより高くなるといわれています。

豆腐

ただし、実はこの大豆イソフラボンのダイゼインをエクオールへと変換してくれる腸内細菌自体を持っている日本人女性は約50%、2人に1人程度の割合であるといわれています。

ということは約半数の女性はエクオールを体内で作り出すことができないということになるので、今ではエクオールが腸内に存在するかどうかのチェッカーも発売されているのです。

エクオールを体内で作り出すことができない人はサプリメントで摂取しましょう』という謳い文句でエクオールサプリをすすめているサプリメントは多いものの、エクオールを飲んでも効果がないという人がいるのはこのようないくつかの理由があったのです。

エストロゲンに似た女性ホルモン様作用を持つ成分は大豆イソフラボンの「ダイセン」だけでなく、「ゲイスティン」という成分も同様にあるのでエクオール産生菌を持っていないからエクオールが絶対必要ということはないのです。

もちろん。更年期のエストロゲンが大幅に減少する時期に摂取するにこしたことはありませんが、わざわざ高いコストをかける必要はないということですね。

エクオールが更年期に効くかどうかのまとめ

日本人女性の2人に1人しか体内に存在していないという腸内細菌エクオールは、貴重な感じがしつつもそこまで大きくエストロゲンの代わりになってくれるわけではなさそうです。

なんでも個人差があるので一概にはいえませんが、体内にエクオールがないからといって心配する必要はないということです。

更年期対策としてエクオールのサプリメントを摂取することは間違ってはいませんが試したけどあまり効果が感じられなかった人、または確実に効果があるものを試したい人にとってはその他の更年期障害対策を検討する方が賢明かもしれません。

話題のエクオールに乗るか乗らないかはあなた次第ですが情報過多なこの時代に乗せられないよう注意して、健康な毎日を取り戻し、賢く維持していきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。