円形脱毛症になったことはありますか?

円形脱毛症ってストレスにより、頭皮の髪の一部がごっそりと抜け、10円剥げや500円剥げができてしまうことですが、見た目としては残った周囲の髪の毛でカモフラージュできる場合もあるので、周囲の人でも気づかぬうちに円形脱毛症を発症している人は案外多いんです。

典型的な例でいうと芸能人はすごい確率で円形脱毛症を発症しており、(円形脱毛症+芸能人で検索すればすぐわかります)今は完治したという人も振り返れば当時はものすごいストレスを抱えていたと話します。円形脱毛症は急に発症し、ある日突然気づくのです。

この円形脱毛症が起こるようなストレス不安といった心身的負担がかかり続けると、一個であった円形脱毛症が急に数個点在してしまうこともあるんです。

この記事では円形脱毛症がなぜ起きるのかそのメカニズムと、更年期にはげてしまうこととの関係や違い、その対策について解説したいと思います。

円形脱毛症とは何か

鏡で後頭部を機にする人

円形脱毛症とは年齢や性別にかかわらず、誰にでも発生する可能性のある症状で10円玉から500円玉ほどの大きさの円形に脱毛してしまう症状のことを指します。

そして初めは突然1か所に脱毛の跡が見つかるケースが多いものの、小さな脱毛部分が数か所できる場合もあります。そして脱毛した箇所の髪の毛を引っ張ると痛みも感じすに簡単に抜けてしまうという特徴もあります。

円形脱毛症にもいくつか種類があり、次のようなものが挙げられます。

円形脱毛症の主な種類

○単発型…豆粒ほどの大きさから500円玉ほどの脱毛まで比較的小さい脱毛が1か所から数か所にできる症状で、円形脱毛症の中でも最も多くみられる症状。

○多発型…なかなか完治せず何度も繰り返し脱毛し、2か所以上の脱毛が見られる症状。

○蛇行型…側頭部または後頭部から額の生え際に沿って帯状に脱毛してしまう症状。

○全頭型…多発型の円形脱毛症が悪化し、東部全体の毛が抜け落ちてしまう症状。

○汎発型…全身の毛までも抜け落ちてしまう重い症状。頭髪だけでなく、まつげやまゆげ、といった毛まで抜け落ちてしまう症状。

このように症状の重さ別に種類が分けられていますが、基本的に円形脱毛症の中でも一番多いとされているのが単発型の円形脱毛症となります。これらの円形脱毛症の原因としては「ストレス」というのが一般的によく知られていますが、はっきりとした原因は実は証明できていません。

考えられる原因としては、自己免疫疾患、自律神経障害、内分泌系のなどの異常とも考えられていて、何らかの原因で自己免疫機能が誤ってリンパ球から毛包を攻撃・破壊することで起きるという考え方もあるものの断定はできていないのが現状です。ストレスはこの円形脱毛症を誘発させているだけで、本当の原因は他にあるとの考え方もあります。

一方で、これに対して更年期の女性に多く見られるのは円形脱毛症よりも「びまん性脱毛症」といわれています。円形脱毛症は一部の髪の毛がごっそり抜け落ちてしまうのに対して、びまん性脱毛症は髪の毛全体が薄くなってしまうのが特徴です。

40代後半から50代にかけて「髪の毛のボリュームが減ってきた」「地肌が目立つようになってしまった」「髪の毛のコシがなくなり太さも細くなった」といったような症状が、このびまん性脱毛症となります。

びまん性脱毛症の原因としては加齢に伴った女性ホルモンの低下・減少によるもので、女性ホルモンの減少と共に男性ホルモンが優位になりやすくなってしまうことで脱毛が起こりやすい状態になります。

円形脱毛症とびまん性脱毛症では原因が異なるので対処法は似ていても治療法は次のように異なってきます。

困り顔の女性

円形脱毛症とびまん性脱毛症の対処法と治療法

もし、あなたのその脱毛が円形脱毛症とびまん性脱毛症であるとするならばまずは病院の受診をおすすめします。

育毛という名目では保険は効きませんが、円形脱毛症という病気であれば保険が適用します。円形脱毛症に悩んでいる場合には、まず皮膚科を受診しましょう。治療法としてはステロイド局所注射や局所免疫療法、紫外線療法などさまざまなものがありますので保険の適用の有無も含めてしっかりと医師へ相談してみてください。

そしてびまん性脱毛症の場合には、その原因は女性ホルモンの減少による可能性が高いのでまずは婦人科をおすすめします。ただし、その後、診察結果によって内科や皮膚科を勧められる場合もあるので婦人科でどのような治療がいいか相談してみましょう。

一般的にホルモンバランスの崩れを解消させる場合には婦人科でホルモン補充療法をおすすめされることが多いです。ただし、その他の症状や発症期間など総合的な判断が必要になるのでまずはこれらの専門医へ相談してみてください。

また、円形脱毛症とびまん性脱毛症の自宅での対処法としてはまずは抜け毛が起きやすい生活習慣を改めましょう。日常生活では質の良い睡眠をしっかりと取り、食生活では栄養バランスの見直しが必要です。

そしてストレスを溜め込まない生活に変える努力を行いましょう。シャンプー・へアケア用品で界面活性剤が配合されたものを使用している場合には、もっと頭皮に優しい製品に変えてみることもおすすめです。

まとめ

円形脱毛症と更年期障害に起こるびまん性脱毛症は原因が異なる病気でした。円形脱毛症はストレスなどによって突然、頭部のどこかに円形の脱毛の跡がみつかる症状で、びまん性脱毛症は更年期の女性ホルモンの減少による頭部全体が薄毛になってしまう症状です。

どちらも原因がそれぞれ異なりますので、円形脱毛症であれば皮膚科を、びまん性脱毛症であれば婦人科を早期のうちに受診しましょう。どちらの病気にもいえることとしては生活習慣を正しく見直すということに限ります。

脱毛の症状が進行してしまったら完治するまでにはとても時間を要しますので、早いうちにストレスや不安など体への負担を軽減し健康な体を取り戻してくださいね。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。