アラフィフと呼ばれる50代、別名「更年期」とも呼ばれますが、この更年期に突入してからどんどん太ってしまい、体重に歯止めがかからず困っている人はたくさんいます。

30代、40代に突入したときとは違った体の変化が起こるのが50代の更年期です。いつも以上に食事を減らしても、運動を始めてみても、ダイエットサプリを飲んでも全然痩せなくて、何かのタイミングで体重が増えるとそのまま戻らずに結果、どんどん太ってしまうという現象が起きることがあります。

もちろん個人差ともともとの体質にもよりますが、今まで太らなかった人でも、太りやすいという人に限らず、太りやすいのが更年期です。更年期には太りやすい体内環境が揃ってしまうのです。

そんな更年期太りへの対策のために、この記事では更年期に太りやすくなってしまう原因とその対策について解説したいと思います。

更年期になるとどんどん太ってしまうのはなぜ?

お腹を気にする女性

更年期とは女性が閉経を迎えるに前後の期間で、日本女性では平均50歳前後で起こる女性ホルモンが急激に減少する時期のことを差します。そしてこの更年期に表れるさまざまな症状を更年期障害と呼びます。

女性ホルモンが減少する原因は加齢によるものなので、更年期はその症状の重さ軽さに違いはあっても、誰もが経験するものです。

その中でも太りやすいという症状が起こるのは、女性ホルモンである「エストロゲン」は通常血液中のコレステロールを抑制し、脂質の代謝をサポートしてくれていることに原因があります。

エストロゲンの減少と共にその働きが弱まり、太りやすい体内環境ができてしまうのです。

さらには、50代前後で女性は特に筋肉の衰えも始まります。筋肉は私たちの脂肪や余ったコレステロールの蓄積を抑制してくれる効果がありますが、筋肉が衰えることで体の代謝自体も低下します。

このように更年期は太りやすくなる体内環境がちょうど揃ってしまうため、その対策として今まで以上に食生活の見直しや適度な運動が欠かせなくなるのです。

まずは食生活の見直しとして、基本的に間食を止め朝食はしっかり摂っても、夕食は軽めにするようにしましょう。現代病ともいわれる生活習慣病は脂肪や塩分・糖分など食事の摂り過ぎによって発症リスクを高めています。

私たちは日本人のほとんどが普段から食事を摂り過ぎているともいえます。過度な食事制限はストレスやリバウンドのもととなりますから、規則正しい時間の食事や栄養バランスの摂れた食事を摂るようにし、毎日続けられる適度な運動を行いましょう。

ますはウオーキングなどの有酸素運動でコレステロールの消費を促し、筋肉量を維持するための余裕があれば筋トレなどの無酸素運動行い代謝量を維持しましょう。

更年期障害で太り始めたときの対策まとめ

更年期という女性ホルモンの減少の時期は女性であれば誰もが通らなければならない試練の時期です。もちろん、その症状が明らかに出る人とそうでない人もいますが50代になって「最近どんどん太り始めたかも…」と感じたら、早期のうちに、食生活の見直しと適度な運動を始めましょう。

更年期の体は女性ホルモン「エストロゲン」が低下していることと、加齢による筋肉量の低下が重なり、血中コレステロールが蓄積しやすくなっています。これは食事を制限するだけではどうにも止められないのです。

まずは栄養バランスの摂れた食事と、規則正しい食生活を行い、適度な運動を加えることで代謝されやすい体作りを始めましょう。

更年期のダイエットはイライラも重なるし、大変だと思います。しかし、健康と美しさは共通しているので頑張って乗り越えていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。