更年期を迎えて「最近太ってきたな」とか「さらに痩せにくくなってきたな」「運動をしてもなぜか痩せない」などと悩んでいる方はとても多くいます。

年齢的なもので当たり前だろうと思う方も多いかと思いますが、女性は閉経を迎えるにあたり、更年期障害が起き始める40歳から55歳の期間は通常とは違う現象が体の内部で起きています。

更年期に太る原因はいつもと違うものなのでその原因に合った対処法で痩せやすい体づくりをしなければなりません。

更年期に太る原因となぜ痩せにくくなるのか、またその原因を踏まえて更年期に簡単にダイエットできる方法を詳しく解説していきます。

この記事を読んだ後にあなたの更年期のダイエット法がより良く改善され、確実にダイエットの成功へと踏み出していただけたら幸いに存じます。

更年期で太る最大の原因と痩せない理由

更年期に太りやすくなる原因はいくつかあります。

中年太りとひとくくりにしてしまったらそれまでですが、太る原因を知ることがダイエットにはとても大きな成功のカギです。

闇雲に運動したり大好きな食べ物を我慢したとしても、効果が無かったりして長続きしなかったりして、努力が水のあわになってしまったら、元も子もないですよね。

まずは更年に太ってしまう原因について詳しく見ていきましょう。

ウエストを測る女性

更年期の女性ホルモンの低下

更年期を迎える40代、時期には個人差があるのですが閉経が近づくにつれ女性は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン大幅に減少していきます。

このエストロゲンは毎月起こる排卵や月経などの環境を整え、コレステロールの値を正常に保ち脂肪燃焼を促す働きがあります。

このときエストロゲンが減少する際にコレステロールのコントロール機能も徐々に衰え、脂肪は燃焼されにくくなり体重は増加されやすくなります

筋肉量の低下による基礎代謝の低下

更年期を迎える頃、運動量にかかわらず徐々に筋肉量は落ちていきます。

筋肉の量によって基礎代謝の量は増減します。基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギーのことでなにもしなくても消費しているエネルギー代謝のことです。

更年期には筋肉量の低下で運動がおっくうになり、さらに基礎代謝が落ちるので代謝に悪循環が起き、痩せにくい体をどんどん構築していきます。

内臓脂肪の増加

エストロゲンは血液中の脂肪の量を調整してくれます。
脂肪を内蔵脂肪ではなく皮下脂肪へ貯めこむように働きかける役割をもっています。

しかし更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、血液中の脂肪がどんどん内臓へ蓄えられてしまい、ゆくゆくは肝臓へも脂肪がたまり、肝臓は脂肪肝の状態のようになってしまいさらに代謝を悪化させていきます。

内臓脂肪はあらゆる病気の根源といわれておりますが糖尿病や生活習慣病になりやすい状況を生み出すので他の健康面でも十分注意が必要です。

注意マーク

更年期に太りやすくなり痩せにくくなる理由は大きく分けてこの3つの理由からですが、この3つの原因を放おって置くとますます痩せにくい体を自ら作り出してしまいます。

こんなに太りやすい状況下にあると思うとうんざり来るかと思いますが、逆にいうとこの3つの原因に立ち向かうことで更年期でも痩せやすい体になる方法はあるんです。

知っているか知らないかでも体重の差は年々重ねると大きく出るでしょう。中年だからしょうがないなんて諦めていたら損だと思います。

今から紹介する簡単ないくつかの予防策を試してみましょう。

更年期でも肥満になりにくい体づくりと簡単なダイエット術

更年期の特に太りやすい時期は20代の頃のように一晩や2晩夕食を抜くだけではうんともすんとも痩せません。

無理やり体重を落とそうとして例えば食事を抜いてみたりしてもそれは逆効果でもっと太りやすい体をつくてしまっているケースも多々あります。

今からご紹介する方法は毎日の生活から取り入れられる生活改善は最も有効なダイエットです。あなたに合った方法を2つ以上選んで、最低1ヶ月続けてみてください。

“リンパマッサージ”でリラックスしながらボディメイク

ふとももをおさえる女性

あなたはリンパマッサージを自分でしたことはありますか?

リンパとは血管ではなく血液から染み出る組織液で、脇の下、太ももの付け根、顎といった部分にリンパ管という管が集合しているおり、リンパ節と呼ばれています。

リンパは体中に血液のように張り巡らされているので、リンパが滞るとあらゆる体の不調が現れます。血行不良と同じくらいとても重症です。

しかし、リンパの流れを良くすることで新陳代謝はグンと良くなります。
同時に結構も促進され、むくみがとれるので決して侮れないダイエット法です。

例えば、脇下の胸筋につながる部分を4本指で優しくゴリゴリと丸を書くようにマッサージしてみてください。一気に脇下が熱くなりますよね?

このようにリンパ節には案外この部分はマッサージ屋さんではマッサージできないないので自分でやってみるのをおすすめします。

次におすすめなのはふとももの付け根リンパ節です。足はうっ血したり、むくんだりしやすいのでここをマッサージすると下半身太りの予防となります。

基本的にリンパ節のマッサージは強すぎるのはNGです。
入浴時や入浴後などリラックスした状態でリンパの流れに沿い、優しくマッサージするように心がけてください。ボディラインを整える効果もあるのでおすすめです。

“適度な運動”を楽しい方法で継続する

ウォーキングする女性

適度な運動を心がける」ということは病気の予防や改善でも謳われますが、ダイエットにもやはり欠かせない事柄です。

更年期に至るまであまり運動をしてこなかったという人でも、ウォーキングや軽いジョギングを始めてみましょう。

今は40代50代の人でもスポーツジムに通っている人は増えてきました。スポーツジムも進化をしていて高年齢の人でも通いやすい工夫をしています。

たとえば私の通っている近所のスポーツジムは毎朝無料でヨガを体験させてもらえたり、ストレッチ教室がついていたり、スイミング講習が無料で受けられたりと会員というだけであらゆるサービスを受けることができるようになっています。(特別にジムではありません。近所のコナミスポーツです。)

運動はストレス解消にも効果的なので更年期のあらゆる症状の改善に一番特効薬だったりするのです。運動は継続できなければ意味がないので、まずはあなたが楽しいと思える簡単な運動を継続することを意識してください。

楽しみながら痩せる、これは最も健康的な方法です。継続こそダイエットの秘訣なので、お友達と何かの教室に通ってみたり、夫婦でウオーキングをはじめてみたりするもいいでしょう。

“筋トレの習慣”を身につける

筋トレする女性

更年期になると筋肉が衰えます。自分はそんなことないと思っていたとしたらそれは危険信号です。

健康な筋肉を保つことは燃焼しやすいからだでいるということです。どんなに食べても太らない20代の子たちはその分健康的な筋肉を持ち、日々それを使い燃焼しています。

更年期になり筋肉量が減ると燃焼できる量も比例してどんどん減っていきます。筋肉が落ちるということは新陳代謝も衰えるので、ダイエットどころの話ではなく太りやすい体を助長させます。

筋肉は使わないと毎日でも衰えます。例えばあなたが今から一週間病院に入院し、寝たきりの状態が続いたとしたら、全身の筋肉は急に衰え、足は細くなるかもしれませんが体はむくみ代謝が落ちることで肌が荒れてきます。

その状態が続くとあたりまえですが動くだけで息切れをし、動くことすら大変になっていくのです。これは全身にいえることで筋肉は日々衰えるので毎日使うことが重要です。

さらにダイエットとなると普段より少しキツ目の筋肉運動をする必要があります。日々ただ生きているだけでは痩せないのです。

しかし筋トレが習慣になり、脂肪より大きい筋肉が増えるともうこちらのものです。筋肉という見方が増えると、日々の生活の中で自然と脂肪を燃焼してくれるので太りにくく痩せやすい体になるのです。スクワットでも背筋、腹筋、腕立てでもあなたの習慣を作りましょう。

痩せている人の“賢い食事法”

食事をする女性

更年期でも痩せている人の食事法には特徴があります。
それは「ゆっくり食べること」そして「体にいいものを選ぶ」この2つです。

そもそも食べ過ぎているとしたらなかなか痩せることは難しいですが、少なくとも痩せている人たちは食欲という欲望に勝ち、自らをコントロールしているのです。

こんな話がありました。一日に3食も食べている動物は人間だけであるという事実。
家畜であれば話は別ですが、動物にとって一日の最適な食事量は空腹時間をしっかりつくれる1食〜2食が一番健康的な食事量だそうです。更年期になり昔のままの食事をしていれば太るのは当たり前です。

しかしそうは言っても、私たち人間のほとんどは一日3食が習慣となってしまっていますよね。
一日3食食べていても太らない更年期の方は食事が遅いほど痩せているケースが多いです。

ゆっくり噛んで食事をするということは満腹中枢を刺激し、消化も良くなります。さらには燃焼しようという体の神経が刺激されるのでゆっくり食事をしている人は食べているだけで痩せやすい体質作りをすることができていたのです。

また、痩せている人の賢い食事法としては更年期に不足してくる女性ホルモンの代わりの役割を担ってくれるという大豆イソフラボンを積極的に摂ったり、ホルモン分泌のサポートをしてくれるビタミンEを摂ったりと、極端に偏った食事をするのではなく今体が必要としているものを積極的に選び食事をしているのです。

同じ食事量を食べていたとしてもこの食事の仕方と食材の選び方が違うだけで蓄積される脂肪の量が大きく変わるのはこの2つの食事法に秘訣があったのです。やはり一口で30回噛むということは小顔になるのでおすすめしたいダイエット法です。

ダイエットサプリについて

サプリメント

コンビニでも通販でも簡単に手に入るようになったダイエットサプリ。
たまについつい買いたくなってしまう衝動にかられることってありませんか?

案の定私はこのあいだアマゾンで何かの買い物のついでに「DHCフォースフリー」というダイエットサプリを購入してしまいました。

サプリに関しては体質を改善するのもではないのでよく考えてみたら効果は期待できないことが多いのですがつい手が伸びてしまいましたが、サプリを飲んだとしてももちろん食べ過ぎたその日は太っていました。

また、劇的に痩せると聞き購入したアメリカの唐辛子をベースにしたダイエットサプリは「ハリウッドスターもこれで激やせした愛用サプリ!」と謳われていたので試したところ一日トイレから出るこができないくらいお腹を壊しました。それはもちろん痩せますよね。

効果の無いサプリは損した気になりますが、凄まじい効果のサプリは何らかの体の害を与えていると実感しました。このようなサプリはあまり継続的な使用はおすすめできません。

最近では様々な新しい成分が話題性を買われ注目されたりしていますが、やはり継続的に飲むとしたら漢方などの長年の研究に基づいた体に良い成分を摂取していく方が賢明です。

合わせて読んでおきたい記事
更年期障害におすすめのサプリを徹底調査

実は楽に痩せられる!?漢方ダイエットの実力はいかに

首を傾げる女の医師

漢方薬ダイエットも最近注目されるようになってきました。果たしてその効果はどうなのでしょうか。

漢方薬は種類があり過ぎて、何を選べば自分の症状改善に役立つのかわからないケースが多いです。

まず、ダイエットに効果的といわれる漢方薬で代表的なのが「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」です。この漢方は少しぽっちゃり気味でお腹周りのお肉が気になるような食欲の旺盛なタイプの方におすすめです。

ジャンクフードをつい食べてしまう、冷たい飲み物が好き、便秘のことが多い、そんな嗜好の方が当てはまります。この漢方は肥満や便秘を改善し脂肪を内側から分解、燃焼してくれると漢方の世界ではよく謳われています。

次に、普段あまりたべないのにぽっちゃりしている方へおすすめなのが「防巳黄耆湯(ぼういおうぎとう)」という漢方です。この漢方はあまり筋肉がついていない運動の苦手なぽっちゃりした方に良いとされ、あっさり味派で食事量は少なく、運動が嫌いで、疲れやすいといった方が当てはまります。

しかしこの様にタイプ別に処方されている分、自分の症状を自分で解析し更年期にも効くような漢方薬を選ぶのは至難の業です。

ダイエットや体質改善に少し効果があるかもしれませんが、更年期における症状のそのものの改善にはならなそうです。しかし、医薬品に比べ漢方薬の副作用については未だ重い症状は発表されていないので安全であることは確かでしょう。

ホルモン注射するどうなるの?副作用の噂について

ホルモン注射で更年期障害を乗り切るそんな考えをもしあなたが持っていたとしたらそれは間違いです。

ホルモンが分泌されないからといって無理やり注射器でホルモンを補充してあげようと思う方も現代においては増えてきました。

しかしホルモン注射ができるようになってしばらく経ちますが、未だ副作用の回避方法についてはグレーな部分が多いです。ホルモン注射の副作用で一番有名なのはがんリスクが高まるということ。子宮がんや乳がんは今や女性の社会的問題で発症年齢はどんどん若年化すると同時に発症率も増加しています。

今まで自分で分泌していたものを無理やり外部から注入するわけですから、体は女性ホルモンを分泌しようと頑張っていてもその必要性がなくなります。ますます自分でホルモンの分泌量をコントロールできなくなりそれと共に体のどこかの器官が徐々に衰えていくのです。

テクノロジーに頼り過ぎると人間の体は益々怠け、案の定病気を引き起こすきっかけとなるのです。更年期においてもダイエットにおいてもホルモン注射に関してはおすすめできません

体重で悩んでいる方、更年期障害のつらい症状で悩んでいる方には、無理に副作用のある医薬品や病院での治療を決断する前に、お家でできる気軽で簡単な方法を試してみることをおすすめします

更年期でもダイエットに成功できる漢方に着目

注目する医師

女性の更年期はとても痩せにくい状況下に置かれているという事がお分かりいただけたと思います。

しかし、この時期の無理は禁物です。他の病気を一緒に引き起こさないためにも、無理に痩せようとせずに体質を根本的に改善することが健康的ではつらつとしたダイエットに成功する鍵となります。

そこで最近人気の漢方といえば『高麗人参』です。

高麗人参には更年期に不足した女性ホルモンの働きを補う性質と自律神経をととのえ、あらゆる更年期の症状を緩和にみちびいてくれる万能薬です。

たとえば自律神経のバランスが整うのと、整っていない状態では代謝の効率が断然違います。貧血や体の冷えに作用し脂肪を燃焼しやすくしてくれるのです。

さらに高麗人参に入っているジンセノサイドという成分はアンチエイジング効果が着目されています。健康な痩せ体質の実現と、更年期障害の症状の予防や改善どちらに作用してくれる食材は他にはありません。

やはり“先人に学ぶ”とよくいいますが昔から伝えられてきた病に対する薬は歴史が信用を重ねてくれているので試してみる価値は大いにあります。

高麗人参は今やサプリなどでも簡単に手に入ります。自分の体の不調やタイミングに合わせて飲めるので気軽にトライされることをおすすめします。

更年期でも簡単癒せる方法まとめ

更年期に太る原因と痩せない原因はお分かりいただけましたでしょうか。

ダイエットを大きく妨げる更年期障害の症状はホルモンバランスと自律神経の乱れにあります。
しかし、これを逆手にとってこの2つの原因に立ち向ういくつかの方法を毎日行っていけば確実にあなたの体は体質改善されていきます。

あなたに合った方法を継続しましょう。リンパマッサージでも食餌療法でもいいでしょう。高麗人参のサプリや運動といった形でダブルの違った方法をとりいれることで効果は増します。安全でおすすめの高麗人参のサプリもご紹介しておきます。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。