ぽっちゃり体型やデブ体型ってどの程度の人ことをいうのでしょうか?

その線引きは人によって違えども、健康診断で何かの数値が高いとか、体重のせいなのか膝が痛むとか何かしらの健康被害のサインが出ているとしたらあなたは注意する必要があります

さらには更年期になって急に太りやすくなったり、イライラからつい食べものに手が伸びてしまうようになったりなど色々な原因が重なります。

ともかく、更年期にパンツの上にお肉が載ってしまうような肥満体型のおデブさんは、更年期ならではの“痩せ対策”が必要です。

この記事では肥満体型が更年期障害と共に引き起こす病気のリスクとその対策について解説したいと思います。ダイエットは思い立ったときがゴーサインです。ご一読いただき、あなたのダイエットスイッチをオンにしましょう!

肥満体型の人に気をつけて欲しい、更年期障害のときの病気のリスク

体重計に乗るうさぎ

まず、更年期という時期はもともとの体質に加えてさらに太りやすく、痩せにくい体内環境になります。もともと太りやすいという方はさらに太りやすくなるためより一層の注意が必要です。

更年期に女性が太りやすくなる原因は次の2つです。

<更年期に太りやすくなる原因>

1 女性ホルモンである「エストロゲン」が減少することで、もともとエストロゲンがサポートしてきたコレステロールの抑制や脂質を代謝する機能が低下するため

2 加齢によって筋肉量が低下し、新陳代謝の量も低下し、脂肪が蓄積されやすくなるため

このような太りやすくなる体内環境への変化の他にも、エストロゲンの減少は骨密度を低下させ、骨粗しょう症のリスクを倍増させます。

エストロゲンには骨の吸収を抑え形成を促す働きがあり、その機能が低下することで骨がスカスカの状態になりやすくなってしまうのです。

そんなときに、肥満体型の人から聞こえてくる悩みは膝の痛みです。更年期にはこのような原因から生活習慣病にもなりやすいといわれていますが、もともと肥満体型の人はまず一番に膝に痛みが現れやすいです。

その痛みが続くと「変形性膝関節症」という骨と骨のクッションが擦り減ることで痛みが走る膝の疾患へと悪化してしまうリスクも高くなるのです。「変形性膝関節症」に似るリスクは肥満男性よりも肥満女性の方が発症リスクは高いともいわれています。

ぐったりしている猫

このようないろんなリスクが更年期にはどんどん重なってしまうため、更年期の肥満体型の女性はより一層健康管理に気を配る必要がでてくるのです。

食事面では、カロリー計算はもちろんですが十分に栄養バランスの摂れた食事をすること、そして極端な食事制限やダイエットは行わないことが重要です、運動面では激しい運動ではなく、心地よく続けられる有酸素運動を毎日20分以上行いましょう。

肥満体型の人には特にウオーキングやスイミングがおすすめです。すでに膝に痛みが出ているという人は、無理に運動をけると膝の痛みを悪化させてしまうので、膝に痛みの出ない運動を選ぶようにしましょう。

肥満体型の人が更年期障害のときに気をつけてほしいことまとめ

更年期といわれる50歳前後の年代で、女性ホルモン「エストロゲン」の低下と共に太りやすい時期に突入します。もともと肥満体型の人が更年期を迎えるとさらに太りやすくなるため病気のリスクが一層高まります。

更年期の肥満女性に起こりやすい病気といえば生活習慣病や骨粗しょう症により悪化する変形性膝関節症など、数えたらきりがなくなるほど深刻なのです。40代までは何とかなっても放っておくと肥満体型の体の体内環境は悪化していくのです。

それが病気となって表面化してしまうのです。この体内環境を脱するためには健康管理が最も重要になってきます。基本的なことではありますが、食生活の改善と減量計画を行い、無理なダイエットだけは行わないよう注意しましょう

一度悪化してしまった症状を改善するのは誰でも難しくなります。ましてや、長年のクセはどんな習慣でもすぐには改善できないのです。とにかく早い段階で生活習慣を見直し、少しでも肥満を改善する方が得策です。これを機にまずは肥満脱出計画を始めていきましょう。

辛い更年期対策で今一番売れている商品は?

更年期対策用に様々な商品が販売されていますが、効果はまず感じられないでしょうし、かといって病院でのホルモン治療はお金がかかる上に副作用も怖いですよね。

しかし、高麗人参だけは違います

高麗人参は更年期対策の為に生まれたような自然由来の漢方成分で、副作用が皆無と言っていいほど少なく、更年期の不快なゆらぎからあなたを守るためのサポートをしてくれます。

そんな高麗人参の中で今一番売れていてリピーターが最も多そうな商品を探してみたところ、正官庄(せいかんしょう)という商品が10年連続で世界一売れている高麗人参サプリだということが分かりました。 ご参考までに。